2010年03月28日

第40回高松宮記念(G1)予想

【出馬表】
第40回 高松宮記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 セブンシークィーン 牝4 55.0 北村 友        
1 2 アイルラヴァゲイン 牡8 57.0 秋山 真        
2 3 アルティマトゥーレ 牝6 55.0 横山 典
2 4 ショウナンカザン 牡6 57.0 柴田 善        
3 5 トウショウカレッジ 牡8 57.0 川田 将     ×  
3 6 キンシャサノキセキ 牡7 57.0 四位 洋
4 7 カノヤザクラ 牝6 55.0 小牧 太        
4 8 エーシンエフダンズ 牡6 57.0 佐藤 哲       ×
5 9 ファイングレイン 牡7 57.0 勝浦 正      
5 10 ヘッドライナー せ6 57.0 酒井 学   ×    
6 11 エイシンタイガー 牡4 57.0 池添 謙      
6 12 グランプリエンゼル 牝4 55.0 熊沢 重      
7 13 サンカルロ 牡4 57.0 吉田 豊 ×    
7 14 スズカコーズウェイ 牡6 57.0 古川 吉        
7 15 プレミアムボックス 牡7 57.0 幸 英    
8 16 エーシンフォワード 牡5 57.0 岩田 康    
8 17 ビービーガルダン 牡6 57.0 安藤 勝   ×  
8 18 ピサノパテック 牡8 57.0 田中 勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
昨日の2重賞は、指名馬が上位3頭をキレイに締めたにも関わらず、ボタンの掛け違いで小額配当。。。今日こそ絞って大きく狙いたい。
本命は[3]アルティマトゥーレ。この一族は狙うと来ない、指名するとドンガバチョする鬼門の血筋。しかし脚質と絶好枠とを考慮するとV最短は同馬かと。
相手は[12]グランプリエンゼル。NHKマイル好走馬は1200向き。
そして[16]エーシンフォワード。本命馬との差は枠順の違い。でもスムーズに運べる外枠は帰ってプラスとも。あとは[17][13]まで。
【買い目】は上位3頭から馬単フォーメーション。。。って全然絞ってないしw
キルトクール株式会社
キルトクール】はキンシャサノキセキ
前走勝利はこの馬にしては珍しい好発と渋った馬場の助け。あっけない凡走があってもおかしくはないタイプ。

◆おがQ◆
当たるとデカイ大混戦!と思ってたのだが、上位三頭がそこそこ人気してますな。結局人気サイドを切れない、いつもの自分がいます。
◆テキサス◆
本命はキンシャサノキセキ。重賞3連勝の勢いを駆ってGTのここも確勝とみます。対抗はアルティマトゥーレ。馬場の荒れた内枠が引っかかりますが、実力はGT級、もちろん逆転あるかも。外枠からの差し馬でプレミアムボックスは▲。復調気配のファイングレインを△。前走度外視のビービーガルダンは×で。そして、もう1頭穴候補にできのいいトウショウカレッジを狙っていきます。花粉症からやっと復調してきたので、ここで一発競馬も勝利といきたいものです、
◆たかQ◆
本命はプレミアムボックス。前に行く馬が多いメンバー構成。成績に関係なく毎レース最速の上がりをマークしている本馬の末脚に期待します。相手は重賞3連勝中のキセキから穴は人気してないエイシン、エーシン丼で。

2010年03月28日

マーチステークス(G3)予想

つづいて毎日杯。
[8]フサイチピージェイ。ダートではまだ底を割っていない同馬。そろそろ大きいところ狙いにいきたいところ。はずみをつけろ!
相手は[2]マイディアサン。好位から卒のない競馬が持ち味。ここでも。
あとは[3][12][11]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はモンテクリスエス。ダートは本当にいけんの?まだ分かんないと思うんだけど。

2010年03月28日

第40回高松宮記念(G1)データ消去法!

高松宮記念過去14年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
高松宮記念 <PDFファイル



■ステップレース
過去14年の連対馬について前走着順を分類すると次のようになる。
・阪急杯(G3):12頭
1着(3頭)-2着(4頭)-3着(2頭)-4着以下(3頭)
・シルクロードS(G3):8頭
1着(4頭)-2着(0頭)-3着(2頭)-4着以下(2頭)
・オーシャンS(G3):1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・スプリンターズS(G1):1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・芝1600m以上重賞:4頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(1頭)-4着以下(2頭)
・ダート戦(G1):2頭
1着(0頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(2頭)

