2006年06月30日

ジーコ、ありがとう!さようなら!

ジーコがついにブラジルへと帰っちゃいましたね。

ジーコプラティニは中学時代サッカー部員だった私のアイドルでした。バスケファンで言うなら、さしづめマイケル・ジョーダンとラリー・バードといったところでしょう。
あれ?この例え、思ったほど伝わらないですね(笑)


2006年06月28日

今週末はハリウッドパーク競馬場から目が離せない!

米国遠征中の2頭がいよいよ今週出走です。
hollywoodpark7月1日(日本時間は7月2日未明)はダンスインザムード(牝5、藤沢和)がキャッシュコールマイル(G3、芝8F)に、翌7月2日にはアサヒライジング(牝3、古賀慎)がアメリカンオークス(G1、芝10F)にそれぞれ出走します。

舞台はロサンゼルス郊外にあるハリウッドパーク競馬場、賞金はどちらのレースも75万ドル。鞍上には、両馬ともウォーエンブレムの主戦騎手として有名な西海岸のV.エスピノーザを予定。
ダンスインザムードは一昨年のアメリカンオークスで2着した実績がありますし、アサヒライジングのアメリカンオークスも昨年のシーザリオ優勝など日本馬は[1-1-0-0]と成績抜群。かなり期待できそうですね。

でもすみません。
表題で”釘付け”とうたいながら、私は本当はW杯ベスト8の熱戦に”釘付け”になっているはずです。すみません、本当にすみません。今週末はサッカー以外のことは考えられません。
あ、少しだけ麻雀に興じているかもです・・・

【参考】ハリウッドパーク競馬場:公式サイト

2006年06月27日

真夏の短距離ロード開幕、函館スプリントS(G3)登録馬

第13回函館スプリントステークス(G3)の登録各馬は以下の通りです。

カシマフラワー、ギャラントアロー、キーンランドスワン、シンボリグラン、シーイズトウショウ、ダイワパッション、タニノマティーニ、トシザボス、トールハンマー、ニシノシタン、ビーナスライン、フサイチホクトセイ、プリサイスマシーン、ブルーショットガン、プレシャスカフェ、マイネルアルビオン、マイネルハーティー、以上17頭

キーパーソン(ホース?)となるのはやはりシーイズトウショウでしょう。
牝馬ながらに57.0kgを背負わされた前走CBC賞(G2)を強い勝ち方。今回それから1kg減56.0kgで臨める上に、当レースはなんと2連覇中。非常に相性の良いレースになっています。

しかし同一重賞3連覇なんてそうそうあるわけではなく、あまりに人気になるようだったら嫌ってみるのも手かな、と思っています。
でもまー金鯱賞なんかは、見事にタップダンスシチー専用レースになっていましたが(笑)


2006年06月26日

ディープインパクト凱旋門賞へ!いざロンシャン競馬場!

昨日の宝塚記念圧勝をうけて、いよいよ現実味を帯びてきたディープインパクト凱旋門賞出走。
その凱旋門賞の舞台となるフランスロンシャン競馬場を、毎度おなじみ「google earth」でちょっと覗いてみましょう。


2006年06月25日

第47回宝塚記念(G1)結果

単勝1.1倍に推されたディープインパクトのレースぶりが注目されましたが、稍重馬場もなんのその2着に4馬身をつける圧勝劇。凱旋門賞へと弾みをつけて臨むこととなりました。
しかし2着には10番人気ナリタセンチュリー、3着には9番人気バランスオブゲームと人気薄道悪巧者がそれぞれ入線。馬単2,070円、3連複22,370円、3連単43,850円の高配当となりました。
予想チームではまる松が馬単的中!なんとか勝ちを拾いました。

第47回 宝塚記念(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 ディープインパクト 2:13.0
2 7 ナリタセンチュリー 4馬身      
3 13 バランスオブゲーム 3/4馬身        
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年06月24日

