2006年03月31日

武豊、皐月賞はアドマイヤムーンに!

去る3月29日に武豊がオフィシャルページにてこう報告しています。
皐月賞の騎乗予定が、アドマイヤムーンに決まりました。1度も負けていないフサイチジャンクという候補もいて、ボクの一存では決められないところまで来ていましたから、あとはオーナー間、厩舎間の折り合いに任せた形です。こんなとき、体が二つあればなあと、いつも思ってしまいます。
ですって。


2006年03月30日

今週の注目馬、アルビレオ!

今週は中山競馬場でダービー卿CT(G3)が行われますが、アルビレオをイチオシしておきたいと思います。
重賞であまり人気のないとき激走があるタイプで、出走した時はつねに馬券に絡めるように心掛けている馬です。


2006年03月28日

注目!今週もカンパニーですよ!

中山記念は思わぬ完敗でした。道悪馬場で前残りペースと不利な条件が重なってはいましたが、1.1秒差の4着はやや負けすぎの感が・・・。
今週出走予定の大阪杯は初距離となる2000m。中距離は見事に1800しか走ってないですからね。
距離に不安はありませんが、問題は人気。1番人気ではさすがに手を出しにくい気がします・・・。アドマイヤジャパンとローゼンクロイツの4歳馬2騎がどこまで人気を集めてくれるか、ですよね。シルクフェイマス?全く気にしてませんが、なにか?(笑)
また泣きを見そうではありますが、もちろん今週も馬単1着張りですよ!

【カンパニー】厩舎:音無秀孝(栗東)
全成績[4-3-0-6]、芝1800成績[3-3-0-3]、最速上がり3F:32.8秒(2004、京阪杯時)、主な勝ち鞍:第50回京阪杯(G3)
[父]ミラクルアドマイヤ−[父父]トニービン
[母]ブリリアントベリー−[母父]ノーザンテースト

2006年03月26日

第36回 高松宮記念(G1)、結果発表

4番人気のオレハマッテルゼが直線鋭く抜け出しG1初制覇を成し遂げました。
大外を強襲したラインクラフトは惜しくも届かず2着、3着にはシーイズトウショウが入線。馬連2,290円、3連複5,240円、3連単36,620円。
第36回 高松宮記念(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 11 オレハマッテルゼ 1:08.0 ×
2 14 ラインクラフト クビ
3 13 シーイズトウショウ 1 3/4馬身
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年03月25日

第36回 高松宮記念(G1)、予想

第36回 高松宮記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1(外) キーンランドスワン 牡 757.0四位洋        
1 2トウショウギア 牡 657.0赤木高        
2 3(父)(市)(地) プリサイスマシーン 牡 757.0岩田康        
2 4(父) マルカキセキ 牡 557.0吉田稔     ×  
3 5マイネルアルビオン 牡 457.0柴山雄    
3 6(市)[地] ネイティヴハート 牡 857.0内田博        
4 7リミットレスビッド 牡 757.0田中勝 ×      
4 8(父) ブルーショットガン 牡 757.0藤岡佑      
5 9(外) シンボリグラン 牡 457.0デムーロ  
5 10カネツテンビー 牝 755.0江田照   ×  
6 11オレハマッテルゼ 牡 657.0柴田善       ×
6 12(市) ギャラントアロー 牡 657.0幸英明      
7 13(父) シーイズトウショウ 牝 655.0池添謙
7 14ラインクラフト 牝 455.0福永祐    
7 15(市) ウインクリューガー 牡 657.0中舘英        
8 16(父) タマモホットプレイ 牡 557.0渡辺薫    
8 17(市) ゴールデンキャスト 牡 657.0小牧太        
8 18コパノフウジン 牡 457.0佐藤哲      
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年03月24日

第36回高松宮記念(G1)データ消去法!