【阪急杯】が12頭で最多。最重要のステップレース。
取捨の目安は3着以内。
4着以下に敗退していたのは08年2着キンシャサノキセキ、05年優勝馬アドマイヤマックス、03年優勝馬ビリーヴの3頭。
いずれも前々走も大敗であるものの、芝G1で3着以内の実績がある。

ついで【シルクロードS】の8頭。
取捨の目安は3着以内。
4着以下に敗退していたのは99年優勝馬マサラッキと98年2着ワシントンカラーの2頭。
いずれも前々走も大敗なものの、芝1200mで重賞勝ち実績がある。

【オーシャンS】からは1頭。
実績は勝ち馬のみ。OP時代の02年優勝馬ショウナンカンプで、G3に格上げ以降はまだない。

前年秋のG1【スプリンターズS】からは1頭。
実績は勝ち馬のみ。09年2着スリープレスナイト。休養明けぶっつけは厳しい。

芝[1600m以上]重賞から4頭。
着順不問。芝1600以下のG1で3着以内の好走歴があること。

ダート路線からは2頭。
着順不問。ただ、いずれも前走はG1で初ダート、かつ、前々走は芝の短距離G1で3着以内に好走していること。
近2走ともダートを使用している馬は少なくないがいずれも不振。ダート馬では通用しない。

<消去馬>
アイルラヴァゲイン、エイシンタイガー、エーシンエフダンズ、カノヤザクラ、グランプリエンゼル、ショウナンカザン、スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、ファイングレイン、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■休養馬
休養は3ヶ月以内であること。
3ヶ月を超えていたのは4頭で、09年2着スリープレスナイト、06年2着ラインクラフト、04年2着デュランダル、99年2着シーキングザパール。3着まで見ても00年アグネスワールド1頭が加わるのみ。
全馬そうそうたるG1勝ち馬であり、かつ休養前の前2走内でG1で3着以内の好走実績がある。
休養明けは生半可では通用しない。
<消去馬>
カノヤザクラ

■近走成績
(1)前2走内に3着以内の好走があること。
前2走とも4着以下だった場合、G1で3着以内の好走実績あるいは3前走が重賞勝ちであること。
(2)前2走内でOP戦及び条件戦の使用があったのは6頭。
そこでの成績はOP戦なら連対、条件戦なら優勝が必須。3着以下の敗退は許されない。
<消去馬>
スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■芝[1200m以下]実績
(1)出走経験があれば連対実績があること。
連対実績がなかったのは、05年優勝馬アドマイヤマックスと00年優勝馬キングヘイローの2頭。
芝重賞の優勝かつスプリントG1で3着以内の実績があること。
(2)芝1200m以下が未経験だったのは06・07年の連対馬の4頭。
芝1600以下の重賞で連対実績があること。
<消去馬>
エーシンフォワード、スズカコーズウェイ

■全成績
連対率4割が目安。
これを下回っていたのは、08年2着キンシャサノキセキ、07年2着ペールギュント、05年優勝馬アドマイヤマックス、同2着キーンランドスワン、02年2着アドマイヤコジーンの5頭。
芝G1で3着以内の好走実績があること。
また、芝レースに関して、未経験・未勝利・1勝馬については連対実績は皆無である。
<消去馬>
サンカルロ、スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■中京芝成績
ローカルG1だけにコース実績はあまり重要なファクターとはなっていない。
明らかに巧者だったと言えるのは03年2着、04年優勝馬サニングデールぐらい。
良績があるに越したことはないが、積極的に判断する材料とまでは言えない。

■重賞実績
重賞勝ちが目安。
重賞ウィナーでなければ(1)芝G1で3着以内の実績があること(2)前走芝重賞で3着以内あるいは前走OP戦で勝利している、のいずれか。
<消去馬>
エイシンタイガー、ショウナンカザン、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、ヘッドライナー


以上、条件を完全にクリアして残った馬は
アルティマトゥーレ
キンシャサノキセキ
ビービーガルダン

わずかに3頭。頭数は少ないですが結構な面子です(^^

第39回高松宮記念(G1)の消去結果
第38回高松宮記念(G1)の消去結果
第37回高松宮記念(G1)の消去結果
第36回高松宮記念(G1)の消去結果
いまだ的中なし。。。5年目の今年はなんとかしたい!!

2010年03月27日

日経賞(G2)予想

まずは古馬戦。日経賞から。
[8]エアシェイディ。勝ち切れてないものの差のない競馬をつづけています。有馬3着はフロックか。
相手は[13]トーセンクラウン。中山での近2走が激走。ここでも。
あとは[1][6][15]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はネヴァブション。前走ドンガバチョにへこたれず引き続き指名。手替わりはマイナスでしょう!