第47回宝塚記念(G1)予想

【出馬表】
第47回 宝塚記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 リンカーン 牡 6 58.0 横山典
2 2 (父) トウカイカムカム 牡 5 58.0 池添謙    
3 3 (父) アイポッパー 牡 6 58.0 藤田伸 ×   ×
4 4 ダイワメジャー 牡 5 58.0 四位洋      
4 5 (市) ハットトリック 牡 5 58.0 岩田康        
5 6 [地] コスモバルク 牡 5 58.0 五十嵐冬   ×
5 7 (市) ナリタセンチュリー 牡 7 58.0 田島裕      
6 8 (市) ディープインパクト 牡 4 58.0 武 豊
6 9 (父) カンパニー 牡 5 58.0 福永祐      
7 10 (父) シルクフェイマス 牡 7 58.0 柴田善   ×    
7 11 (父) ファストタテヤマ 牡 7 58.0 武 幸        
8 12 (父) チャクラ 牡 6 58.0 小林徹        
8 13 (父)(市) バランスオブゲーム 牡 7 58.0 田中勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年06月23日

さようなら!ジーコジャパン

我が日本代表FIFAワールドカップ2006が終焉しました。

通算成績、3戦で1分け2敗の勝ち点1。グループリーグ最下位敗退。
勝ち星を得るべき初戦のオーストラリア戦で惨敗してからは、修正に手一杯のままズルズルといってしまった感じですね。結果は決して満足のいくものではないですが、まずは4年間お疲れ様でした。


2006年06月22日

あれあれ?ヤマノブリザードって・・・

佐賀競馬WEBサイトを散歩してて思わぬものが目に入ってきました。なんとヤマノブリザード佐賀に転厩しているではないですか!全く知りませんでしたよ。


2006年06月20日

『応援馬券』なるもの

既報ですが、今秋10/7よりJRAが『応援馬券』を全国発売するようです。

これまでの通常のマークカードに「単+複」という応援馬券用のマークカード欄が新たに設けられ、馬券には上部に「がんばれ!」と印字されるようになっています。

要は単勝・複勝馬券のセット販売ですね。これまで単勝100円で済んでいた”記念”馬券が、「がんばれ!」付きの単複計200円の”応援”馬券へと変貌するわけです。
例えば、昨年ディープインパクト無敗三冠を達成した菊花賞において、未換金で時効となった的中単勝”記念”馬券は5600万円を超える額でした。これが全て”応援”馬券であったなら2倍1億円を超える金額に上っていた計算になります。
払い戻しを受けるべきファンがそれを放棄している以上、このお金はそっくりそのままJRAの懐へと収まるわけです。しかも2倍になって。
JRA、おぬしももなかなか悪よのう。

2006年06月18日

第11回マーメイドステークス(G3)、レース結果

9番人気の最軽量49.0kgソリッドプラチナムが一気の差し切り勝ち。2着には3番人気のサンレイジャスパーが入線したものの、3着にはこれまた11番人気の人気薄オリエントチャームが入線という波乱の結末。
馬単13,570円、3連複48,340円、3連単301,550円と高配当の結末でした。
予想はお休みしましたが、馬券は鬼畜の馬連ボックスでしぶとくゲッツしました。取り負けなくて良かった(^^;

第11回 マーメイドステークス(G3)結果
着順馬番馬名タイム
113ソリッドプラチナム2:01.1
22サンレイジャスパーハナ
34オリエントチャームクビ
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

