2007年04月30日

第135回天皇賞(春)(G1)結果

単勝2番人気のメイショウサムソンが貫禄の差し切り勝ち。僅差ではありましたが、距離不安説を一蹴するに十分な好タイムでの盾制覇宝塚記念では不動の中心になりそうです。
一方、2着には激しい叩き合いもわずかに及ばなかった11番人気エリモエクスパイアが激走。3着にはトウカイトリック。1番人気アイポッパーはスタートで後手に回ったこともあり、最後は差を詰めたものの4着どまり。
馬連20,750円、馬単25,210円、3連複44,540円、3連単306,390円の大波乱。
メンバー予想は全員はずれ。。。消去法も的中せず、です('A`)

第135回 天皇賞(春)(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 メイショウサムソン 3:14.1   ×
2 16 エリモエクスパイア 2 1/2        
3 12 トウカイトリック  
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月29日

第135回天皇賞(春)(G1)予想

【出馬表】
第135回 天皇賞(春)(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 マツリダゴッホ 牡4 58.0 横山 典      
1 2 ファストタテヤマ 牡8 58.0 武 幸        
2 3 ユメノシルシ 牡5 58.0 吉田 豊        
2 4 アドマイヤモナーク 牡6 58.0 村田 一        
3 5 アドマイヤタイトル 牡5 58.0 四位 洋        
3 6 メイショウサムソン 牡4 58.0 石橋 守   ×
4 7 トウカイエリート 牡7 58.0 川田 将      
4 8 アイポッパー 牡7 58.0 安藤 勝 ×
5 9 ウイングランツ 牡7 58.0 秋山 真        
5 10 トウショウナイト 牡6 58.0 武士沢 友        
6 11 マイソールサウンド 牡8 58.0 角田 晃   ×    
6 12 トウカイトリック 牡5 58.0 池添 謙  
7 13 ダークメッセージ 牡4 58.0 佐藤 哲     ×  
7 14 ネヴァブション 牡4 58.0 北村 宏
8 15 デルタブルース 牡6 58.0 岩田 康 ×  
8 16 エリモエクスパイア 牡4 58.0 福永 祐        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月28日

第14回青葉賞(G2)買い目

実績的にも十分な[12]メイショウレガーロからでいいんじゃないでしょうか。
前走皐月賞は先行して流れ込んだ感じの5着。2前走、3前走なんかは差していい感じの競馬でした。今回手替わりなく引き続き福永騎手の手綱、前走に近い感じで流れに乗るのが濃厚でしょう。
差し脚身上の人気馬が多いうえ、この東京コースならば好位からしぶとく粘り込める算段です^^
対抗には逃げがはまれば怖さ十分の[4]ホクトスルタンを。
【買い目】は[12]から[4][3][11][1][9]へ馬単流しマルチ。[4]から[12][3][11][1][9]へ馬連流し。
キルトクール
キルトクール】はオーシャンエイプス
勝つならあっさりのシーンもあるでしょうが、後方待機から大外回しの掲示板確保というイメージが。。。
個人的にはこの後はユニコーンSに使ってもらいたいんだけどな(´・ω・`)

2007年04月27日

第135回天皇賞(春)(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


■ステップレース■
(1)阪神大賞典、日経賞、大阪杯で連対。
3着以下ならば(2)前々走は芝2500m以上の重賞で連対、あるいは(3)芝2500m以上の重賞で優勝実績。(2)(3)でなければ(4)(地方出身馬で)前走が阪神大賞典で重賞初挑戦の5着以内。
また大阪杯使用馬については(5)芝3000m以上のG1勝ち鞍。
消去馬・・・アドマイヤタイトル、アドマイヤモナーク、エリモエクスパイア、マツリダゴッホ、メイショウサムソン

(6)他の重賞で優勝。敗退ならば(7)前2走内で重賞連対かつ過去にも重賞連対経験。
(8)OP戦は前走3着以内かつ重賞優勝経験。
(9)条件戦は前走連対かつ前々走を重賞連対。
消去馬・・・ウイングランツ、ダークメッセージ、トウカイエリート、ユメノシルシ