つづいて毎日杯。
[1]ザタイキ。引き続き応援。ここからクラシックロードへのっていくのかい?個人的にはマイル路線へ進んでほしいのだが。
相手は[7]ミッキードリーム。外廻りはおもしろい存在。
あとは[4][9]まで。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はルーラーシップ。本物かどうかはココで判断。様子見。

2010年03月23日

第58回阪神大賞典(G2)結果

1着は単勝5番人気トウカイトリック、2着には4番人気ジャミール、3着には1番人気のメイショウベルーガがそれぞれ入線。
馬連1,820円、馬単4,540円、3連複2,910円、3連単21,070円の決着。

メンバー予想はおがQさん的中。

第58回 阪神大賞典(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 13 トウカイトリック 3:07.3 ×  
2 6 ジャミール クビ ×  
3 11 メイショウベルーガ ハナ  
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 2 1 0
最高配当 0 2,740 1,360 0


的中回数 2 1 0 0
最高配当 2,010 2,910 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 12戦中4的中 12戦中6的中 11戦中1的中 11戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高1,360 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年03月21日

第58回阪神大賞典(G2)予想

【出馬表】
第58回 阪神大賞典(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 イコピコ 牡6 57.0 川田 将
2 2 ウィルビーキング せ6 57.0 四位 洋        
3 3 シグナリオ 牡6 57.0 三浦 皇 ×      
3 4 テンシノゴールド 牡7 57.0 吉田 稔      
4 5 ニホンピロレガーロ 牡7 57.0 酒井 学       ×
4 6 ジャミール 牡4 56.0 安藤 勝 ×  
5 7 ベルウッドローツェ 牡4 56.0 的場 勇        
5 8 コパノジングー 牡5 57.0 藤岡 佑        
6 9 ドリームフライト 牡6 57.0 国分 恭        
6 10 ホクトスルタン 牡6 57.0 武 豊    
7 11 メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添 謙  
7 12 ゴールデンメイン せ10 57.0 太宰 啓      
8 13 トウカイトリック 牡8 57.0 藤田 伸 ×  
8 14 アサクサキングス 牡6 58.0 岩田 康  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[10]ホクトスルタンから。前走は驚きの粘り。キルトクール指名だったので思わず冷汗でしたが、京都外廻りを粘り込んだのは見事。叩き2走目で引き続き。
相手は[13]トウカイトリック。阪神がどうかというところはありますが、この面子ならばチャンスは十分。あとは[6][4][3]まで。
【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はイコピコ
積極的に買える条件が良く分からないのが本音。ただ阪神内廻りで考えると、有馬を見る限り坂のある小回りは不得手かと。

◆おがQ◆
このレースが、春天の前哨戦なのでしょうか?本命不在の大混戦かと!でも、バカ荒れはしないと信じて、人気サイドでイキマスカ。
◆テキサス◆
ほんのちょっと前まではこのレースの結果が即天皇賞(春)の結果につながっていたのに、それも今や昔のこと……なんだか世の無常を感じざるを得ない近年の長距離GTへの道程ですが、ここはトライアルと割り切って本命はイコピコで。本番ではいかにも危険な気もしますが、阪神コースなら神戸新聞杯の再現もあるかと。対抗は迷いましたが、昨年の勝ち馬アサクサキングスで。少し間隔を開けたのが吉とでるとみます。
◆たかQ◆
本命はトウカイトリック。ベテランですが、今だに長距離競走では侮れない存在。ここも大崩れしないでしょう。相手はメイショウベルーガ、イコピコの有力馬から穴っぽいところ。

2010年03月20日

スプリングステークス(G2)予想

[3]ローズキングダム。しょうがないでしょう。余計なことは考えずに相手探しに注力しますw
まずは[11]サンライズプリンス。中京で2連勝も、好位からスッと抜け出す脚は中山向き。
あとは[12][6][14]まで。【買い目】は3連単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアリゼオ
中山でのOP勝ちがあるが基本広いコース向きに思え。

2010年03月20日

フラワーカップおよびファルコンステークス(G3)予想

[11]コスモネモシン。前走激走も、引き続き状態も良くもう一発。
相手は[12]オウケンサクラ。中山では器用さが足りない気もするがうまく立ち回れば決め手は上位。
あとは[9][1][6]まで。【買い目】は[11]から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はシンメイフジ。あまりにも終い勝負で、小回りはどうかと。