2006年06月17日

これは強い!アルゼンチン

見ていてうっとりするような見事なパスワークでしたね。

今やサッカーは少ない手数でいかに得点するかが課題となる時代。それに逆行するかのような遅攻に次ぐ遅攻。しかしそれが驚くほど嵌っていましたね。


2006年06月16日

マーメイドステークス(G3)出馬表

今週行われる第11回マーメイドステークス(G3)の出走馬は以下の通り確定しております。
なお今週の重賞予想はお休みいたしますのでご了承下さいm(__)m

【出馬表】
第11回 マーメイドステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 (父) シールビーバック 牝 4 50.0 中村将
2 2 (父) サンレイジャスパー 牝 4 51.0 佐藤哲
3 3 スプリングドリュー 牝 6 50.0 鮫島良
3 4 オリエントチャーム 牝 4 51.0 赤木高
4 5 (父) トウカイラブ 牝 6 52.0 幸英明
4 6 プリモスター 牝 5 51.0 和田竜
5 7 フィヨルドクルーズ 牝 5 53.0 吉田豊
5 8 ライラプス 牝 4 55.0 岩田康
6 9 マイネサマンサ 牝 6 56.0 福永祐
6 10 プリンセスグレース 牝 4 51.0 生野賢
7 11 レクレドール 牝 5 55.0 武 豊
7 12 (地) マリアヴァレリア 牝 5 50.0 吉田隼
8 13 (父) ソリッドプラチナム 牝 3 49.0 安部幸
8 14 (父) ヤマニンシュクル 牝 5 57.0 四位洋
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

2006年06月15日

W杯注目選手!トマシュ・ロシツキー

ワールドカップ楽しんでます?

グループリーグ初戦も一通り終わったわけですが、私が最も「強いな〜〜」という印象を受けたのはE組チェコでした。
中でもロシツキーが最高でしたね。初戦で活躍した選手たちの中でもMVP級といっても過言ではなかったと思います。22日の対イタリア戦はE組の首位決戦ですし、日本が劇的な2位通過を果たしたなら決勝トーナメント初戦の相手となる組ですから目を離すわけにはいきませんよ!(^^


2006年06月14日

ヒディング・『ロジック』

ワールドカップ楽しんでますか?私は寝不足で勤務中のうたた寝が絶えません・・・

ところで本日のニッカンスポーツに興味深い記事がありました。
先日の日本vsオーストラリア戦でのヒディング監督の采配について、絶妙かつ的確な采配で逆転劇を演出したことを『マジック(魔術)』ではなく『ロジック(論理)』だと評しています。


2006年06月13日

超難解!マーメイドステークス登録馬

第11回マーメイドステークス(G3)登録各馬は以下の通りです。

オリエントチャーム、ゴールドフォイル、サンレイジャスパー、ジョウノビクトリア、シールビーバック、スプリングドリュー、ソリッドプラチナム、トウカイラブ、フィヨルドクルーズ、プリモスター、プリンセスグレース、マイネサマンサ、マリアヴァレリア、メイショウバトラー、ヤマニンシュクル、ライラプス、レクレドール、以上17頭

今週は私用の為、週末の重賞予想の方はお休みいたします。
しかしこのレース難解ですね〜。軽量馬がいいのか、実績馬がいいのか。ここのところ関西馬を過信しすぎて勝率も下降気味ですし・・・自信を持って臨めません(^^;
でも血統表を見ていてふと思ったんです。サンデーサイレンス買っとけばいいんぢゃね?

2006年06月12日

もはや壮行試合と化した宝塚記念、登録馬とファン投票結果

第47回宝塚記念(G1)の出走登録馬は以下の通りです。参考までにファン投票結果順に並べてみました。

ディープインパクト(牡4) 89,684票(1位)
リンカーン    (牡6) 66,080票(2位)
ダイワメジャー  (牡5) 29,137票(6位)
アイポッパー   (牡6) 22,126票(11位)
シルクフェイマス (牡7) 16,264票(16位)
ハットトリック  (牡5) 14,134票(18位)
カンパニー    (牡5) 12,806票(21位)
バランスオブゲーム(牡7) 11.422票(23位)
ナリタセンチュリー(牡7) 10,794票(25位)
ファストタテヤマ (牡8)  8,777票(29位)
チャクラ     (牡6)  7,211票(36位)
トウカイカムカム (牡5)  6,024票(42位)
コスモバルク   (牡5) 地方所属馬

以上13頭。行ってらっしゃい”ディープ様”なメンバー構成です(笑)
何度やっても全く逆転の見込みがなかった連中に、残念!安田記念な連中が加わっただけ。まるでJRA主催の壮行試合といった様相を呈しています。
ただ馬券は3着までOKの幸せな時代。ヒモ荒れには十分期待できそうですね(^^

