2007年12月30日

2007年ありがとうございました。

今年一年、なにやら早々と過ぎ去ってしまいました。ホントにあっという間でしたねー!

馬券的にもホントにこれといったことのない年だった気がします。
まーヴァーミリアンが結びの一番を圧勝で締めてくれたのは痛快でした(^^
もう年度代表馬は彼でいーんぢゃないの?

来年もどうぞヨロシクですm(__)m

2007年12月27日

マザーボード換装記(2)■データバックアップ(Acronis True Image LE)編■

ハードウェアを新調したからといって、OSのインストールから始めたのでは、現在までコツコツと築き上げてきたお気に入りの使用環境まで復元しようとなると莫大な労力と時間を費やさなくてはいけません。
そこでバックアップソフトの登場です。

使用したソフトはAcronisTrue Image LE」。
以前購入したBuffaloの外付けドライブに付属していたもので、ようやく日の目を見ました(^^;
これを使って、増設したHDDに環境丸ごと移行して起動ドライブにすること、そして当然ですがハードウェアの入れ替えにあたってのデータバックアップを行います。
True Image LE
さて我が家のドライブの構成はこんな感じです。
マイコンピュータ
内臓の160GBが(C:)40GBと(D:)120GB、外付(F:)が80GB。
(D:)はデータのみなので丸ごと(F:)へコピーすれば済みます。あくまでOSのある(C:)が「バックアップ→復元」の対象です。

操作はウィザード方式なので確認して先へ進むだけの簡略なものです。
True Image LE
前述の通り(C:)をバックアップの対象にし、バックアップファイルに名前をつけ、(F:)へ保存します。
True Image LETrue Image LE
この後、換装したのHDDにデータを復元するため、メニューのツールにある「ブータブルメディアの作成」から起動用のCDを作ります。
True Image LE
以上、簡略に説明しました。
なぜ簡略にしたかというと、結論から言えば「復元」に失敗したからです。。。
って!!ガ━━━━ΣΣ(゚Д゚;)━━━━━ン!!!!

この辺の話はまた改めて。次回は換装作業。

マザーボード換装記(1)■BTX?とか言わないで(ノД`)編■
マザーボード換装記(3)■BTXマザー取外し編■
マザーボード換装記(4)■BTXマザー取付け編■

買い換えた方が良かったんじゃねぇーの!!?(゚Д゚;)
デル株式会社


マウスコンピューター/G-Tune

2007年12月26日

キルトクール成績、2007年12月

[H19/12月度] キルトクール成績表
レース名 キルトクール馬 人気 着順 点(DG) 本命馬 人気 着順
ステイヤーズS ネヴァブション 2 2 260 トウカイトリック 1 4
阪神JF アロマキャンドル 4 13 0 エイシンパンサー 6 15
中日新聞杯 マイネルポライト 5 5 0 マイネルキーロフ 3 10
鳴尾記念 レインダンス 2 7 0 フィールドベアー 10 9
朝日FS ゴスホークケン 3 1 620 アポロドルチェ 2 11
愛知杯 ニシノマナムスメ 2 2 150 ディアデラノビア 4 1
フェアリーS メイビリーヴ 1 9 0 ビーチアイドル 3 6
阪神カップ フサイチリシャール 6 12 0 スズカフェニックス 1 1
中山大障害 マルカラスカル 2 3 180 メルシーエイタイム 3 1
ラジオNIKKEI サブジェクト 4 1 730 ダノンイサオ 2 7
有馬記念 ウオッカ 3 11 0 メイショウサムソン 1 8
合計  11キル 5クル 【 2-2-1-6 】 1940  3クル 【 3-0-0-8 】
年間成績  122キル 36クル【16-8-12-86】 17730  49クル【27-12-10-74】

年末の駆け込み(/´△`\)、まとめて5発!!
痛いッス(ノД`)