第36回の出走各馬について、先日のデータ分析に基づきながら該当馬を消去してみました。

2006miya2.jpg <PDFファイル>


2006年03月22日

高松宮記念(G1)データ分析!2006年版

高松宮記念をデータ分析しました。
1996年より短距離G1に昇格して以後、過去10年間の1〜3着馬と1番人気馬の競争成績をまとめて傾向を探ってみました。
特に断りを入れない限り、あくまで連対馬を対象にすすめますのでご了解下さい。また同レースは、2000年以降施行時期が2ヶ月繰り上がって3月開催となる点にも留意しておいて下さい。

2006miya.jpg <PDFファイル>


2006年03月20日

阪神大賞典、ディープインパクトは強かったわけですが・・・

昨日行われた阪神大賞典
三冠馬の比類ない強さは際立ちましたが、同時に激しく物足りなさを感じました。
そう「ライバル」です・・・明らかに不在ですよね。


2006年03月19日

第54回阪神大賞典(G2)、結果発表

祝!オガQさんが3連単、たかQさんが馬単にて予想的中。ついに我が予想チームも全員が未勝利脱出しました。

単勝110円だったディープインパクト、相手が小粒ばかりとはいえ完勝でしたね。折り合い不安は解消したとは言い難いですが、本番に向けて一定度の結果は残せたのではないでしょうか。
2着には5番人気と比較的人気のなかったトウカイトリックが、3着に2番人気デルタブルースが入線し、馬連860円、3連複860円、3連単3,290円となっています。

第54回 阪神大賞典(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 ディープインパクト 3:08.8
2 1 トウカイトリック 3 1/2馬身 ×
3 8 デルタブルース 4馬身
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月18日

第54回 阪神大賞典(G2)、予想

第54回 阪神大賞典(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 トウカイトリック 牡 4 56.0 芹沢純   ×  
2 2 (市) ディープインパクト 牡 4 58.0 武 豊
3 3 (父) インティライミ 牡 4 57.0 佐藤哲 ×
4 4 (父) ブリットレーン 牡 7 57.0 和田竜        
5 5 (父) ファストタテヤマ 牡 7 57.0 武 幸     ×
6 6 ハイフレンドトライ 牡 6 57.0 池添謙        
7 7 (父) チャクラ 牡 6 57.0 小牧太        
8 8 (父) デルタブルース 牡 5 58.0 岩田康  
8 9 (父) アイポッパー 牡 6 57.0 安藤勝  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月17日

第51回 ダイオライト記念、ヴァーミリアンが!

もうご存知の方は多いと思うのですが、3月15日に船橋競馬場にて行われた第51回ダイオライト記念(G2)にて1番人気ヴァーミリアンが優勝しています。


2006年03月16日

ディープインパクト、阪神大賞典の追い切りは?

今日は木曜日、競馬ファンなら必ずスポーツ新聞が気になる日ですよね。だって出走各馬の追い切り情報がほぼ出揃う日ですから。ちなみに私の愛読紙はニッカンスポーツ
さて今週は注目のあの馬が出走するわけですが、どうっだたのでしょう。


2006年03月14日

推奨!競馬ブログ

競馬ブログとはいっても世の中にはもの凄い数あるわけでして、当ブログなどは開設わずか5ヶ月の若輩者。より多くの人に来てもらえるように一層の内容の拡充を目指す中で、やはり先輩各人のブログに学ぶことは多いものです。
情報の量・質、更新の頻度、デザインそのものなど、あくまで個人的に要!閲覧だと判断したものは「BlogList」に一方的登録を行っています(笑)。

今日、ご紹介したいのは【血統フェスティバル】blogさんです。
レースで上位を占める競走馬の父馬母父馬血統に主眼を置いて、データの収集、傾向の分析を行ってあるわけですが、実に多角的にその情報を提供してもらえます(なんと無償です)。

たとえば毎週の主要なレースの登録馬と近5年の1〜3着馬の血統、それに基づく予想とレース回顧、あるいは開催場・開催日・距離別の全1〜3着馬の血統など。毎日更新されてますし、1日1度はのぞいて損はないですよ。