[7]ダッシャーゴーゴー。前走はマイルで相手も強く完敗。守備範囲のここで復権。
相手は[10]ドリームフォワード。前走エーシンに競り勝ち。この距離このコースでチャンス再び。
あとは[3][15][8]まで。【買い目】は[7]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキョウエイアシュラ。一発の怖さがあるが、いかんせん脚質に融通がきかなくて。

2010年03月19日

第44回フィリーズレビュー(G2)結果

1着は単勝9番人気サウンドバリアー、2着には1番人気ラナンキュラス、3着には5番人気のレディアルバローザがそれぞれ入線。
馬連4,880円、馬単14,430円、3連複11,000円、3連単86,630円の決着。

メンバー予想はおがQさん的中。

第44回 フィリーズレビュー(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 サウンドバリアー 1:22.8   ×    
2 15 ラナンキュラス ハナ
3 3 レディアルバローザ クビ      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 2 1 0
最高配当 0 2,740 1,360 0


的中回数 2 0 0 0
最高配当 2,010 0 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 11戦中4的中 11戦中5的中 10戦中1的中 10戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高1,360 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年03月14日

第44回フィリーズレビュー(G2)予想

【出馬表】
第44回 フィリーズレビュー(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 アマファソン 牝3 54.0 石橋 守        
1 2 ロジフェローズ 牝3 54.0 横山 典    
2 3 レディアルバローザ 牝3 54.0 和田 竜      
2 4 モトヒメ 牝3 54.0 大野 拓        
3 5 サウンドバリアー 牝3 54.0 渡辺 薫   ×    
3 6 テイラーバートン 牝3 54.0 藤岡 佑  
4 7 カレンチャン 牝3 54.0 鮫島 良 ×  
4 8 ステラリード 牝3 54.0 川田 将     ×  
5 9 ソムニア 牝3 54.0 川原 正        
5 10 ケイアイデイジー 牝3 54.0 幸 英        
6 11 ニシノモレッタ 牝3 54.0 浜中 俊     ×
6 12 エリモエポナ 牝3 54.0 池添 謙        
7 13 ハニーメロンチャン 牝3 54.0 武 豊      
7 14 [地]ラブミーチャン 牝3 54.0 浜口 楠    
8 15 ラナンキュラス 牝3 54.0 四位 洋
8 16 パリスドール 牝3 54.0 熊沢 重        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[15]ラナンキュラスから。どうしても後手に回ってしまいますが決め手は数段上。中間もビッシビシに乗り込まれており、単なる権利取りならぬ勝負気配。必勝態勢。
[3]レディアルバローザが対抗。前走は条件勝ちながら牡馬相手で良い内容。引き続き面白い。
あとは[6][11][7]。【買い目】は馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はラブミーチャン。血統からいけばやはりダート色が強いと思うし、ライデンリーダーほどのインパクトもないし、1番人気では手をだしづらい。。。応援はしてますけどね(^^

◆おがQ◆
ダート連勝中の二頭を買うつもりですが、軸にするのはなー。
◆テキサス◆
ラブミーチャンが人気ですが、ここが試金石と見て外します。本命はロジフェローズでいきます。まだ500万条件を勝ったばかりの身ですが、あえて狙ってみます。以下はご覧の通りです。割と人気所からいきます。
◆たかQ◆
本命はテイラーバートン。前走、前々走と重賞で3着。桜花賞に向けてここは負けられないところ。勝ち負けするでしょう。相手は久々のラナンキュラスから、笠松の星ラブミーチャンなど。

2010年03月14日

中山牝馬ステークス(G3)予想

これまた難解。中京記念は真逆の結果だっただけに巻き返したいものの。。。(^〜^;
[15]ブライティアパルスが本命。近2走逃げて2連勝。コースもヤネも違っており内容はかなり濃い。小回りになって斤量もさらに減。ハナさえ切れれば!
相手は[5]レインダンス。追い切りはビッチビチでした。2前走の再現を期待。
あとは[4][8][12]まで。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はザレマ。前走の不可解なダートG1出走はいただけない。

2010年03月13日

中京記念(G3)予想

これは難解。。。オッズを見てもよく分かりますね。
[2]ホワイトピルグリムから。昨年の金鯱賞が秀逸。休み明け3走目でここが勝負どころ。
相手は[10]エアシャトゥーシュ。勝って斤量減は好材料。昇格いきなり重賞チャレンジですが嵌れば勝ち負け。
あとは[14][3][12]まで。【買い目】は馬単ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はシャドウゲイト。必要性を感じない。