本命は3度頭できているもののいずれもヒモ抜け。中山大障害にいたっては買うことすら出来ませんでした。しかしこれが唯一の12月的中予想になろうとは。。。
両2歳G1で対抗指名したトールポピーやレッツゴーキリシマがきっちり来たり、有馬もゴッホ→メジャーの馬単は持っていたり、と良いとこは突いてんだけど、あと一押しがね〜〜(´・ω・`)

今年一年初めてみっちりキルトクールに励み、年間17730DG。ベストテンには入っちゃうかな。。。
しかし大いに勉強になりました。特に上位人気馬を”キル”スキルはだいぶ向上(?)した気が。しかし一方で(/´△`\)率もだいぶ上向きに(^^;
さて!来年も楽しみだ!ひとつよろしくお願いいたしますm(__)m

ps:10月分から集計ミスがありましたので訂正しております。

2007年12月24日

第52回有馬記念(G1)結果

単勝9番人気マツリダゴッホがコース巧者ぶりをいかんなく発揮し、伸びあぐねる人気馬たちを尻目に快勝。鞍上の言葉通りなんとも”KY”な幕切れ。
2着には5人気ダイワスカーレット、3着に6番人気ダイワメジャーと注目のダイワ兄妹がそれぞれ入線。こちらも兄の引退レースに妹が先着するというこれまた”KY”な結末。というか単にスカーレットが強かっただけですがねwww
単勝1番人気メイショウサムソンはまったく見せ場のないまま8着に大敗。
配当は、馬連22,190円、馬単69,020円、3連複73,320円、3連単800,880円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第52回 有馬記念(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 マツリダゴッホ 2:33.6   ×  
2 7 ダイワスカーレット 1 1/4    
3 4 ダイワメジャー 2 1/2 ×      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


ついに長かった予想レースが終わりました〜〜。
個人的な回顧になりますが、予想公開を始めて以来初めて万馬券的中を逃してしまいました。最多となる年間51レースをこなしたにも関わらず。。。(^^;
配当の大きいときは惜しくもなく、かと言って堅い配当がキッチリ取れているわけでもない、そんな一年でしたね〜。
他のメンバーも同様に低調に終わってしまいましたが、最大のハイライトはおがQ氏のアルゼンチン共和国杯ミラクル3連複ではなかったかと
∩( ・ω・)∩バンジャーイ!
来年もこの『Uma☆Blog』よろしくお願いいたしますm(__)m




2007年12月22日

有馬記念(G1)データ!2007年版

有馬記念過去10年間の1〜3着馬のデータシートです。

【データシート】
有馬記念データシートPDFファイル


大一番なので張り切っておりましたが、週中よりの体調不良が熱発に至ってしまいました。
大変申し訳ありませんが、今回は(も?)データシートの公開のみとなります。
ご覧になった方がこれより何か拾ってもらえたら幸いですm(__)m

2007年12月22日

第52回有馬記念(G1)予想

【出馬表】
第52回 有馬記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 メイショウサムソン 牡 4 57.0 武 豊
1 2 ドリームパスポート 牡 4 57.0 高田 潤       ×
2 3 マツリダゴッホ 牡 4 57.0 蛯名 正   ×  
2 4 ダイワメジャー 牡 6 57.0 デムーロ ×      
3 5 レゴラス 牡 6 57.0 柴田 善        
3 6 ポップロック 牡 6 57.0 ペリエ
4 7 ダイワスカーレット 牝 3 53.0 安藤 勝    
4 8 ロックドゥカンブ 牡 3 53.0 キネーン
5 9 サンツェッペリン 牡 3 55.0 北村 宏        
5 10 フサイチパンドラ取消 牝 4 55.0 藤田 伸        
6 11 [地]コスモバルク 牡 6 57.0 松岡 正        
6 12 インティライミ 牡 5 57.0 福永 祐   ×    
7 13 デルタブルース 牡 6 57.0 川田 将        
7 14 ハイアーゲーム 牡 6 57.0 ルメール        
8 15 チョウサン 牡 5 57.0 横山 典     ×  
8 16 ウオッカ 牝 3 53.0 四位 洋    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月21日