2006年06月11日

第23回エプソムカップ(G3)結果

ディープ世代の素質馬マチカネキララが断然の1番人気に推されたわけですが、重馬場に苦戦を強いられ、最後は脚が上がって3着どまり。
勝ったのは叩き合いの末にそれを差し切った、7番人気のトップガンジョー。2着には後方からしぶとく伸びてきた3番人気のグラスボンバーが入線。馬連5,690円、馬単14,160円、3連単39,050円となっています。
第23回 エプソムカップ(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 14 トップガンジョー 1:49.2      
2 15 グラスボンバー 1/2馬身      
3 1 マチカネキララ 1/2馬身 ×
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年06月10日

第23回エプソムカップ(G3)予想

【出馬表】
第23回 エプソムカップ(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 マチカネキララ 牡 4 57.0 横山典 ×
1 2 (父) シェイクマイハート 牡 6 57.0 吉田隼        
2 3 デアリングハート 牝 4 55.0 藤田伸      
2 4 (父) ルーベンスメモリー 牡 6 57.0 菊沢隆 ×      
3 5 ロードフラッグ セ 9 57.0 二本柳壮        
3 6 ペールギュント 牡 4 57.0 小牧太      
4 7 (外) ダイワバンディット 牡 5 57.0 田中勝        
4 8 クラフトワーク 牡 6 57.0 安藤勝    
5 9 (父) コンラッド 牡 4 57.0 柴田善   ×  
5 10 ニシノデュー 牡 5 57.0 吉田豊        
6 11 (父) ダンスインザモア 牡 4 57.0 木幡初        
6 12 (市) タイガーカフェ 牡 7 57.0 内田博     × 
7 13 (市) スズノマーチ 牡 6 57.0 北村宏        
7 14 (父)(市) トップガンジョー 牡 4 57.0 後藤浩      
7 15 (市) グラスボンバー 牡 6 57.0 勝浦正      
8 16 サイドワインダー 牡 8 58.0 四位洋  
8 17 (父) カナハラドラゴン 牡 8 57.0 大西直      
8 18 (父)(市) ツルマルヨカニセ 牡 6 57.0 ボ ス        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年06月08日

Google Earthでワールドカップスタジアム(1)

いよいよ明日開幕を迎える2006FIFAワールドカップ・ドイツ

開幕に先立って、我が日本代表グループリーグを戦うスタジアムを、お馴染みの地球儀ソフトgoogle earth」を使って、紹介してみようかと思います。


2006年06月07日

安田記念は長かった?的なCBC賞(G3)登録馬

第41回CBC賞(G3)登録馬は以下の通りです。

アグネスラズベリ、ウインレジェンド、カシマフラワー、カネツテンビー、ギャラントアロー、キーンランドスワン、ゴールデンキャスト、シンボリエスケープ、シーイズトウショウ、ステンカラージン、テイエムチュラサン、ナゾ、ブルーフランカー、プレシャスカフェ、ペニーホイッスル、ホーマンアピール、マヤノシャドー、マリンフェスタ、リミットレスビッド、ワイルドシャウト、以上20頭

例年12月開催のG2だった同レースは、今年から真夏の短距離G3へと大幅な変更を受けています。
メンバーは安田記念の直後だけあって、いかにも1200のG3!的な構成となっています。というか、ギャラントアロー、キーンランドスワン、ゴールデンキャスト、この並びはもういい加減見飽きたんですが(笑)


2006年06月06日

2002年W杯、セネガルvsスウェーデン戦

2006FIFAワールドカップ開幕、もう3日後に迫っています。

ちょうど4年前の日韓ワールドカップ、幸運にも1試合だけ観戦に行くことが出来ました。雰囲気だけでもお伝えできればと思って、その時のことを写真を交えて振り返ってみたいと思います。