2010年03月07日

第47回弥生賞(G2)結果

1着は単勝1番人気ヴィクトワールピサ、2着には2番人気エイシンアポロン、3着には7番人気のダイワファルコンがそれぞれ入線。
馬連400円、馬単600円、3連複2,010円、3連単5,050円の決着。

メンバー予想はまる松、おがQ、たかQさんで的中。

第47回 弥生賞(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 ヴィクトワールピサ 2:06.1
2 3 エイシンアポロン 1/2
3 2 ダイワファルコン 1 3/4 ×      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 1 0 1
最高配当 5,960 630 0 400

的中回数 0 2 1 0
最高配当 0 2,740 1,360 0


的中回数 2 0 0 0
最高配当 2,010 0 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 10戦中4的中 10戦中4的中 9戦中1的中 9戦中1的中
最高5,960 最高4,190 最高1,360 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年03月06日

第47回弥生賞(G3)予想

急遽外泊になりノートPCも使えないので、今回は携帯から随時追記します。
出馬表はありませんm(__)m

【まる松】。
[3]エイシンアポロンから。強いのがいる上に朝日FSから一気の距離延長ですが、クラシックで脇役に甘んじないためにもここは勝ってほしいところ。
相手は[4]ミッションモード。個人的には大物感がある?と思っています。ここが試金石。
あとは[1][10][2]まで。【買い目】は[16]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアドマイヤテンクウ。この馬主はクラシックから締め出したい。

【テキサス】
◎ヴィクトワールピサ○アドマイヤテンクウ▲ダイワバーバリアン△コスモヘレノス×ミッションモード
花粉症がひどくて、予想に今一つ集中が入らない…しかし、こんなんに負けてはいけない!本命はヴィクトワールピサで。ここは堅くいきますが、決めてローズキングダムとの本番での再戦に向けての布石としてほしいです。人気所ではエイシンアポロンを消しとしました。距離が長いとの懸念があります。それにしてもウオッカが負けてしまってショック(T_T)

(以下、コメント欄より転載)
【おがQ】
基本的に人気サイドで決まるレースかな?人気四頭で行くつもりですが、天気が気になります。
◎1ピサ○4ミッション▲3アポロン×13テンクウ

【たかQ】
◎3○1▲13△11×4です。
ヴィクトワールピサが断然人気しているようですね。2000m全勝の実績からも当然のことと思います。が、しかし。ピサから行っては穴党の名が廃ります。て、ことでアポロンから。距離延長が微妙ですが…相手はピサから人気どころを。


2010年03月06日

オーシャンステークス(G3)およびチューリップ賞(G3)予想

レッドディザイアがドバイのG2、アル・マクトゥームチャレンジを勝ちましたね!
めでたい!!同馬には松永幹夫調教師ともどももっともっと活躍してもらいたいですね!

さて、まずは東のオーシャンS。時計の速さは要求されない1200戦。
本命は[10]シャウトライン。パッとしないが決め手で負けているだけ。内容は紙一重。粘り強くいければ。
相手は[8]エーシンエフダンズ。時計がかかれば急浮上しまいかw
あとは[6]シンボリグラン、[4]アイルラヴァゲイン、[1]ピサノパテックまで。
【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキンシャサノキセキ。ムラがあって把握しにくいタイプ。久々で1200のここは敬遠。

つづいてチューリップ賞。
[16]アパパネから。大外枠になっちゃいましたね。内枠に伏兵どころが固まって不気味なもののJF勝ちは力上位。
相手は[10]ベストクルーズ。JFは勝ち馬とほぼ同じ競馬。着順は位置取りの差。より器用に立ち回れば逆転可。
あとは[4][2][7][5]まで。【買い目】は[16]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はオウケンサクラ。卒のない競馬をしているがいまいち良いところが分からない

2010年03月06日

第84回中山記念(G2)結果

1着は単勝13番人気トーセンクラウン、2着には12番人気テイエムアンコール、3着には5番人気のショウワモダンがそれぞれ入線。
馬連18,0800円、馬単40,810円、3連複66,160円、3連単534,940円の決着。

びっくりの大波乱。メンバー予想は全滅。

第84回 中山記念(G2)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 トーセンクラウン 1:51.7
2 5 テイエムアンコール
3 10 ショウワモダン クビ      
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 1 0 0
最高配当 5,960 630 0 0

的中回数 0 1 1 0
最高配当 0 2,740 1,360 0


的中回数 1 0 0 0
最高配当 1,160 0 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 9戦中3的中 9戦中3的中 8戦中1的中 8戦中0的中
最高5,960 最高4,190 最高1,360 最高0
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。