2010年01月31日

第24回根岸ステークス(G3)予想

【出馬表】
第24回 根岸ステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ショウワモダン 牡6 56.0 江田 照        
1 2 ワンダーポデリオ 牡6 56.0 柴山 雄      
2 3 ダイワディライト 牡6 56.0 後藤 浩 ×  
2 4 セレスハント 牡5 56.0 吉田 隼        
3 5 セイクリムズン 牡4 55.0 幸 英 ×      
3 6 ゼンノグッドウッド 牡7 56.0 三浦 皇        
4 7 ワイルドワンダー 牡8 56.0 蛯名 正     ×
4 8 グロリアスノア 牡4 55.0 小林 慎      
5 9 サマーウインド 牡5 56.0 武 豊
5 10 ヒシカツリーダー 牡6 56.0 北村 宏        
6 11 ケイアイテンジン 牡4 55.0 藤田 伸  
6 12 グリフィンゲート 牡4 55.0 田中 勝      
7 13 オーロマイスター 牡5 56.0 吉田 豊       ×
7 14 ビクトリーテツニー 牡6 56.0 横山 典        
8 15 ミリオンディスク 牡6 57.0 村田 一      
8 16 スーニ 牡4 58.0 川田 将
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[9]サマーウインド。とにかくスピードが違う。あとは東京の1400がどうか。
対抗は[2]ワンダーポデリオ。逆にこちらは東京1400がベストの条件。狙え!重賞制覇。
あとは[11][3][8][5]まで。【買い目】は上位2頭からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はスーニ。JRAでの最高実績はOP2着、それはおろか実質500万勝ちなのだが。。。

◆おがQ◆
連勝中の勢いにあやかってみます。
◆テキサス◆
JRAへ転入後3連勝中で、前走5馬身差圧勝のサマーウインドが人気ですが、1400mではまだ未知数のため対抗まで、本命はその1400mでの強さが光るケイアイテンジンでいきます。しかし、人気馬中心になったが難解だなぁ〜。
◆たかQ◆
本命はダイワディライト。前走は57.5の斤量、今回は軽くなるので、ここは改めて。人気も手頃なので。相手はスーニから人気サイドを。

2010年01月31日

京都牝馬ステークス(G3)予想

前走重賞敗退か条件勝ちという極端なメンバー構成。力関係の量り方が鍵。
本命は[6]ザレマ。状態は言うことなし。あとは力を出し切るだけ。
相手は[1]マイネレーツェル。内からスルスルと、のイメージ。
あとは[7][4][8][15]。【買い目】は[6]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はブラボーデイジー。ハナ争いも厳しそうで。

2010年01月30日

東京新聞杯(G3)予想

面子を見るとどの馬も勝てるチャンスがありそうで極めて難解。展開の見極めが鍵になりそう。

本命は[6]マイネルファルケ。近2走大変よく持ち味を出している。特に前走は着順こそ芳しくないものの先行勢で粘ったのは同馬だけ。鞍上が変わるものの引き続き期待。
相手は[7]キャプテンベガ。前走は人気を裏切った形だが、位置取りがそのまま着順になっただけ。基本的に条件はベスト。あとは[4][2][3][10]。
【買い目】は上位2頭から馬単流しマルチ。

キルトクール株式会社
【キルトクール】はエーシンフォワード。近3走が3連対で鞍上は全部違うという内容。しかし今回は先生だけに。。。
すみません。変えます m(__)m
キルトクール】はスマイルジャック。この鞍上を忘れてましたw

2010年01月29日

第51回アメリカジョッキークラブカップ(G2)結果

1着は単勝5番人気ネヴァブション、2着には9番人気シャドウゲイト、3着には3番人気のトウショウシロッコがそれぞれ入線。
馬連10,990円、馬単20,820円、3連複14,110円、3連単111,460円と波乱の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第51回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 9 ネヴァブション 2:12.6
2 13 シャドウゲイト クビ
3 2 トウショウシロッコ 3 1/2
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 1 1 0 0
最高配当 1,380 630 0 0

的中回数 0 0 1 0
最高配当 0 0 1,360 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


2010 4戦中1的中 4戦中1的中 3戦中1的中 4戦中0的中
最高1,380 最高630 最高1,360 最高0
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年01月24日