そして今回、【血統フェスティバル】さんをご紹介した最も大きな理由のひとつはコレ。先週のフィリーズレビュー、やや波乱の決着になったわけですが、レース前の登録馬の血統についてこう分析されています。

■ヤヤ重でおこなわれた2003年は父ミスプロ系が上位独占。
  (略)
★馬場が湿った時に良さそうな馬たち
☆父ミスプロ系:ダイワパッション・トシザサンサン・フローレンスガール・マチカネタマカズラ・ユメノオーラ
この中で実際に出走したのはダイワパッションとユメノオーラとマチカネタマカズラの3頭。果たしてレースは稍重で行われ、1着にダイワで2着はユメノ・・・


ガガーン!!( ̄□ ̄;)
3頭BOXで取れてる!!もっとしっかり読んどくんだった(泣)

2006年03月12日

第40回 報知杯フィリーズレビュー(G2)、結果発表!

ざんねん、的中者はありません。
3番人気ダイワパッションが好位からのスムーズな競馬で難なく優勝、連勝をさらに伸ばして4連勝としました。2着にはユメノオーラ、3着にはエイシンアモーレがそれぞれ入線。一方1番人気のサンヴィクトワールは12着と大敗しており、馬連3,850円、3連複12,980円、3連単89,470円と高配当となっています。

第40回 報知杯フィリーズレビュー(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 15 ダイワパッション 1:23.1 ×
2 1 ユメノオーラ 1 3/4馬身 ×
3 7 エイシンアモーレ 1 1/4馬身
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月11日

第40回 報知杯フィリーズレビュー(G2)、予想!

第40回 報知杯フィリーズレビュー(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 (市) ユメノオーラ 牝 3 54.0 渡辺薫       ×
1 2 (父) ツルミトゥインクル 牝 3 54.0 太宰啓      
2 3 (父) テイエムヒスイ 牝 3 54.0 秋山真        
2 4 (父)(市) クリノスペシャル 牝 3 54.0 幸英明        
3 5 ヤマニンエマイユ 牝 3 54.0 池添謙      
3 6 (外) セントルイスガール 牝 3 54.0 小牧太        
4 7 エイシンアモーレ 牝 3 54.0 福永祐        
4 8 (市)[地] センパツトモ 牝 3 54.0 中川雅 ×  
5 9 (父)(市) ミッキーコマンド 牝 3 54.0 石橋守     ×  
5 10 (父) カノヤザミラクル 牝 3 54.0 小池隆        
6 11 (外) マチカネタマカズラ 牝 3 54.0 内田浩  
6 12 フミノサチヒメ 牝 3 54.0 本田優        
7 13 サンヴィクトワール 牝 3 54.0 安藤勝
7 14 アルーリングボイス 牝 3 54.0 武 豊    
8 15 (市) ダイワパッション 牝 3 54.0 長谷川浩 ×
8 16 (父) グレートキャンドル 牝 3 54.0 古川吉        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月10日

今週の超!個人的注目馬、スーパーワシントン

今週も東・西・ローカルで3重賞が開催されます。予想をUPする予定なのはフィリーズR(G2)なのですが、個人的な注目レースとしてはむしろ土曜日中京のメイン、ファルコンS(G3)の方だったりします。
なかでも出走馬スーパーワシントンには一目ニ目置いているわけなんです。というのも・・・


2006年03月08日

大井競馬場の的場文男騎手(49)が5000勝達成とのこと。

3月7日の浦和競馬第5Rにてオールオアラヴに騎乗し勝利、見事に地方競馬通算5000勝を達成した模様です。佐々木竹見石崎隆之に次いで史上3人目そして大井競馬場所属の騎手としては初の快挙とのこと。石崎J(50)は船橋にてまだまだ現役(地方競馬通算5675勝、H18.3.8時点)ですから、現役騎手としてはこれに次ぐ2人目ということです。
佐々木Jは2001年7月引退(当時59)までに地方競馬通算で7151勝ということですので、それまであと10年。逆転のチャンスもないこたないね(笑)。2004・2005地方競馬リーディングで同じ大井の内田博幸が、中央移籍するようならなおさらチャンスは広がるのでないでしょうか。目指せ7000勝!そして東京ダービー初勝利!