ラジオNIKKEI杯(G3)、中山大障害(JG1)買い目

まずラジオNIKKEI杯から。
例年なら朝日杯をしのぐわくわくする好メンバーが揃うのですが、今年はなんとも寂しい限りで。。。
[5]ダノンイサオから。
派手な勝ち方はしてきてないですが、今後の期待も込めて。相手はダート勝ちの[3]メイショウクオリアを筆頭に[7][9]とで馬連ボックス。
キルトクール
キルトクール】はサブジェクト
前走を見る限り、この距離では気性が前向きすぎるのでは?

そして中山大障害
いや〜全く不可解。難解ではなく不可解wwwだってどう予想したらいいのか分かんない。
[14]メルシーエイタイムから[13]テイエムドラゴン、[11][16]へ馬単マルチ。根拠ゼロの閃きだより。
キルトクール
キルトクール】はマルカラスカル
中山障害巧者と言われてもピンとこないな(^^;

ちなみに我が予想班が誇る障害巧者おがQさんの予想は、完全復活に期待!◎13ドラゴン○8ラスカル▲14エイタイム△7コンドル×9ハスラー、だそうです。

2007年12月20日

マザーボード換装記(1)■BTX?とか言わないで(ノД`)編■

最近グンとパフォーマンスが落ちた感じのするマイPC。
ちょっと頑張らせるような作業をすると、ハードディスクのシーク音がジリジリと聞こえ出し、CPUファンの回転数が一気にあがって動作にスムーズ感がなくまります。
トラブルに備えて外付HDDにバックアップはとっているものの、購入して丸3年は経つし、諸不具合に備えて構成を見直す頃合だな!と一念発起。

大蔵省()は予算を3万まで認めてくれましたので、まずパフォーマンスを上げることを最大の要点とし、以下の3項目に絞って実行しました。

(1)マザーボードの換装
今のマシンはチップセットが915Gと旧世代。今回のベースアップの目玉です。
購入したのはintelDG965MSCK」。
一応「Core2」対応。CPU交換は今回見送りましたがいつか必ず(^^;
DG965MSCK

(2)ハードディスクの増設
現状は内臓ドライブは160GBが1台。バックアップ用に外付けドライブがあるとはいえやや心もとないため、より容量の大きいものを増設し、OSごと引越して起動ドライブにする計画。
私はHDDはHGST製かSeagate製を選びます。大きなトラブルに見舞われたことがないですから(当社比)。
購入したのはHGST(日立IBM)「HDT725025VLA380」(250GB、SATA)。
HDT725025VLA380

(3)ビデオカードの増設
まーこれはおまけですwww
ちょっと予算が余ったし、せっかくだからVGA端子でなくてDVI接続でモニタと繋ぎたいな〜なんて。ゲームをするわけでもないですから、GPUは「nVIDIA」であればいいかな、ぐらいで。
購入したのはLeadtekWinFast PX7200GS」。
WinFast PX7200GS

しかし、そもそもなぜにマザーボードの換装なんて大仕事をする必要があったのかというと、マイPCのその規格(フォームファクタ)に原因があります。

ここ10数年マザーボードのフォームファクタの主流は「ATX」と呼ばれるものです。
しかしちょうど4〜5年ほど前、「Pentium4」や「PentiumD」といった爆熱CPUからなる発熱対策のためにエアフローを重視した次世代規格として「BTX」なる規格がインテル自らの手で提唱されていました。
しかしながら、その後「BTX」は低電力低発熱CPU「Core2」の登場によってあっという間に用無しとなり、今年ついにインテル自ら生産中止を唱えて完全に過去の遺物となったわけです。。。

そしてっ!悲しいかな!マイPCはそのBTX規格というわけなのです。・゚・(ノД`)・゚・。

先見の明がなさ過ぎですね。
まるで馬券と同じ!?ガ━━━━ΣΣ(゚Д゚;)━━━━━ン!!
というかデイトレと同じ!!!?ガガガガ━━━━ΣΣ(゚Д゚;)━━━━━ン!!!!!