第51回アメリカジョッキークラブカップ(G2)予想

【出馬表】
第51回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 デルフォイ 牡4 56.0 藤岡 佑  
2 2 トウショウシロッコ 牡7 57.0 吉田 豊
3 3 ビエンナーレ 牝7 55.0 勝浦 正        
4 4 キャプテントゥーレ 牡5 58.0 ルメール
4 5 ドットコム 牡5 57.0 吉田 隼        
5 6 ベルモントルパン 牡6 57.0 木幡 初 × × × ×
5 7 マイネルキッツ 牡7 59.0 松岡 正    
6 8 ゴールデンダリア 牡6 57.0 柴田 善      
6 9 ネヴァブション 牡7 58.0 横山 典      
7 10 ダイワワイルドボア 牡5 57.0 北村 宏        
7 11 アルコセニョーラ 牝6 55.0 武士沢 友        
8 12 アドマイヤコマンド 牡5 57.0 後藤 浩    
8 13 シャドウゲイト 牡8 58.0 田中 勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[4]キャプテントゥーレから。距離が?みたいに言われていますが、メンバー薄いここは勝たなきゃダメ。
相手は[1]デルフォイ。久々の前走がタイム差なしの4着。1F伸びる今回は終いまでしっかりいけそう。あとは[2][8][6]。
【買い目】は3連複BOX。
キルトクール株式会社
キルトクール】はネヴァブション
昨年勝ち馬で中山巧者。でもゴッホの後釜には物足りない。

◆おがQ◆
昇級馬を除けば、前走連対したのは一頭だけ。その昇級馬も、連勝ではないしなー。
◆テキサス◆
命はアドマイヤコマンド。長期休養明けでどこまで能力を発揮できるか未知数ですが、この馬の能力はかなりのものと見ています。GT馬2頭にも匹敵するかと思います。対抗にマイネルキッツで、単穴にはキャプテントゥーレとしました。GT馬の格でここは好走を期待したいです。
◆たかQ◆
また寒くなって来ましたね早く初的中して馬券的正月を迎えたいものです。本命はトウショウシロッコ。中山金杯ではタイム差無しの2着。近走も堅実な走りでコースとの相性も良し。今ひとつ勝ちきれない印象ですが、ここでも馬券に絡んでくるでしょう。相手はキャプテントゥーレから人気サイドを中心に。

2010年01月23日

平安ステークス(G3)予想

本命は[5]ダイシンオレンジ。前走勝ち方に大変好感。そのまま再現すればここでも十分勝ち負け可かと。
相手は[7]ネイキッド。実績は薄いですがもうちょっとやれていい馬。条件はベスト。あとは[13][1][4][11]。
【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアドバンスウェイ
ハナでこそ。強力な同型もいるし鞍上もそこまで強引には。。。(´・ω・`)

2010年01月23日

第57回日経新春杯(G2)結果

1着は単勝2番人気メイショウベルーガ、2着には1番人気トップカミング、3着には12番人気のレッドアゲートがそれぞれ入線。
馬連630円、馬単1,360円、3連複23,560円、3連単89,590円の決着。

メンバー予想はおがQさん、テキサスさんが今年初的中(^^

第57回 日経新春杯(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 12 メイショウベルーガ 2:24.4
2 8 トップカミング
3 9 レッドアゲート        
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 1 1 0 0
最高配当 1,380 630 0 0

的中回数 0 0 1 0
最高配当 0 0 1,360 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


2010 3戦中1的中 3戦中1的中 2戦中1的中 3戦中0的中
最高1,380 最高630 最高1,360 最高0
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年01月17日

第57回日経新春杯(G2)予想

【出馬表】
第57回 日経新春杯(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 インティライミ 牡8 57.5 佐藤 哲        
2 2 マンハッタンスカイ 牡6 56.0 岩田 康      
3 3 テイエムプリキュア 牝7 54.0 熊沢 重   ×    
4 4 サンライズマックス 牡6 57.5 武 豊  
5 5 ドリームフライト 牡6 50.0 酒井 学        
5 6 キングトップガン 牡7 53.0 川田 将      
6 7 ベストメンバー 牡4 56.0 四位 洋      
6 8 トップカミング 牡4 55.0 蛯名 正
7 9 レッドアゲート 牝5 52.0 浜中 俊        
7 10 ゴールデンメイン せ10 56.0 小牧 太  
8 11 セラフィックロンプ 牝6 52.0 宮崎 北 ×   × ×
8 12 メイショウベルーガ 牝5 54.0 池添 謙
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[4]サンライズマックス。トップハンデですが前走の凡走を逆手にとって。
相手は[2]マンハッタンスカイ。追っかけ馬。好走する材料は見当たらないですがそんな時こそ敢えて買って旨味があるタイプ。 あとは[7][12][11]まで。
【買い目】は[4]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はトップカミング。6枠4歳馬は択一ということでwww

