2006年08月31日

ダビスタ2、鬼畜経営の末路。。。

久々にダビスタ系の更新を(^^;

前回、期待の2代目牝馬ワクテカノジカヒンの初仔「オウベイカッ」の活躍と不慮の事故について記しました。
その間のこと、我が牧場は”一頭入魂””一子相伝”がモットー。オウベイカッ号が現役の間は2頭目を入厩させるわけにもいきません。そこで牧場では。。。


2006年08月29日

ああ、タケシバオーの日本レコードが。。。

先週の小倉競馬にて、不良馬場のダート1700mで行われた阿蘇ステークスサンライズキング(牡7)が逃げ切り勝ち。勝ちタイムは「1:41.8」の日本レコード
この勝利によって、”怪物タケシバオー1969年に樹立した不滅の日本レコードが37年の時を経てついに成仏しました。。。。。

タケシバオー:長距離、短距離、芝、ダート、斤量、馬場状態あらゆる競争条件が不問であった日本競馬史に輝く不世出のオールラウンダー。競争成績は全29戦で国内16勝2着10回3着1回、海外2戦(0勝)。
この内、レコード勝ち5回を誇り、芝1200、芝1600、D1700(2回)、D2100と中身も相当濃い。37年間破られなかったD1700mの「1.41.9」はオープン戦に出走して60kgを背負って大差勝ちしたものである。

そんな日本競馬の金字塔が、和田竜二とサンライズキングごときに葬られるとは。。。(ノД`)

2006年08月28日

第26回小倉2歳ステークス(G3)登録馬

第26回小倉2歳ステークス(G3)登録馬は以下の通り。

アインファスター、アストンマーチャン、アーバンストリート、ウルワシノハナ、エミネンツァベルタ、エーシンウェーブス、コウセイカズコ、シルバーストーン、ストラテジー、スーサンライダー、デンタルスピリット、ニシノマオ、ベルモントプロテア、マルカラボンバ、以上14頭

何年競馬やっててもこの時期の2歳Sほど買いづらいものはないですね。前走逃げて1着が何頭いるんだ、って話ですよ(^^;

2006年08月27日

第42回新潟記念(G3)結果

単勝6番人気のトップガンジョーが直線鋭く抜け出し差し切り勝ち。前走エプソムCに続き重賞連覇。2着には4番人気の今夏絶好調の牝馬サンレイジャスパー、3着には9番人気ヴィータローザが入線。馬連3,910円、3連複22,660円、3連単131,420円と波乱の決着。
1番人気のスウィフトカレントは小差の4着。しかし、ポイントは3点を加点してエリモハリアーと13点で並び、上位着順の回数では上回ったため、サマー2000シリーズの初代チャンピオンに輝いています。
予想の方は。。。。う〜ん惜しくも的中しませんでした。

第42回 新潟記念(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 トップガンジョー 1:57.2    
2 8 サンレイジャスパー クビ    
3 16 ヴィータローザ クビ ×  
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月26日

第42回新潟記念(G3)予想

【出馬表】
第42回農林水産省賞典新潟記念(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ソーユアフロスト 牡 5 54.0 田中学        
1 2 ロードフラッグ せ 9 53.0 武士沢友        
2 3 ニシノナースコール 牝 4 52.0 吉田豊    
2 4 サイドワインダー 牡 8 58.0 長谷川浩        
3 5 (父)(市) トップガンジョー 牡 4 57.0 後藤浩    
3 6 (外)(地) ナイキゲルマン 牡 6 52.0 村田一        
4 7 (地) シャーディーナイス 牡 7 49.0 大野拓        
4 8 (父) サンレイジャスパー 牝 4 51.0 佐藤哲    
5 9 エイシンニーザン 牡 4 53.0 蛯名正     ×  
5 10 ヤマニンアラバスタ 牝 5 55.0 柴田善     ×
6 11 (外) アサクサキニナル 牡 7 54.0 田中勝        
6 12 オースミグラスワン 牡 4 57.0 四位洋    
7 13 (父) ヤマニンメルベイユ 牝 4 53.0 勝浦正      
7 14 (父)(市) タガノマイバッハ 牡 7 56.0 中舘英        
7 15 ダイワレイダース 牡 7 57.0 大西直        
8 16 ヴィータローザ 牡 6 58.0 上村洋 ×  
8 17 (外) トリリオンカット 牡 6 53.0 小野次        
8 18 スウィフトカレント 牡 5 57.0 福永祐    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月25日

なんと中洲にJRA場外馬券が!!