ともあれインテルが撤退した以上、今後BTXボードは市場から姿を消していくに違いありません。
しかしながら、今なら965シリーズであればCore2対応のものもわずかに存在しています。ここで手をうてばまだ数年は使えるマシンになるはず!!
まー5年ぐらいつなげばあとは「Vista SP2(仮)」のATXマシンに換えればいいし( ̄ー ̄)フフーン

長くなりましたが、これがコトの始まり。その後の苦労話をご紹介します。

マザーボード換装記(2)■データバックアップ(Acronis True Image LE)編■
マザーボード換装記(3)■BTXマザー取外し編■
マザーボード換装記(4)■BTXマザー取付け編■

買い換えた方が良かったんじゃねぇーの!!?(゚Д゚;)
デル株式会社


マウスコンピューター/G-Tune

2007年12月18日

第52回有馬記念(G1)登録馬

第52回有馬記念(G1)登録馬は以下の通り。

アドマイヤジュピタ、アドマイヤフジ、アルーリングボイス、インティライミ、ウオッカ、コスモバルク、サンツェッペリン、シルクネクサス、ダイワスカーレット、ダイワメジャー、チョウサン、デルタブルース、ドリームパスポート、ハイアーゲーム、フサイチパンドラ、プリンセスルシータ、ポップロック、マツリダゴッホ、メイショウサムソン、レゴラス、ロックドゥカンブ、以上21頭

ダイワ兄妹対決が見物ですね。
まー勝ち馬探しとはまた別の次元の話ですがね( ̄ー ̄)

2007年12月17日

第2回阪神カップ(G2)結果

単勝1番人気スズカフェニックスが人気に応える快勝。G1ホースの力を見せ付けました。
2着には10人気ジョリーダンス、3着に5番人気ブルーメンブラットがそれぞれ入線。
配当は、馬連6,010円、馬単7,630円、3連複21,650円、3連単111,090円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第2回 阪神カップ(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 14 スズカフェニックス 1:20.6
2 7 ジョリーダンス 1/2      
3 16 ブルーメンブラット クビ    
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月16日

フェアリーS(G3)買い目

朝日杯のゴスホークケンは恐れ入りました。あれほどサッパリと先行策をとられるとは。。。

その教訓を活かすべく先行力をフューチャーして[6]ビーチアイドルから。小倉時のようなパフォーマンスを発揮できれば勝機十分。相手は出負けが怖くて本命に出来なかった[1]を筆頭に[10][15]と馬連ボックス。

キルトクール
キルトクール】はメイビリーヴ
父バクシンオーに母父サンデーとはやや軽すぎはしないかい?

2007年12月15日

第2回阪神カップ(G2)予想

【出馬表】
第2回 阪神カップ(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 シンボリグラン 牡5 57.0 北村 宏     ×  
1 2 ダンスフォーウィン 牡4 57.0 川田 将        
2 3 ローレルゲレイロ 牡3 56.0 藤田 伸        
2 4 ジョリーダンス 牝6 55.0 秋山 真        
3 5 スピニングノアール 牡6 57.0 幸 英        
3 6 アグネスラズベリ 牝6 55.0 角田 晃 ×      
4 7 エイシンドーバー 牡5 57.0 福永 祐    
4 8 シンボリエスケープ 牡6 57.0 北村 友        
5 9 カネトシツヨシオー 牡4 57.0 渡辺 薫      
5 10 プリサイスマシーン 牡8 57.0 安藤 勝      
6 11 ドラゴンウェルズ 牡4 57.0 武 幸  
6 12 フサイチリシャール 牡4 57.0 鮫島 良    
7 13 マイネルシーガル 牡3 56.0 四位 洋 ×    
7 14 ペールギュント 牡5 57.0 岩田 康        
7 15 プリンセスルシータ 牝5 55.0 小牧 太        
8 16 ブルーメンブラット 牝4 55.0 ルメール      
8 17 スズカフェニックス 牡5 57.0 武 豊  
8 18 トウショウカレッジ 牡5 57.0 石橋 守        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月14日