◆おがQ◆
ハンデ戦なのに、人気サイドを中心に。もう少し軽ハンデなら、プリキュアを本命にしたかったけどなー
◆テキサス◆
本命はメイショウベルーガ。芝の中距離で安定した成績を残しているこの馬。メンバー構成からここがチャンスと見ます。対抗はトップカミングで、こちらが本命でもいいんですが、鞍上には個人的に大分痛い目に遭いましたので、本命にはできません(T_T)以下はハンデ戦らしく穴っぽいところ狙ってみます。早く今年の初的中が欲しい!
◆たかQ◆
本命はゴールデンメイン。近走の実績からすると斤量54キロはお手頃。ここは狙い目かと。あとは人気サイドから。

2010年01月16日

京成杯(G3)予想

本命は[11]フラガラッハ。前走ダートの未勝利勝ちですが、前々走の芝の新馬戦で見せた切れ味は芝でこそ!を感じさせるもの。中山も向いてそうで。
相手は[5]ログから。マル父制度が消えて久しいがこの父系は応援したい!あとは[13][1][9][12]。
【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアドマイヤテンクウ。いかんせんムラがありすぎ。スタートも下手(´・ω・`)

2010年01月16日

第44回シンザン記念(G3)結果

1着は単勝4番人気ガルボ、2着には9番人気シャイン、3着には10番人気のセレスロンディーがそれぞれ入線。
馬連6,820円、馬単11,170円、3連複40,480円、3連単230,140円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。。。

第44回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 ガルボ 1:34.3
2 9 シャイン -
3 1 セレスロンディー 1 1/4 -
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 1 0 0 0
最高配当 1,380 0 0 0

的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


2010 2戦中1的中 2戦中0的中 1戦中0的中 2戦中0的中
最高1,380 最高0 最高0 最高0
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年01月10日

フェアリーステークス(G3)予想

本命は[16]テイラーバートン。時計、上がり、どちらをとっても頭一つ抜けている。問題は絶対不利な大外枠。でもまー牝馬相手の同斤量ならば普通に回れば勝ち負けでしょう。
ただ相手探しは難解極まりない。
とりあえず中心は[5]ディアアレトゥーサ。1勝馬からはこの馬。びっしり追われてしっかり伸びて牡馬を差し切った前走は勝負強さ際立つ内容。内から馬群を割ってくるイメージ。あとは[4][5][15]まで。【買い目】は[16]から馬単流しマルチ。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアプリコットフィズ。東京マイルの新馬戦圧勝。ただスピードが勝った素軽い感じで時計のかかる中山小回りは微妙。

2010年01月10日

第44回シンザン記念(G3)予想

【出馬表】
第44回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 セレスロンディー 牡3 56.0 浜中 俊      
1 2 ピサノユリシーズ 牡3 56.0 四位 洋  
2 3 クレバーサンデー 牡3 56.0 国分 恭        
2 4 ガルボ 牡3 56.0 池添 謙    
3 5 ブイコナン 牡3 56.0 小牧 太      
3 6 メイショウカンパク 牡3 56.0 武 豊        
4 7 シャイン 牡3 56.0 和田 竜        
4 8 レト 牡3 56.0 木幡 初     ×
5 9 キョウエイアシュラ 牡3 56.0 三浦 皇  
5 10 エスカーダ 牡3 56.0 秋山 真   ×    
6 11 シゲルモトナリ 牡3 56.0 北村 友        
6 12 マイネアロマ 牝3 54.0 岩田 康 ×      
7 13 カネトシディオス 牡3 56.0 藤田 伸    
7 14 タガノパルムドール 牝3 54.0 藤岡 康        
8 15 エーシンホワイティ 牡3 56.0 安藤 勝      
8 16 ケイエスケイト 牡3 56.0 佐藤 哲        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[2]ピサノユリシーズ。終いのキレはピカイチだがスタートの悪さもピカイチ。ただ京都外廻りで終い勝負をするには最高の枠に入ったね。
対抗は[5]ブイコナン。未勝利クラス時に京都1600を2戦して、いずれも敗退したものの1:34秒台で走破。スムーズに先手を取って流れに乗ればあわやもあり。あとは[13][4][12]まで。
【買い目】は上位2頭からそれぞれ馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキョウエイアシュラ。この鞍上は買いませんって!