今日のニッカンスポーツ紙によれば、なんと福岡市中洲の複合商業施設ビル(「ゲイツ」、旧玉屋ですね)の1フロアを使って、JRA場外馬券売り場を新設する計画を進めているとのこと。本日(25日)が住民説明会の予定で、実現すればオープンは今年10月有料定員制の施設になるようです。

ついにできますか!!競艇天国、福岡市に場外馬券が!
以前、地方競馬が主体になって福岡ドーム(2002年)、中洲(2005年)に設置する動きが出たことがありますが、地元住民との折り合いがつかずなどしていずれも断念した経緯は記憶に新しいところ。
その都度とても残念な思いをしてきましたが、しかし今回はJRA!今度こそは!との期待を持っているのは私だけではないはずです。

有料定員制」ということは、「ウインズ」ではなく「エクセル」ということですね。全席指定先着順に発売されるわけです、「会員制」じゃなくて良かった(^^;
PAT会員ではありますが、G1開催日なんかはやっぱり集団でわいわいと1日がっつり競馬したいもの。
エクセル中洲(仮)」お待ちしております!!!

2006年08月24日

ブラックタイドを見て来ました【画像あり】

ブラックタイドを撮影してきました。

ブラックタイド先日の小倉日経オープン出走時のものです。
全弟ディープインパクトが、前人()未到の階段を上り続けるスーパーサラブレッドであるがためにすっかり「お兄ちゃん」扱いですが、デビュー当時は相当の評価を得ていた馬です。

パッと見た瞬間から、黒々としたあか抜けた馬体は体重以上にとても大きく見え迫力満点!私などのちっぽけな小倉遍歴ではかつてお目にかかったことも無いような好馬体でしたよ。
一応は、古くはアグネスワールドから、三冠牝馬スティルインラブ、メイショウボーラー、昨年などは後のダービー馬メイショウサムソンも見てはいるんですが、あまりピンと来てないようですね(^^;


2006年08月23日

メイチの勝負馬券!「馬券下手日記」

先週は予想メンバーらとともに小倉競馬場へ遠征。久しぶりの晴天の中、夏競馬を堪能してきました(^^

久々の集結でもあるし、メンバーの中には落雷で昇天したノートパソコンの買い替えをかけた者もいたりで、はくぼ最終までみっちり参戦の予定。財布をいつもより気持ち重めで臨んだ、この日でしたが。。。


2006年08月22日

キーンランドカップ(G3)登録馬

第1回キーンランドカップ(G3)登録馬は以下の通り。

エアニックス、ギャラントアロー、コスモラブシック、コパノフウジン、サムソンハッピー、シーイズトウショウ、ダイワメンフィス、ダンスオブサロメ、チアフルスマイル、ツルガオカハヤテ、トールハンマー、ビーナスライン、ブリリアントグレイ、ブルーショットガン、プレシャスカフェ、マイネルソロモン、メイショウアモーレ、モアザンベスト、ワイルドシャウト、以上19頭

昨年までは1000万下条件(2001年まではOP戦)で行われていた同レースが、今年からはG3に格上げされ、サマースプリントシリーズ第4戦に位置づけられています。
このサマースプリント、ここまで勝ち馬は全て異なっており、現在の首位は11ポイントサチノスイーティーですが、同馬は「ポイントの合計が13点以上かつ1勝以上」というチャンピオンの規定には達していません。
この登録馬中で上位にランクしているのは、第1戦の函館スプリントS2着だったシーイズトウショウ(5ポイント)のみ。勝てば一気にシリーズチャンピオンの座をたぐりよせるわけですが。。。。