第45回愛知杯(G3)買い目

珍しく早い更新。まーそんなに考えることもないですからね(ノ∀`)
って先週の熟考宣言はいずこへ。。。

本命は[6]ディアデラノビア
正直前走のエリザベス女王杯は見直しました。ここでもう一花!!
相手もエリザベス女王杯で差し届かなかった馬を中心に。[13]ディアチャンスを筆頭に[4][3][15]で馬連ボックス。

キルトクール
キルトクール】はニシノマナムスメ
4連勝は出来杉でしょ(`・ω・´)

2007年12月13日

キルトクール成績、2007年11月

[H19/11月度] キルトクール成績表
レース名 キルトクール馬 人気 着順 点(DG) 本命馬 人気 着順
アルゼンチン共和国杯 アドマイヤジュピタ 2 1 510 ダークメッセージ 5 12
ファンタジーS ドリームローズ 3 11 0 オディール 4 1
京王杯2歳S エフティマイア 2 13 0 ハートオブクィーン 5 10
福島記念 アルコセニョーラ 5 1 760 ヨイチサウス 8 14
エリザベス女王杯 スイープトウショウ 2 3 210 ダイワスカーレット 1 1
東スポ杯2歳S コスモコマンダ 15 14 0 タケミカヅチ 4 5
マイルCS アグネスアーク 2 4 0 フサイチリシャール 6 12
京阪杯 カノヤザクラ 2 3 240 ブラックバースピン 3 4
JCダート フサイチホウオー 5 11 0 ヴァーミリアン 1 1
ジャパンカップ ウオッカ 2 4 0 メイショウサムソン 1 3
合計  10キル 4クル 【 2-0-2-6 】 1720  4クル 【 3-0-1-6 】
年間成績  111キル 31クル【14-6-11-80】 15790  46クル【24-12-10-66】

随分遅くなりましたが、11月のキルトクール成績です。

とにかく的中の程度が悪いですね〜〜(^^;
当たりらしい当たりもファンタジーSぐらいですが、これも2着は1番人気だったですし。PATに入金を繰り返す日々がうなずける結果だなと。。。

2007年12月11日

第2回阪神カップ(G2)登録馬

第2回阪神カップ(G2)登録馬は以下の通り。

アグネスラズベリ、アズマサンダース、アポロティアラ、アルーリングボイス、アルビレオ、アンバージャック、アンブロワーズ、ウインレックス、エイシンドーバー、エムエスワールド、カネトシツヨシオー、キンシャサノキセキ、コスモシンドラー、コスモフォーチュン、コスモラブシック、コパノフウジン、サイキョウワールド、サヨウナラ、シンボリエスケープ、シンボリグラン、ジョリーダンス、スーパーホーネット、スクールボーイ、スズカフェニックス、スターイレブン、ステキシンスケクン、ストーミーカフェ、スピニングノアール、スリープレスナイト、セフティーエンペラ、タイキヴァンベール、タガノデンジャラス、ダイワパッション、ダンスフォーウィン、テンイムホウ、トーセンザオー、トールハンマー、トウショウカレッジ、ドラゴンウェルズ、ナリタシークレット、ニシノデュー、ハリーズコメット、ブルーメンブラット、ファイングレイン、フサイチリシャール、フレンドシップ、ブルーショットガン、ブルーメンブラット、プリサイスマシーン、プリンセスルシータ、ペールギュント、マイネルアルビオン、マイネルシーガル、マイネルハーティー、マイネルフォーグ、マイネルボウノット、マイネルレーニア、マヤノライジン、マンオブパーサー、メイショウサライ、ロードマジェスティ、ローレルゲレイロ、ワイルドシャウト、ワイルドスナイパー、ワキノエクセル、ワンダーハヤブサ、ヴリル、以上66頭