■休養馬■
休養が2ヶ月を超えていれば前走重賞優勝。それ以外は3着も無い。
消去馬・・・なし


■前走馬体重■
(1)前走が年内初戦だった馬を除き、前走時の馬体重増減は10kg以内。
(1)でなければ(2)前走芝2500m以上の重賞で連対かつ前々走も連対。
3着馬も同様。
消去馬・・・トウカイエリート


■年齢■
(1)7歳馬は、前走芝2500mのOP以上で優勝かつを前々走OP以上優勝かつ重賞勝ち鞍。
(2)8歳以上は3着もない。
消去馬・・・ウイングランツ、トウカイエリート、ファストタテヤマ、マイソールサウンド


■近走成績■
(1)前2走とも続けて3着以下ならば、3前走に勝ち鞍。あるいは菊花賞優勝馬。
(2)前3走内で優勝歴がなければ、前2走内に重賞連対歴、あるいは前走OP以上で連対かつ前々走芝3000m重賞で3着以内、あるいは菊花賞優勝馬。
消去馬・・・アドマイヤモナーク、ウイングランツ、エリモエクスパイア、マイソールサウンド


■近走距離■
(1)前2走内に1度でも1800m未満の距離を使っていたら、3着もない。
(2)前2走とも続けて2400m未満を使っていたら、前2走とも連対。
消去馬・・・なし


■芝[2400m以上]実績■
(1)未経験馬は3着もない。
(2)3走以上して優勝歴がなければ、前走芝2500mで3着以内かつ前々走は重賞連対。
消去馬・・・なし


■京都芝実績■
(1)2走以上なら連対歴。
(2)4走以上なら優勝歴。優勝がなければ、前2走とも連対、で3着まで。
消去馬・・・トウショウナイト


■全成績■
(1)連対率は4割以上。
4割以下ならば(2)重賞勝ち馬。3割未満ならばさらに(3)前走を芝2500mで連対。
消去馬・・・アドマイヤタイトル、エリモエクスパイア、ファストタテヤマ、マイソールサウンド


■重賞経験■
(1)連対実績必須。3着もない。連対歴がなければ、前走が阪神大賞典で重賞初挑戦の5着以内。
(2)5走以上経験あれば優勝実績。優勝歴がなければ、前2走内で重賞連対。
消去馬・・・なし


以上の条件を完全にクリアして残った馬


アイポッパー
デルタブルース
トウカイトリック
ネヴァブション


以上、ずばり4頭
ずいぶんいい感じになりました^^
まーほとんどが人気どころですが、混戦模様ですし、コレだけ絞れていれば配当面でも旨味は残るんではないでしょうか。

2007年04月26日

天皇賞(春)(G1)データ分析!2007年版(2)

天皇賞(春)過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
2007Tenharu.jpgPDFファイル


===前回の分析のつづきです===


2007年04月25日

天皇賞(春)(G1)データ分析!2007年版(1)

天皇賞(春)過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
2007Tenharu.jpgPDFファイル




2007年04月24日

第135回天皇賞(春)(G1)登録馬

第135回天皇賞(春)(G1)登録馬は以下の通り。

アイポッパー、アドマイヤタイトル、アドマイヤモナーク、ウイングランツ、エリモエクスパイア、サクラキングダム、スウィフトカレント、ダークメッセージ、チャクラ、デルタブルース、トウカイエリート、トウカイトリック、トウショウナイト、ネヴァブション、ファストタテヤマ、フォルテベリーニ、マイソールサウンド、マツリダゴッホ、メイショウサムソン、ユメノシルシ、以上20頭

実績上位馬であっさりなのか、長距離巧者の台頭となるのか、はたまた想定外の小惑星の大駆けまであるのか、直前まで判断を迷いそうです。
しかし、得てして混戦と言われる時ほどあっさり決着だったりするわけで(´・∀・`)

2007年04月23日

第12回アンタレスステークス(G2)結果

単勝3番人気のワイルドワンダーが直線鋭く脚を伸ばして快勝。見事な重賞初勝利。ダート路線に今後が楽しみ1頭が現れましたね。
一方、2着には絶好位から抜け出した2番人気キクノアローが入線。1番人気メイショウトウコンは3着。
馬連1,530円、馬単3,440円、3連複1,860円、3連単12,380円の決着。
メンバー予想は。。。全員はずれ。もうちょっとどうにかすれば全員的中できたような気が。。。