2006年08月21日

第42回新潟記念(G3)登録馬

第42回農林水産省賞典新潟記念(G3)登録馬は以下の通り。

アサクサキニナル、ヴィータローザ、エイシンニーザン、エリモハリアー、オースミグラスワン、オールピュール、サイドワインダー、サンレイジャスパー、シャーディーナイス、スウィフトカレント、ソーユアフロスト、ダイワレイダース、タガノマイバッハ、トップガンジョー、トリリオンカット、ナイキゲルマン、ニシノナースコール、マチカネリュウセイ、メイショウオウテ、ヤマニンアラバスタ、ヤマニンメルベイユ、ロードフラッグ、以上22頭

サマー2000シリーズもいよいよ最終戦
「ポイントの合計が13点以上で、かつ1勝以上した馬」というチャンピオンの規定を満たしているのは、函館記念優勝で13ポイントの現在首位エリモハリアーのみ。同馬は札幌記念5着からの連闘でここに登録があります(出否は流動的)。
他の登録馬でシリーズチャンピオンの可能性があるのは、小倉記念優勝で10ポイントスウィフトカレント。エリモが不出走であれば4着以上逆転優勝となります。(「ポイントが同点で複数頭いた場合は上位着順の回数の多い馬」をチャンピオンとするため。)あとはここでの優勝必須+上記2頭の着順次第が条件となるヴィータローザ、サンレイジャスパーの2頭がこれに続きます。
優勝争いは以上4頭に絞られました。今夏最後の大一番、楽しみな一戦になりましたね!!

2006年08月20日

第42回札幌記念(G2)結果

単勝1番人気の3歳馬アドマイヤムーンが直線鋭く抜け出し差し切り勝ち。
2着には9番人気だった5歳牝馬レクレドール、3着には2番人気マチカネキララが入線。馬連 3,550円、馬単5,200円、3連単21,750円の決着。なおサマー2000シリーズについては今回5着に入線したエリモハリアー13ポイントで首位にたちました。
残念ながらメンバーの的中はありません。。。

第42回 札幌記念(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 11 アドマイヤムーン 2:00.3    
2 7 レクレドール 1馬身 ×     ×
3 8 マチカネキララ 1/2馬身
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月19日

第42回札幌記念(G2)予想

【出馬表】
第42回 札幌記念(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 (地) スプリングシオン 牡 9 57.0 芹沢純        
1 2 (父) ブリットレーン 牡 7 57.0 菊沢隆        
2 3 (父) ファストタテヤマ 牡 7 57.0 武 幸    
2 4 (父) シェイクマイハート 牡 6 57.0 柴山雄        
3 5 ブルートルネード 取消 牡 5 57.0 秋山真        
3 6 セフティーエンペラ セ 7 57.0 長谷川浩     ×  
4 7 レクレドール 牝 5 55.0 藤田伸 ×     ×
4 8 マチカネキララ 牡 4 57.0 横山典
5 9 (市) タイガーカフェ 牡 7 57.0 須貝尚        
5 10 (父) シルクフェイマス 牡 7 57.0 五十嵐冬    
6 11 アドマイヤムーン 牡 3 54.0 武 豊    
6 12 グレイトジャーニー 牡 5 57.0 佐藤哲        
7 13 タガノデンジャラス 牡 4 57.0 岩田康        
7 14 エリモハリアー セ 6 57.0 安藤勝
8 15 (父) マヤノライジン 牡 5 57.0 四位洋    
8 16 (父) マイソールサウンド 牡 7 57.0 本田優   ×    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月18日

ダビスタ2、オウベイカッ

待望の自家製牝馬、ワクテカノジカヒンを基幹とした生産活動がついに始まりました。
マルゼンスキーの肌であるこのワクテカ号の配合相手にまず選んだのはブライアンズタイム。無事受胎して産まれた牡馬には「オウベイカッ」と名付けました。
ちなみにこれは友人のリクエスト。「欧米かっ!」ですよ。。。しかしこのオウベイカッ号、走らせてみるとかなりのモノでした。