2006年06月05日

勇躍!宝塚記念、エプソムC(G3)登録馬

今週行われる第23回エプソムカップ(G3)の登録各馬は以下の通りです。

アサクサキニナル、カナハラドラゴン、グラスボンバー、クラフトワーク、コンラッド、サイドワインダー、サイレントディール、シェイクマイハート、シャーディーナイス、シルクタイガー、スズノマーチ、タイガーカフェ、タイキラファエロ、ダイワバンディット、ダンスインザモア、ツルマルヨカニセ、デアリングハート、トップガンジョー、ニシノデュー、ペールギュント、マイネルアムンゼン、マチカネキララ、モエレフェニックス、ルーベンスメモリー、ロードフラッグ、以上25頭

G1には程遠く、G2にも足りない、G3ならヤれます!みたいな馬がズラリと揃いなかなか味のあるメンバー構成になっています。
サイドワインダー、グラスボンバーなどの実績馬やマチカネキララのようないまだ底を見せていない4歳馬など狙いどころはたくさんあります。しかしここを勝って宝塚へ!みたいな馬は皆無ですね。ま、もともと結びつきの薄いレースですし、逆に宝塚はが行くから率先してコッチへ回りました!みたいな感じになっていますね。

2006年06月04日

第56回安田記念(G1)結果

3番人気の香港馬ブリッシュラックが鋭く抜け出し2馬身半差をつける快勝。見事に昨年4着敗退の憂さを晴らしました。
2着には10番人気だった昨年優勝馬アサクサデンエンが、ハナ差の3着には8番人気香港馬ジョイフルウィナーがそれぞれ入線。馬連12,770円、3連複56,730円、3連単288,270円と軒並み高配当の決着となっています。

第56回 安田記念(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 ブリッシュラック 1:32.6 ×
2 15 アサクサデンエン 2 1/2馬身        
3 16 ジョイフルウィナー ハナ    
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年06月03日

第56回安田記念(G1)、予想です!

【出馬表】
第56回 安田記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ダイワメジャー 牡 5 58.0 安藤勝   ×  
1 2 ダンスインザムード 牝 5 58.0 北村宏
2 3 テレグノシス 牡 7 58.0 武 豊   ×  
2 4 [外] ブリッシュラック セ 7 58.0 プレブル ×
3 5 メイショウボーラー 牡 5 58.0 福永祐       ×
3 6 (市) ハットトリック 牡 5 58.0 岩田康        
4 7 (外) シンボリグラン 牡 4 58.0 柴山雄        
4 8 (父) フジサイレンス 牡 6 58.0 江田照      
5 9 ローエングリン 牡 7 58.0 四位洋        
5 10 [外] ザデューク セ 7 58.0 ダ ン        
6 11 (父) カンパニー 牡 5 58.0 内田博      
6 12 (父)(市) バランスオブゲーム 牡 7 58.0 田中勝        
7 13 (外) エイシンドーバー 牡 4 58.0 蛯名正        
7 14 インセンティブガイ 牡 5 58.0 横山典        
7 15 (外) アサクサデンエン 牡 7 58.0 藤田伸        
8 16 [外] ジョイフルウィナー セ 6 58.0 ビードマン    
8 17 オレハマッテルゼ 牡 6 58.0 柴田善  
8 18 グレイトジャーニー 牡 5 58.0 佐藤哲        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。



2006年06月03日

第56回安田記念(G1)データ消去法!

第56回安田記念の出走各馬について、先日の過去20年のデータ分析に基づき該当馬を消去しました。
以下、消去の条件とその該当馬を挙げてみましょう。


2006年06月02日

安田記念(G1)データ分析!2006年版(2)

昨日に引き続いて、安田記念の過去20年に関するデータ分析を行います。
データシート


2006年06月01日

安田記念(G1)データ分析!2006年版(1)

安田記念の直近20年間の1〜3着馬の競争成績から連対馬(40頭)の傾向を探ってみました。

【データシート】※PDFの方で造覧になることを推奨します。
データシート <PDFファイル>