第12回 アンタレスステークス(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 17 ワイルドワンダー 1:49.9      
2 9 キクノアロー 2 1/2  
3 1 メイショウトウコン
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月22日

第42回フローラS(G2)買い目

除外が最大の敵、[2]ベッラレイアがいよいよ軌道に乗ってきましたね。ここは連軸は堅いと期待したいですね。
相手は[10]イクスキューズくらいしか見当たりませんが、どうでしょう?あとは[6]ホクレレ、[8]ランペイアあたりが食い込めるかどうかぐらいの存在かと思いますが。
【買い目】は[2][10]馬連。[2]から[10][6][8]へ3連単マルチ。
キルトクール
キルトクール】はエーシンパーティー
好走できる材料が見当たりませんし(´・ω・`)

2007年04月22日

第12回アンタレスステークス(G3)予想

【出馬表】
第12回 アンタレスステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 タガノサイクロン 牡 4 56.0 池添 謙        
1 2 エイシンラージヒル 牡 5 56.0 武 豊      
2 3 クワイエットデイ 牡 7 57.0 角田 晃   ×
2 4 キクノアロー 牡 4 58.0 安藤 勝  
3 5 ワンダーハヤブサ 牡 6 56.0 小林 徹        
3 6 ワイルドワンダー 牡 5 56.0 岩田 康      
4 7 マンオブパーサー 牡 4 59.0 四位 洋        
4 8 オーガストバイオ 牡 6 56.0 小牧 太        
5 9 ヒシハイグレード 牡 4 56.0 上村 洋 ×      
5 10 メイショウトウコン 牡 5 57.0 武 幸
6 11 ストロングブラッド 牡 8 58.0 川田 将   ×
6 12 スナークファルコン 牡 5 56.0 渡辺 薫   ×    
7 13 カイトヒルウインド 牡 8 56.0 石橋 守        
7 14 ヤマタケゴールデン 牡 4 56.0 池田 鉄        
8 15 トーセンブライト 牡 6 56.0 藤田 伸  
8 16 クーリンガー 牡 8 57.0 和田 竜        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい


2007年04月21日

第4回福島牝馬S(G3)買い目

福島開催もいよいよ最終週!。。。とはいえはるか南に住んでる私にはいまいちピンと来ない。当然馬場状態なんてのもあまりよく分からない。
頼みの綱といえば、同じローカルの我がホーム小倉
小倉最終週といえば外差し、外まくりがバンバン決まる馬場。小倉の最終週とイメージを重ね合わせるのも安易な気がするのであるが、そうなると当然本命視できるのは。。。

[15]サンレイジャスパー
まー要は同馬を本命視したいだけの前振りだったわけですが。しかしこの馬、本命を打つと来ないわけで。。。^^;
【買い目】は[15]から[13][11][10][7][4]へ馬連流し。

キルトクール
キルトクール】はヤマニンメルベイユ
大外枠とはいえ1番人気は違う気が。。。

2007年04月20日

第1回ジョッキーマスターズ出馬表

4月22日(日)に行われる日本ダービーまたはオークス優勝経験のある元騎手たちによるレースイベント、ジョッキーマスターズに出場する各騎手と騎乗馬の詳細が発表されていますのでご紹介しましょう。
【出馬表】
第1回ジョッキーマスターズ(東京競馬場、芝1600m)
騎手 服色 騎乗馬 性齢、成績
Uma☆Blog
1 1 河内 洋 アグネスフライト騎乗時 ゴールデンメドウ 牝4、4戦0勝
2 2 中野 栄治 アイネスフウジン騎乗時 ヤマニンイグジスト 牡3、6戦0勝
3 3 安田 隆行 トウカイテイオー騎乗時 パスアンドゴー 牡7、8戦0勝
4 4 加藤 和宏 シャダイアイバー騎乗時 タマモシャイン 牡4、6戦0勝
5 5 岡部 幸雄 シンボリルドルフ騎乗時 クウェストルージュ 牡3、8戦0勝
6 6 松永 幹夫 イソノルーブル騎乗時 モンテサファイヤ 牝4、3戦0勝
7 7 的場 均 エリモエクセル騎乗時 マーズエクスプレス 牝5、10戦0勝
8 8 根本 康広 メリーナイス騎乗時 サイバートランス 牡7、14戦1勝
8 9 本田 優 カワカミプリンセス騎乗時 メイショウモリゾー 牡4、9戦0勝