2006年08月17日

これはどういうことだ!?小倉日経オープン登録馬

今週日曜日の小倉競馬のメイン、小倉日経オープンの登録各馬は以下の通り。

アルビレオ、インマイアイズ、エニフ、サイドワインダー、シルクネクサス、スパルタクス、ダイタクアルビン、ツルマルヨカニセ、トーセンシャナオー、ブラックタイド、マヤノグレイシー、以上11頭

いや〜今週末は小倉遠征だというのにすっかり油断していました。
フランス帰りの武豊札幌記念に出走するアドマイヤムーンに騎乗するため、今週末の主戦場は札幌を予定。当地では重賞も無く、開門時間からでも指定席は余裕だと踏んでいたのですが。。。
何ゆえのこの好メンバー!嬉しいのは嬉しいですが、サイドワインダーやアルビレオなどのG3落ちのメンバーはまだしも。。。「お兄ちゃん」まで来るなんて!!
指定席は危ういかもな。。。

2006年08月16日

ダビスタ2、ワクテカノジカヒン

オマエガイシヅエ号が無事に競争生活を終え繁殖入り。待望の生産活動が再開しました。
タマモクロスの肌であるこのオマエ号の配合相手に選んだのは、元祖「マル外」で名を馳せた今は亡きマルゼンスキー。これだけでもダビスタ2をやってる甲斐は十分にありますな〜。
無事受胎し、1年後産まれたのはなんと牝馬!!!


2006年08月15日

ダビスタ2、オマエガイシヅエ

なかなか牝馬に恵まれない(?)ため、牧場の経営も一進一退が続いています。そこで必ず牝馬を仕入れるとの信念の元にセリ市通いを始めました。
カレンダーをめくることなんと4年!やっと納得のいく牝馬に目が留まりました。


2006年08月14日

第42回札幌記念(G2)登録馬

第42回札幌記念(G2)登録各馬は以下の通り。

アドマイヤムーン、アルスブランカ、エリモハリアー、グレイトジャーニー、コンドルクエスト、シェイクマイハート、シルクフェイマス、スプリングシオン、セフティーエンペラ、タイガーカフェ、タガノデンジャラス、ファストタテヤマ、ブリットレーン、ブルートルネード、マイソールサウンド、マチカネキララ、マチカネゲンジ、マヤノライジン、モノポール、レクレドール、以上20頭

サマー2000シリーズ既出馬からは函館記念優勝のエリモハリアー、同3着のマヤノライジンが参戦。
加えて今回はさらなる豪華メンバーが。古馬のG1路線からシルクフェイマス、ファストタテヤマ、そしてクラシック路線から皐月賞1番人気にも推された(4着)アドマイヤムーンらが登録。シリーズ全体を通して”初めて”といっていいぐらい豪華な顔ぶれとなっています。

2006年08月13日

第41回北九州記念(G3)結果

11番人気コスモフォーチュンが2番手から抜け出しそのまま押し切り勝ち。
2着には4番人気ゴールデンキャスト、3着に2番人気ホーマンテキーラが入線。馬連10,760円、馬単23,790円、3連単107,960円となかなかの高配当。
ちなみにレース前、ドリーム競馬の解説をしていた競馬ブックのO坪氏が、勝ちタイムを問われ「1分7秒の中ごろでしょうか」と答えた後、「5.5」と言い足したのは空耳だったのだろうか。1分7秒5.5ってwwww

第41回北九州記念(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 コスモフォーチュン 1:08.0 ×    
2 8 ゴールデンキャスト 1 3/4馬身    
3 10 ホーマンテキーラ クビ    
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月12日