すごい頭数っすね。
もうビックリ!!(゚Д゚)

2007年12月10日

第59回朝日フューチュリティS(G1)結果

単勝3番人気ゴスホークケンが先手を奪うとそのまま逃げ切り。
2着には10人気レッツゴーキリシマ、3着に4番人気キャプテントゥーレがそれぞれ入線。1番人気だったスズジュピターは差し届かず5着まで。
配当は、馬連8,290円、馬単13,340円、3連複23,810円、3連単 139,620円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。松は頭(/´△`\)!データ消去法もはずれ。

第59回 朝日フューチュリティS(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 ゴスホークケン 1:33.5  
2 3 レッツゴーキリシマ 2 1/2    
3 7 キャプテントゥーレ クビ   ×  
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月09日

朝日杯フューチュリティS(G1)データ分析!2007年版

朝日杯フューチュリティステークス過去10年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
データ消去法PDFファイル




2007年12月08日

第59回朝日フューチュリティS(G1)予想

【出馬表】
第59回 朝日フューチュリティS(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ゴスホークケン 牡 2 55.0 勝浦 正  
1 2 セレスハント 牡 2 55.0 蛯名 正        
2 3 レッツゴーキリシマ 牡 2 55.0 幸 英    
2 4 ドリームシグナル 牡 2 55.0 ルメール      
3 5 ギンゲイ 牡 2 55.0 北村 宏        
3 6 ウイントリガー 牡 2 55.0 四位 洋        
4 7 キャプテントゥーレ 牡 2 55.0 川田 将   ×  
4 8 フォーチュンワード 牝 2 54.0 松岡 正       ×
5 9 スズジュピター 牡 2 55.0 柴田 善 ×
5 10 エーシンフォワード 牡 2 55.0 福永 祐 ×    
6 11 ヤマニンキングリー 牡 2 55.0 武 豊      
6 12 ミリオンウェーブ 牡 2 55.0 小牧 太        
7 13 スマートギャング 牡 2 55.0 岩田 康        
7 14 アポロドルチェ 牡 2 55.0 後藤 浩  
8 15 ドリームガードナー 牡 2 55.0 吉田 隼        
8 16 サブジェクト 牡 2 55.0 安藤 勝    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月08日

鳴尾記念(G3)買い目

3歳馬vs古馬、随分はっきりした図式になっていますね。
人気を見るとおおむね3歳馬の方が有力視されている模様。さて、どうしましょう?

外回りの1800mになったのは昨年からですし、その昨年のレースを振り返ったところでスローペースの前残りというだけでなんの収穫もありはしませんでした。こういう材料に乏しいレースを考えるときの自分は、とりあえず3歳馬は過剰人気なので軽視、という極端な思考に走って無駄な黒星を増やすタイプの人ですwww
有馬記念が視野に入り、PAT成績の大幅な赤字を目にするにあたり、短慮は避け一つでも勝ち星を!の気持ちで熟考してみます。

本命は[7]フィールドベアー
先週の阪神JFでは、1着馬父父トニービン、3着馬母父トニービン。となると母父トニービンの本馬にも十分出番が!!
いやー短慮丸出しっ!(ノ∀`)アチャー
対抗は[13]アドマイヤフジ。宝塚記念ぐらい走ればこのメンバーなら楽勝かもしれませんし、アンチ利一としては納得いかない部分もあるものの熟考の結果ということでw
【買い目】は[7][13][12][1]の馬連ボックス。
キルトクール
キルトクール】はレインダンス
いくら3歳牝馬の活躍が目覚しいとはいえ、全部が全部というわけには。。。ねぇ?