※内容については「東京シティ競馬」ならびに「地方競馬情報サイト」(NAR公式サイト)を参照しました。正確には直接ご確認下さい。

2006年03月07日

先週のPATを回顧しました

先週は面白いレースが目白押しでしたね。
中でも大万馬券が飛び出したオーシャンSでは、推奨していたコパノフウジンが2着入線で片棒かついだこともあり、おめぇ馬券どうだったのよ?と気にかけてくれている方が、もしかしたら2〜3人ぐらいはいらっしゃるかも分かりません(笑)。ので、ちょっとご報告を・・・
どうでもいいな(´д`)という方はyahoo!japanで今日のニュースでもチェックして下さい(笑)


2006年03月05日

第43回 報知杯弥生賞(G2)、結果発表!

祝!テキサスさんが3連複的中!万馬券にて今年早くも3勝目を飾りました。
圧倒的な2強対決の様相を呈していましたが、果たして勝ったのは武豊騎乗の1番人気アドマイヤムーン。後方2番手追走から直線きっちり抜け出して優勝。一方の2番人気に押されていたサクラメガワンダーは最後方から追い込みを図るも伸びを欠き4着止まり。
2着には6番人気グロリアスウィーク、3着には5番人気ディープエアーがそれぞれ入線。重賞戦線で走り続けてきた馬たちがきっちり結果を残したというところでしょうか。馬連3,620円、3連複17,160円、3連単66,970円の払い戻しとなっています。

第43回 報知杯弥生賞(G2)結果
着順馬番馬名タイム
12アドマイヤムーン2:01.5
23グロリアスウィーク1/2馬身 ×
37ディープエアー3馬身
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月04日

第43回報知杯弥生賞(G2)、予想です!

第43回 報知杯弥生賞(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 サクラメガワンダー 牡 3 56.0 安藤勝
2 2 アドマイヤムーン 牡 3 56.0 武 豊
3 3 (父) グロリアスウィーク 牡 3 56.0 柴田善     ×
4 4 スーパーホーネット 牡 3 56.0 四位洋 ×
5 5 ヴィクトリーラン 牡 3 56.0 石橋守        
6 6 (市)(地) モエレソーブラッズ 牡 3 56.0 デムーロ ×    
7 7 ディープエアー 牡 3 56.0 内田博      
7 8 (外) マイネルシュピール 牡 3 56.0 蛯名正        
8 9 (父) セトウチアポロン 牡 3 56.0 田中勝        
8 10 ナイトレセプション 牡 3 56.0 横山典     ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年03月03日

注目!今週の出走馬、コパノフウジン

今週の予想は弥生賞を予定している(データ分析ももうしちゃってますし)のですが、各競馬場では計4つの重賞が行われます。
なかでも個人的に注目しているのが、土曜日に中山競馬場で行われる新設の重賞、夕刊フジ賞オーシャンS(G3)です。ところが新設ということもあり、データはもちろんゼロ、出走メンバーの顔ぶれも混戦模様に拍車をかけています。
そんな出走馬の中で特に注目しているのがコパノフウジンというわけです。


2006年03月02日

衝撃のレース、1995年エンプレス杯

日本中央競馬会発刊の月刊『優駿』、最新刊の2006年3月号についての話。
10年来の私の愛読書であるわけですが、昨年からJRAならではの映像記録がぎっしり詰まったDVDが毎号の付録となっています。そして今月号では「衝撃のレース」と銘打って特集記事と共に楽しめる企画になっています。