・発走は4月22日(日)最終レース終了後。
・騎乗馬は全てJRA競馬学校の教育用馬。
・騎乗馬の通算成績は全て現役馬時代の成績。
・馬の体調等の理由により、騎乗馬については変更する場合あり。
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

引退して10年は超える安田師などがいる一方で、つい先々月末までバリバリの一線級だった本田優なんかもいて、どうにも不釣り合いな面子。あとせめて柴田政人には出てもらいたかったスね。
発走は最終レース終了後ということですが、せっかくなんだから昼休みにすればいいのに(´・ω・`)
などなど個人的には言いたいこと盛りだくさんなのですが、なにせ1回目ですし、試行錯誤しながら来年以降も継続していってもらいたいですね。

個人的には次回は菊花賞を激しく熱望。
ん?なんでって?だって安田富男が見れるG1はそれしかないぢゃん!!!

2007年04月17日

アンタレスステークス(G3)登録馬

第12回アンタレスステークス(G3)登録馬は以下の通り。

アサカディフィート、アルドラゴン、ウインクリューガー、エイシンラージヒル、オーガストバイオ、カイトヒルウインド、キクノアロー、キンシャサノキセキ、クワイエットデイ、クーリンガー、サヨウナラ、シアトルユー、シベリアンホーク、ショウナンタキオン、シルヴァーゼット、シンボリエスケープ、ストロングブラッド、スナークファルコン、ゼンノストライカー、タガノサイクロン、ダンディズム、チョウカイロイヤル、トーセンブライト、ニシノデュー、バアゼルキング、ハギノベルテンポ、ハリーズコメット、ヒシハイグレード、フサイチアウステル、ベラージオ、マイネルソロモン、マイネルハーティー、マルブツリード、マンオブパーサー、メイショウトウコン、メイショウホウオウ、ヤマタケゴールデン、ラッキーブレイク、ラッシュライフ、ロイヤルキャンサー、ワイルドワンダー、ワンダーハヤブサ、以上42頭

なんと42頭。
前走、前々走と穴人気で劇走を続けているクワイエットデイがいますね。今回は幾分人気になるとは思いますが、さてどうでしょう?
てか、アサカディフィートってwww

2007年04月16日

第67回皐月賞(G1)結果

単勝7番人気のヴィクトリーが逃げ切り勝ち、クラシック制覇を成し遂げました。また鞍上田中勝春騎手は15年ぶりで2度目のG1制覇。長かったですね〜、素直におめでとう!と言いたいです。
一方、2着には2番手を追走していた15番人気サンツェッペリンが入線する結果に。人気馬は2番人気フサイチホウオーが3着、単勝2.7倍と1番人気だったアドマイヤオーラは4着に敗退。揃って33秒台の末脚を繰り出したものの、最後は脚を余したような格好になりましたね。残念です。
馬連94,630円、馬単178,340円、3連複205,370円、3連単1,623,250円と大波乱の決着。
メンバー予想は全員轟沈。。。
しかし消去法は実力発揮!!残った7頭大的中!きっちり結果を出しました!。。。。やってる人間はそれを生かしてないんですけどねil||li _| ̄|○ il||li

第67回 皐月賞(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 17 ヴィクトリー 1:59.9    
2 9 サンツェッペリン ハナ        
3 1 フサイチホウオー ハナ      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月15日

第67回皐月賞(G1)予想

【出馬表】
第67回 皐月賞(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 フサイチホウオー 牡3 57.0 安藤 勝      
1 2 ローレルゲレイロ 牡3 57.0 藤田 伸        
2 3 マイネルシーガル 牡3 57.0 後藤 浩        
2 4 ブラックシャンツェ 牡3 57.0 上村 洋        
3 5 フェラーリピサ 牡3 57.0 岩田 康        
3 6 ドリームジャーニー 牡3 57.0 蛯名 正
4 7 サンライズマックス 牡3 57.0 池添 謙 ×      
4 8 ナムラマース 牡3 57.0 藤岡 佑  
5 9 サンツェッペリン 牡3 57.0 松岡 正        
5 10 メイショウレガーロ 牡3 57.0 福永 祐        
6 11 ニュービギニング 牡3 57.0 四位 洋     ×  
6 12 アサクサキングス 牡3 57.0 武 幸 ×  
7 13 モチ 牡3 57.0 川田 将        
7 14 エーシンピーシー 牡3 57.0 柴田 善        
7 15 アドマイヤオーラ 牡3 57.0 武 豊  
8 16 フライングアップル 牡3 57.0 横山 典      
8 17 ヴィクトリー 牡3 57.0 田中 勝    
8 18 ココナッツパンチ 牡3 57.0 吉田 豊     ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月14日