第41回北九州記念(G3)予想

【出馬表】
第41回 テレビ西日本賞北九州記念(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 (父) サチノスイーティー 牝 3 53.0 鈴来直      
2 2 (市) コスモフォーチュン 牝 4 52.0 角田晃 ×      
3 3 (外) ローランジェネルー 牡 5 53.0 田中学        
3 4 エイシンヘーベ 牝 5 53.0 鮫島良        
4 5 リミットレスビッド 牡 7 58.0 川田将      
4 6 (父) マルカキセキ 牡 5 57.0 鮫島克  
5 7 リボンアート 牝 5 52.0 石橋守      
5 8 (市) ゴールデンキャスト 牡 6 58.0 小牧太    
6 9 スピニングノアール 牡 5 54.0 上村洋        
6 10 (父) ホーマンテキーラ 牡 4 56.0 佐藤哲    
7 11 ケイエスストロング 牡 7 51.0 赤木高    
7 12 (父) タマモホットプレイ 牡 5 57.0 渡辺薫     ×  
8 13 タガノバスティーユ 牡 3 53.0 池添謙       ×
8 14 (市) マヤノシャドー 牡 7 54.0 幸 英        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月11日

ダビスタ2、シッカリカセギマス

サァイッテミヨォ号に続く2頭目の生産に乗り出したいところですが、そのイッテ号は900万条件がやっとで獲得総賞金は3000万円強。とてもじゃないですが、自家生産にのりだしたところでマチカネイワシミズ種付無料)産駒を作りつづけるのが関の山(笑)
そこでセリで仔馬を仕入れることに。



2006年08月09日

ダビスタ2、サァイッテミヨォ

生産馬第1号サァイッテミヨォがいよいよデビューを迎えました。
入厩は「美浦」「栗東」の2択。○○厩舎なんて選択肢はありません。シンプルイズベスト2択です(笑)
なかなかの好仕上がりで新馬戦に送り出したものの、勝利は掴めず。。。
ダビスタ2ダビスタ2ダビスタ2


2006年08月08日

ダビスタを始めました。

ダビスタを始めた、とは言っても、最新版のダビPなんかじゃありません。
そう「ダービースタリオン2」、1994年もののレトロでイカシタやつです。なぜ今更?と言われると困ります、思いつきですから(^^;
サンデーサイレンス旋風前夜の作品ですから、ご覧の通りサンデーは入っていません。これだけでも私的にはプレイの価値有り!です。
ダビスタ2ダビスタ2


2006年08月07日

まあまあかな、北九州記念(G3)登録馬

番組改編で今年からスプリント戦となった第41回テレビ西日本賞北九州記念(G3)登録馬は以下の通り。

エイシンヘーベ、キーンランドスワン、ケイエスストロング、コスモフォーチュン、ゴールデンキャスト、サチノスイーティー、スターエルドラード、スピニングノアール、タガノバスティーユ、タマモホットプレイ、ディープサマー、ヒューマ、ホーマンアピール、ホーマンテキーラ、マヤノシャドー、マルカキセキ、リボンアート、リミットレスビッド、ローランジェネルー、以上19頭

サマーシリーズ既出の有力馬からは、第2戦アイビスSD勝ちサチノスイーティーのみ。
シリーズ的にはどうなの?という感じですが、メンバーはなかなか面白いですね。ローカル短距離重賞の常連さんたちがズラリです。

2006年08月06日

第41回関屋記念(G3)結果

なんと単勝14番人気カンファーベストが中断から鋭く伸びて見事な差し切り勝ち。新潟コース6戦4連対は伊達ではなかったようです。
2着にはこれまた8番人気ダイワバンディットが積極的な2番手追走から粘りこみ、3着に1番人気テレグノシスが入線。馬連37,340円、馬単115,970円、3連単491,010円と波乱の決着。
予想結果は見ての通り、惨敗です(´・ω・`)

第41回関屋記念(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 13 カンファーベスト 1:32.5        
2 11 ダイワバンディット 3/4馬身        
3 3 テレグノシス 1 1/2馬身      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月05日