◆おがQ◆
千二しか経験ない馬を敢えて本命にしてみます。しかし、俺の距離適性判断は、裏目に出る事が多いからなー
◆テキサス◆
(お休み)
◆たかQ◆
本命はエーシンホワイティ。前走朝日杯は9着ながらも、上がりはメンバー最速。サクラバクシンオー産駒でも1600は対応可能かと。相手は人気どころからちょこちょこと。

2010年01月06日

第48回京都金杯(G3)結果

1着は単勝5番人気ライブコンサート、2着には1番人気スマートギア、3着には13番人気のレインダンスがそれぞれ入線。
馬連1,380円、馬単4,230円、3連複31,060円、3連単193,260円の決着。

メンバー予想はまる松が新春初当たりゲッツ。

第48回 スポーツニッポン賞京都金杯(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 ライブコンサート 1:34.1
2 5 スマートギア 1/2
3 8 レインダンス アタマ
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 1 0 0 0
最高配当 1,380 0 0 0

的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


的中回数 0 0 0 0
最高配当 0 0 0 0


2010 1戦中1的中 1戦中0的中 1戦中0的中 1戦中0的中
最高1,380 最高0 最高0 最高0
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年01月05日

中山金杯(G3)予想

本命は[15]サニーサンデー。前走2番手から抜け出し重賞制覇。好位から抜け出す脚は中山向き。ここでも勝ち負け。
相手筆頭は[9]トウショウウェイヴ。東京だと速い上がりが出せるのに他場では全くダメという無類の東京専用機。ただ鞍上替わって新味が出るなら美味しい。あとは[4][5][12]まで。
【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はヒカルカザブエ。中山は未知数な部分多い上に小回りが良いとは思えない。

2010年01月04日

第48回京都金杯(G3)予想

【出馬表】
第48回 スポーツニッポン賞京都金杯(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 トレノジュビリー 牡7 56.0 小牧 太      
1 2 ティアップゴールド 牡4 53.0 池添 謙      
2 3 クラウンプリンセス 牝6 54.0 太宰 啓  
2 4 サンレイジャスパー 牝8 52.0 難波 剛        
3 5 スマートギア 牡5 57.0 武 豊
3 6 ヤマニンエマイユ 牝7 53.0 赤木 高   ×    
4 7 ライブコンサート せ6 57.0 岩田 康      
4 8 レインダンス 牝6 53.0 藤岡 康      
5 9 アーリーロブスト 牡4 55.0 武 幸     ×  
5 10 グッドキララ 牡6 53.0 四位 洋       ×
6 11 ブラボーデイジー 取消 牝5 54.0 川田 将        
6 12 マイネルファルケ 牡5 57.0 和田 竜 ×  
7 13 タマモサポート 牡5 57.0 津村 明      
7 14 ドラゴンファング 牡5 56.0 浜中 俊  
8 15 マイネルレーニア 牡6 57.0 佐藤 哲        
8 16 フィールドベアー 牡7 57.0 秋山 真        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本年一発目のメンバー予想です。今年もよろしくお願い致します。
本命は[5]スマートギア。重賞では一歩足りない競馬がつづく同馬。しかも後方追走が定位置な上マイル以下は初経験ときたもんだ。ただ終いは確実!しかも流れは向きそうなのでエンジンかかるのが多少遅くても直線のみで差し届くと値踏み。
相手は最内強襲期待の[2]ティアップゴールドを筆頭に差し馬重視で[3][7][12]まで。
【買い目】は[5]からの馬単マルチ。
キルトクール株式会社
キルトクール】はドラゴンファング。マイルG1を逃げ粘った馬を番手から伺いつつ後ろの差し馬を凌ぐ仕掛け所が要求される厳しい展開。無理(゚听)

◆おがQ◆
昨年は、人気サイドばかりで勝負する事が多かったのですが、虎穴に入らずんば虎子を得ず!ということで人気薄での勝負を増やしたいと思います。でも、1番人気は切れないんだろうなー。
◆テキサス◆
去年の有馬記念を見事三連単的中で終わって、まさに有終の美を飾った感慨にふける間もなくもう金杯となりました。本命はクラウンプリンセスで、マイルはこの馬にとってベストの条件と見ます。前走少し負け過ぎなのは気になりますが、ちっちゃいことは気にしな〜い。対抗はスマートギアで、格はこちらの方が上ですが、どうしても鞍上ともども勝ちきれない近走を見て対抗まで。今年もトップと高配当目指して行ってみよ〜う!
◆たかQ◆
メンバー構成、ハンデ、非常に難解なレースですね。高配のニオイがします。本命はスマートギア。このメンバーなら勝ち負けかと。相手はマイネルファルケ。自分のリズムで前に行ければ、ここでも粘るかと。あとは高配を狙って。

2010年01月02日

謹賀新年!2010

あけましておめでとうございます。

おかげ様で昨年はたくさんの方々においでいただくことができました。ありがとうございました。

毎年のことですが、秋のG1では当ブログのメインコンテンツである消去法をまともに実践できた試しがありません。今年こそはなんとか充実させたいという思いでいます!。。。ってホントかな〜〜(^^;

本年もよろしくお願い申し上げます。