マイラーズカップ(G2)買い目

[4]エアシェイディが単勝4倍強でいまいち歯切れの悪い1番人気になっているようですがw
ここは迷わず◎

前走の中山記念が好内容。
好発を決めたローエングリンこそ交わすことはできなかったものの、豪快に追い込んで小差の2着。阪神外廻りで1F短くなる今回は勝ち負け必至。
あっさりとここを勝って重賞ウィナーとなり、満を持して、G1ホースまで上り詰めたスズカフェニックス安田記念で再対決してもらいたいのだっ!!
【買い目】は[4]から[1][10][14][3][5][7][8][2][15]へ馬単マルチ。
って!!?おまwww流し杉www

キルトクール
キルトクール】はスイープトウショウ
今のところ2番人気。。。正直今回はハットの方が走る気がするが(´・ω・`)


(追加)

キルトクールの投票を見たら、なんと中山GJが対象レースになっているではないですか!!

  n ∧_∧
 (ヨ(´∀` ) GJ!!
  Y    つ

というわけで、正直ジャンプの予想を公開なんて初めてなんですが、ちょっと予想してみました。

本命は[5]アグネスハット。
平地の頃から応援してましたし、思い入れのある馬ですのでジャンプでも当然。買い目は[5]から[4][7][2][13][11]へ馬単マルチ。

キルトクールは[9]カラジ。
3連覇がかかってるんですかね?いやいや3連覇はちょっと。。。

2007年04月13日

第67回皐月賞(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


■ステップレース■
トライアルレースで(1)4着以内。5着以下ならば前々走は(2)重賞連対(3)OP以下なら優勝
毎日杯勝ち馬。敗退なら前々走優勝
路線ならば条件に拠らず(1)前走勝ちかつ(2)前3走ぐらいまで連対を外していないこと。
消去馬・・・アサクサキングス、ニュービギニング、ブラックシャンツェ、ローレルゲレイロ


■休養馬■
休養が2ヶ月を超えていれば前走重賞優勝。3ヶ月を超えると3着も無い。
消去馬・・・なし


■前走馬体重■
前走が3ヶ月以上の休養明けだった馬を除き、前走時の馬体重増減は10kg未満
消去馬・・・フサイチホウオー


■近走距離■
(1)前走1600m以下なら前走優勝、かつ前々走1800m以上で連対。2走続けて1600m以下なら3着も無い。
(2)前走2000mを超える距離からは3着も無い。
消去馬・・・ブラックシャンツェ、ローレルゲレイロ


■近走成績■
(1)前2走とも4着以下なら、3前走は中山芝の重賞連対
(2)前3走内に4着以下の敗退が2度ならば、残りの1走が中山芝の重賞連対
(3)前4走内に4着以下の敗退が2度ならば、前3走内で中山芝の重賞連対
3度以上は3着も無い。
(4)前4走内に2桁着順があれば、前4走内に中山芝のOP戦以上に勝ち鞍。
2度以上は3着も無い。
消去馬・・・ニュービギニング、ブラックシャンツェ、モチ


■芝レース実績■
芝2000m以上に2走以上経験があれば(1)芝2000mの勝ち鞍(2)芝重賞連対(3)芝2000mで連対を外していない、のいずれか。
中山芝コースに2走以上の出走経験があれば(1)中山芝の勝ち鞍(2)芝重賞勝ち鞍(3)中山芝で連対を外していない、のいずれか。
以上を満たさない馬は3着も無い。
消去馬・・・エーシンピーシー、メイショウレガーロ


■全成績■
・(1)連対率は5割以上。(1)でなければ(2)重賞連対歴か(3)芝2000m(OP戦以上)での勝ち鞍が必要。
・1勝馬は(1)重賞連対歴か(2)中山芝の連対歴が必要。
・芝未勝利馬は(1)前走トライアルで出走権を得る(2)ダートで連対を外していないこと。
以上を満たさない馬は3着も無い。
消去馬・・・サンライズマックス、ブラックシャンツェ、モチ