第41回関屋記念(G3)予想

【出馬表】
第41回 関屋記念(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ケイアイガード 牡 5 56.0 内田博      
1 2 ワディラム 牝 5 54.0 中舘英  
2 3 テレグノシス 牡 7 58.0 横山典      
2 4 (父)(市) ウインディグニティ 牡 5 56.0 村田一        
3 5 (父) オーゴンサンデー 牝 7 54.0 吉田豊        
3 6 ロードフラッグ セ 9 56.0 武士沢友        
4 7 サイドワインダー 牡 8 57.0 福永祐  
4 8 ローエングリン 牡 7 59.0 田中勝        
5 9 (父)(市) エムエスワールド 牡 3 53.0 蛯名正   ×
5 10 (外)(地) ナイキゲルマン 牡 6 56.0 勝浦正        
6 11 (外) ダイワバンディット 牡 5 56.0 小野次        
6 12 アルビレオ 牡 6 56.0 石橋脩 ×      
7 13 (父) カンファーベスト 牡 7 56.0 江田照        
7 14 (父) フジサイレンス 牡 6 56.0 吉田隼        
7 15 (父) ヤマタケゴールデン 牡 3 53.0 池田鉄       ×
8 16 ペールギュント 牡 4 56.0 小牧太 ×    
8 17 ヤマニンアラバスタ 牝 5 54.0 柴田善  
8 18 (父) ニューベリー 牡 8 56.0 木幡初    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2006年08月04日

困りましたね、函館2歳ステークス(G3)

今週行われる第38回函館2歳ステークス(G3)。先ほど出走表をチェックしたら、あれあれ?という感じです。
前走ラベンダー賞(OP)でインパーフェクト2着だった、エイシンイッテンがなんと出走取消
同レース3着ローレルゲレイロも含めたこの3頭で堅い!と踏んでいたんですが(^^;


2006年08月03日

万馬券的中証明書、2006年その3

万馬券的中証明書先週の小倉記念、波乱の決着となりましたが、どうにかこうにか馬単万馬券をゲッツしました。

予想で印を入れた5頭に加えて、どうしても気になってしょうがなかったのがヴィータローザ
切るに切れず苦しんだあげくの苦渋の選択は、このような超鬼畜の馬単6頭BOX!wwww



小倉記念5倍しかつかない組み合わせも平気で入っています。しかも小倉に行ってるはずなのに、なぜPAT馬券?みたいな(笑)

突っ込みドコロ満載ですが、要は馬券ベタってことです。。。。



2006年08月02日

インパーフェクト、デビュー戦(動画)

今週行われる第38回函館2歳ステークス(G3)に出走する各馬の中で、最も注目度が高いと思われるのが早世した新種牡馬ナリタトップロード産駒のインパーフェクト号。

5月のホッカイドウ競馬でのデビュー戦を圧勝した時に一度記事にしていたのですが(参照)、今回おなじみ「YouTube」でそのデビュー戦の映像を発見しましたので、紹介しておこうと思います。ネタ元に感謝!



※動画がコマ送りになってしまう方。1度全て再生した後(何分かかるか分かりませんが)、画面の最後に出てくる「Replay This Video」で再度再生すればスムーズに見れますよ(^^

2006年08月01日

サマーシリーズ顔負け?関屋記念(G3)登録馬

今週の予想レース、第41回関屋記念(G3)の登録馬は以下の通りです。

アルビレオ、ウインディグニティ、エムエスワールド、オーゴンサンデー、カンファーベスト、ケイアイガード、サイドワインダー、シベリアンメドウ、シルクネクサス、ソウゴン、ダイワバンディット、ダイワレイダース、テレグノシス、ナイキゲルマン、ニューベリー、フジサイレンス、ペールギュント、マイネルデュプレ、ヤマタケゴールデン、ヤマニンアラバスタ、ローエングリン、ロードフラッグ、ワディラム、以上23頭

G1馬テレグノシスをはじめ、G1戦でも馴染みのローエングリン、ヤマニンアラバスタ、アルビレオなどなど、真夏ローカルG3の割りに豪華メンバーが揃いました。
もうあれですよ、来年からはサマーシリーズ「マイル」もやった方がいいんじゃないかと(笑)