2007年12月05日

第59回朝日フューチュリティS(G1)登録馬

第59回朝日フューチュリティS(G1)登録馬は以下の通り。

アグネスクリスタル、アポロドルチェ、ウイントリガー、エーシンフォワード、オーロマイスター、キャプテントゥーレ、ギンゲイ、ゴスホークケン、サブジェクト、シルクストレングス、スズジュピター、スマートギャング、スマートファルコン、セレスハント、ダンジグマスター、ドリームガードナー、ドリームシグナル、ノットアローン、フェイムロバリー、フォーチュンワード 、マルターズオリジン、ミスティフォレスト、ミッキーチアフル、ミリオンウェーブ、ヤマニンキングリー、レインボーペガサス、レッツゴーキリシマ、以上27頭

牝馬の登録が数頭あります。なんでっ!!?
と思ったら、2004年からそうなっていたようです。
なーんだ、そっかそっか( ´ー`)y-~~
って「セン馬」どーすんだ!!?
玉無しは用無しってこと!!!!?ガ━━━━ΣΣ(゚Д゚;)━━━━━ン!!!!


2007年12月03日

第59回阪神ジュベナイルF(G1)結果

単勝3番人気トールポピーが見事な差し切り。角居厩舎は昨年のウオッカに続き連覇。見事!
2着には8人気レーヴダムール、3着に2番人気エイムアットビップがそれぞれ入線。1番人気だったオディールは差し脚届かず4着まで。
配当は、馬連5,440円、馬単9,100円、3連複13,320円、3連単65,920円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。データ消去法はお休みしましたm(__)m

第59回 阪神ジュベナイルF(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 15 トールポピー 1:33.8      
2 9 レーヴダムール クビ      
3 10 エイムアットビップ 1/2    
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月02日

中日新聞杯(G3)買い目

[18]マイネルキーロフから。
53.0kgの軽量を生かして先行力を発揮できれば、チャンス十分。今度は勝ちたい[6]マイハッピークロスを筆頭にして、相手は斤量に恵まれた感のある3歳馬を中心に[8][13][16]。
[18][6]軸からの馬連フォーメーションで。
キルトクール
キルトクール】はマイネルポライト
材料乏しく、これなら人気の3歳馬の方があるかなと。

2007年12月02日

第59回阪神ジュベナイルF(G1)予想

【出馬表】
第59回 阪神ジュベナイルF(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ヴァリアントレディ 牝 2 54.0 和田 竜        
1 2 トラストパープル 牝 2 54.0 田中 勝       ×
2 3 レジネッタ 牝 2 54.0 武 豊      
2 4 アロマキャンドル 牝 2 54.0 藤田 伸  
3 5 ニシノガーランド 牝 2 54.0 プラード        
3 6 シャランジュ 牝 2 54.0 村田 一     ×  
4 7 マイネブリッツ 牝 2 54.0 川田 将        
4 8 ハートオブクィーン 牝 2 54.0 小野 次      
5 9 レーヴダムール 牝 2 54.0 藤岡 佑      
5 10 エイムアットビップ 牝 2 54.0 福永 祐    
6 11 オディール 牝 2 54.0 安藤 勝
6 12 グラーフ 牝 2 54.0 北村 浩        
7 13 カレイジャスミン 牝 2 54.0 北村 宏      
7 14 ラルケット 牝 2 54.0 パスキエ      
7 15 トールポピー 牝 2 54.0 池添 謙      
8 16 ヤマカツオーキッド 牝 2 54.0 ホワイト        
8 17 エイシンパンサー 牝 2 54.0 岩田 康    
8 18 エフティマイア 牝 2 54.0 蛯名 正 × ×    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。


2007年12月01日

阪神ジュベナイルF(G1)データ分析!2007年(休)

先週のジャパンカップに引き続き、こちらも今年もお休みということにさせていただきます。
勝手ばかり述べまして重ねて申し訳ありませんm(__)m