・出走キャリアは3戦以上9戦以下。
3戦馬なら2勝以上で前走は芝レース。9戦馬なら前走重賞勝ち。
消去馬・・・ココナッツパンチ、ナムラマース


■重賞経験■
(1)2走以上の出走経験があれば3着以内歴、(2)3走以上なら連対歴。
満たさない馬は3着も無い。
消去馬・・・なし


以上の条件を完全にクリアして残った馬


アドマイヤオーラ
ヴィクトリー
サンツェッペリン
ドリームジャーニー
フェラーリピサ
フライングアップル
マイネルシーガル


以上、7頭
残った頭数は多いですが、主力の人気どころは半分ぐらいになりましたし、穴気配漂う馬も数頭残っています。
興味深い結果ですね、本番が楽しみです。

まー個人的には不動の軸だったナムラマースがあえなく消えてしまい、かなり鬱ですが。。。_| ̄|○



2007年04月12日

皐月賞(G1)データ分析!2007年版(2)

皐月賞過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。
【データシート】
皐月賞PDFファイル


===前回の分析のつづきです===




2007年04月11日

皐月賞(G1)データ分析!2007年版(1)

皐月賞過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
皐月賞PDFファイル




2007年04月10日

第67回皐月賞(G1)登録馬

第67回皐月賞(G1)登録馬は以下の通り。

アサクサキングス、アドマイヤオーラ、ヴィクトリー、エフティイカロス、エーシンピーシー、ココナッツパンチ、コートユーフォリア、サンツェッペリン、サンライズマックス、ツバサドリーム、ドリームジャーニー、ナムラマース、ニュービギニング、フェラーリピサ、フサイチホウオー、フライングアップル、ブラックシャンツェ、マイネルシーガル、メイショウレガーロ、モチ、ローレルゲレイロ、以上21頭

昨年と同様、アドマイヤvsフサイチという図式になっています。
去年はアドマイヤムーンが1番人気に推されますが4着、フサイチジャンクは2番人気の支持を得て3着。対決として見ればフサイチが先着してはいますが、着順的には両馬ともメイショウサムソン完敗でしたね。
今年は人気的にはフサイチホウオーの方が旗色が良さそうに見えますが。。。
果たして、どんな結果になるんでしょうかね^^

2007年04月09日

第67回桜花賞(G1)結果

単勝 2 3番人気のダイワスカーレットが好位追走から絶好のタイミングで抜け出し後続を完封。桜花賞で敗れた母姉の憂さを晴らすとともに、兄ダイワメジャーに続くクラシック制覇を成し遂げました。
一方、単勝1.4倍と断然の1番人気に推されていたウオッカは直線鋭く脚を伸ばしているものの勝ち馬との差は詰まることなく2着に惜敗。次元の違う末脚を繰り出した両馬の上がりはなんと33.6秒で全くの互角。続く優駿牝馬での対決が俄然楽しみになってきました。3着には7番人気カタマチボタンが入線。
馬連540円、馬単810円、3連複4,290円、3連単13,080円の決着。
メンバー予想は3人的中!この勢いそのまま来週の皐月賞もビシッと決めたいものです!

第67回 桜花賞(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 18 ダイワスカーレット 1:33.7
2 14 ウオッカ 1 1/2
3 3 カタマチボタン 3 1/2     × ×
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月08日

第67回桜花賞(G1)予想

【出馬表】
第67回 桜花賞(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ショウナンタレント 牝3 55.0 柴田 善   ×  
1 2 アポロティアラ 牝3 55.0 勝浦 正        
2 3 カタマチボタン 牝3 55.0 藤田 伸     × ×
2 4 クーヴェルチュール 牝3 55.0 鮫島 良        
3 5 レインダンス 牝3 55.0 武 幸        
3 6 ローブデコルテ 牝3 55.0 福永 祐        
4 7 イクスキューズ 牝3 55.0 北村 宏      
4 8 ピンクカメオ 牝3 55.0 蛯名 正        
5 9 アマノチェリーラン 牝3 55.0 池添 謙        
5 10 ハギノルチェーレ 牝3 55.0 岩田 康        
6 11 ニシノチャーミー 牝3 55.0 藤岡 佑        
6 12 カノヤザクラ 牝3 55.0 上村 洋        
7 13 フローラルカーヴ 牝3 55.0 柴山 雄        
7 14 ウオッカ 牝3 55.0 四位 洋
7 15 アストンマーチャン 牝3 55.0 武 豊
8 16 ベリーベリナイス 牝3 55.0 秋山 真      
8 17 エミーズスマイル 牝3 55.0 内田 博      
8 18 ダイワスカーレット 牝3 55.0 安藤 勝
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月07日

ニュージーランドT(G2)、阪神牝馬S(G2)買い目

まずはNZT。これはもう難解極まりないですねwww
新聞見てても、なんだか何でもありみたいな感じになってきます。
とりあえず本命指名は[9]ヤマカツブライアン
ダートに替わって2連勝していますが、芝が不向きというわけではない馬。同型となる先行馬が多いメンバー構成となっていますが、最も粘り腰を発揮できるのはこの馬なのではないかと。相手は差し馬[13]スズカコーズウェイを筆頭に[8][10][11][12]まで評価。
【買い目】は[9]から[13][8][10][12][11]へ、同じく[13]から[9][8][10][12][11】へ馬連流し。

キルトクール
キルトクール】はシャドウストライプ
サクラバクシンオー産駒だし一介のダート馬ではない気がするものの、これだけ人気になるとやはり違和感がありますね。


続いて阪神牝馬S。このメンバーで55kgなら[5]ディアデラノビアが大威張りでしょう。
取りこぼしの多い馬ですし、1400mは実績から言えば忙しくて微妙な距離ですが、前走の勝ち方を顧みても1F短くなったところで他に勝ち目がある馬も見当たりません。
ただ圧倒的人気が予想されますので横一線の2番手以下と馬券の買い方は一工夫したいところ。相手は[8]を中心に[2][7]まで。
【買い目】は[5]から[8][2][6][7]へ3連単1着流し。[8]から[2][6][7]馬連流し。

キルトクール
キルトクール】はアサヒライジング
前走を見る限り、昨年の走りを取り戻すのはまだ先(´_ゝ`)

2007年04月06日

第67回桜花賞(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


■ステップレース■
・トライアルレースからは(1)チューリップ賞フィリーズレビュー4着以内。(2)アネモネS3着以内。それ以下に敗れていた場合は(3)前々走が芝1600mOP戦連対、かつ阪神JF(G1)で4着以内
重賞からは(4)芝1600m以上で勝利、なおかつ前々走もG1で3着以内、重賞で連対OP以下なら勝ちのいずれか。前走で敗れていいのは(5)阪神JFで3着以内のみ。
OP及び条件戦からは(6)芝ダートを問わず1600mのレースで連対、かつ○地馬を除き前々走を勝利
消去馬・・・アポロティアラ、イクスキューズ、カタマチボタン、カノヤザクラ、クーヴェルチュール、ニシノチャーミー、ピンクカメオ、ベリーベリナイス、ローブデコルテ


■休養馬■
休養3ヶ月以上ならば前走はG1で3着以内
消去馬・・・ニシノチャーミー、ベリーベリナイス


■前走馬体重■
前走が3ヶ月以上の休養明け初戦だった馬を除き、前走時の馬体重増減は10kg以内
消去馬・・・ピンクカメオ、ベリーベリナイス


■近走成績■
・(1)前2走とも連対していること。(1)でなければ(2)芝での重賞連対歴があること。ちなみに(3)2走続けて5着以下や(4)前3走で3着以内が1度もない、では3着も無い。
消去馬・・・クーヴェルチュール、ハギノルチェーレ、ピンクカメオ、フローラルカーヴ、ベリーベリナイス、レインダンス、ローブデコルテ

・前2走内に条件戦以下(新馬、未勝利)を使っていた馬は、そこで(1)勝利かつ一方はトライアルもしくは重賞で4着以内。または(2)敗れていた場合は一方のトライアルを連対。あるいは(3)2走とも条件戦以下ならば2走とも連対していること。
消去馬・・・なし


■芝レース距離実績■
・(1)芝1600m以上を2走以上ならば連対実績が必要。連対歴がなければ(2)芝での重賞連対実績。
・(3)芝1600m未満を2走以上ならば連対実績が必要。連対歴がなければ(4)芝ダートとも1600m以上が未経験かつ前走がトライアル4着以内
消去馬・・・ハギノルチェーレ


■全成績■
・(1)連対率5割以上。(1)でなければ(2)芝成績が連対率5割以上かつ芝1600mでの重賞連対歴あり。もしくは(3)芝ダートとも1600m以上が全くの未経験で前走がトライアル4着以内かつダート戦での連対率5割以上
・(4)阪神芝コースで2走以上ならば連対実績が必要。
・(5)出走キャリアは○地馬を除けば8戦以内
消去馬・・・クーヴェルチュール、ハギノルチェーレ


■重賞経験■
2走以上の出走経験があれば(1)連対実績が必要。(1)でなければ(2)重賞経験は2走で、OP勝ち鞍かつG1での好走歴(4着以内)があり、
前2走内にOPで連対していること。3走以上して連対歴のない馬は皆無
消去馬・・・クーヴェルチュール、ハギノルチェーレ


以上の条件を完全にクリアして残った馬


アストンマーチャン
アマノチェリーラン
ウオッカ
エミーズスマイル
ショウナンタレント
ダイワスカーレット


以上、6頭
3強きれいに残っちゃっいました。。。( ´Д`)



2007年04月05日

桜花賞(G1)データ分析!2007年版(2)

桜花賞過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
桜花賞PDFファイル


===前回の分析のつづきです===


2007年04月04日

桜花賞(G1)データ分析!2007年版(1)

桜花賞過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
桜花賞PDFファイル




2007年04月03日

第51回大阪杯(G2)予想結果

単勝1番人気のメイショウサムソンが後方の位置取りから4角まくり、しぶとく逃げ粘るシャドウゲイトを競り落とし勝利。派手さはなくとも勝負強いサムソンらしい勝ち方で、ダービー以来の勝ち鞍をもぎ取りました。2着はシャドウゲイト。3着には8番人気メイショウオウテ。
馬連540円、馬単810円、3連複4,290円、3連単13,080円の決着。
メンバー予想はおがQさんがついに初的中!ようやく本年度の全員勝利が確定しました^^;

第51回 産経大阪杯(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 メイショウサムソン 2:01.4
2 10 シャドウゲイト 1/2   ×    
3 6 メイショウオウテ クビ        
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年04月02日

第67回桜花賞(G1)登録馬

第67回桜花賞(G1)登録馬は以下の通り。

アストンマーチャン、アポロティアラ、アマノチェリーラン、アルヴィス、アロープラネット、イクスキューズ、ヴィアラクテア、ウオッカ、エイシンイチリン、エミネンツァベルタ、エミーズスマイル、カタマチボタン、カノヤザクラ、クーヴェルチュール、コウセイカズコ、サンタフェソレイユ、ショウナンアクト、ショウナンタレント、ダイワスカーレット、ニシノチャーミー、ニシノマオ、ハギノルチェーレ、ハロースピード、ピンクカメオ、フローラルカーヴ、ベリーベリナイス、ホクレレ、ミルクトーレル、ルミナスハーバー、レインダンス、ローブデコルテ、以上31頭

3強ムード、とりわけウオッカ断然!の雰囲気が濃厚となっています。
疑問符をつけたいところですが、戦ってきた相手関係を考えればやむを得ないところですね。配当云々ではなく見て楽しむレースかもですね(´・ω・`)

2007年04月01日

第51回大阪杯(G2)予想

【出馬表】
第51回 産経大阪杯(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 シルクネクサス 牡 5 57.0 幸 英   ×
2 2 タガノデンジャラス 牡 5 57.0 岩田 康    
3 3 メイショウサムソン 牡 4 59.0 石橋 守
4 4 ホッコーソレソレー 牡 5 57.0 渡辺 薫
5 5 サンバレンティン 牡 6 57.0 川田 将      
6 6 メイショウオウテ 牡 5 57.0 四位 洋        
6 7 トリリオンカット 牡 7 57.0 和田 竜        
7 8 アサカディフィート セ 9 57.0 小牧 太     ×
7 9 [地]コスモバルク 牡 6 59.0 五十嵐 冬
8 10 シャドウゲイト 牡 5 57.0 安藤 光   ×    
8 11 アラタマインディ 牡10 57.0 飯田 祐        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。