2010年06月27日

第51回宝塚記念(G1)予想

【出馬表】
第51回 宝塚記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 イコピコ 牡4 58.0 岩田 康        
1 2 アーネストリー 牡5 58.0 佐藤 哲    
2 3 ネヴァブション 牡7 58.0 後藤 浩        
2 4 スマートギア 牡5 58.0 和田 竜        
3 5 ナムラクレセント 牡6 58.0 小牧 太        
3 6 セイウンワンダー 牡4 58.0 福永 祐   ×    
4 7 マイネルアンサー 牡6 58.0 川田 将        
4 8 ブエナビスタ 牝4 56.0 横山 典 ×
5 9 ロジユニヴァース 牡4 58.0 安藤 勝    
5 10 ジャガーメイル 牡6 58.0 ウィリアムズ
6 11 トップカミング 牡4 58.0 浜中 俊        
6 12 メイショウベルーガ 牝5 56.0 幸 英       ×
7 13 フォゲッタブル 牡4 58.0 蛯名 正    
7 14 マキハタサイボーグ せ8 58.0 太宰 啓        
7 15 コパノジングー 取消 牡4 56.0 藤岡 佑        
8 16 アクシオン 牡7 58.0 藤田 伸        
8 17 ナカヤマフェスタ 牡4 58.0 柴田 善      
8 18 ドリームジャーニー 牡6 58.0 池添 謙 ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[2]アーネストリー。休み明けだった金鯱賞を難なく勝利。好調度はもちろん、内回りと馬場と枠と3拍子が後押し。嵌れば十分勝ち負け。
対抗は[9]ロジユニヴァース。長期休養明けだった前走を0.3差の6着。差し向きだった展開を考慮すると評価に値する好走。ジョッキー替りも面白い要素。
あとは[10][13][8]。【買い目】は上位2頭の馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はドリームジャーニー。ここまで年内2戦。取りこぼしばかりで昨年のような勢いも感じられず。

◆おがQ◆
ワールドカップの決勝トーナメントの組み合わせが決まり、まだまだ寝不足の日々が続きますが、今年のG1も、前半戦ラスト!気合い入れて行きましょう。天気や休み明け等、不確定要素がグランプリの基本である、自分が世話になった馬中心で勝負します。
◆テキサス◆
本命はブエナビスタ。前走は何とか届いた感じでしたが、間隔を空けた今回は前走以上のパフォーマンスが期待できます。対抗、単穴は明日の馬場を考慮したものとなりました。たぶん明日も大幅に馬場が回復することはないでしょうから……しかし、こういうのがすべて裏目になっているのが、今年のGTなので、自分に自信がもてません。とにかく当てたいので、手広く買います!しかし、まさかワールドカップで日本代表よりイタリア代表が先に負けるなんてショック(T_T)
◆たかQ◆
人気はブエナビスタでしょうが…本命はジャガーメイル。前走の勢いに乗ってここでも勝ち負け。相手はブエナからフォゲッタブル、アクシオン。穴はメイショウベルーガ。ドリームジャーニーは当日の天気、ここまでの過程等から今回は見送ります。

2010年06月26日

第51回宝塚記念(G1)データ消去法!

宝塚記念過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
2010duka.jpgPDFファイル



■ステップレース
過去20年の連対馬40頭について、前走とその着順をまとめてみました。
・【天皇賞(春)】:18頭
 1着(8頭)-2着(3頭)-3着(3頭)-4着以下(4頭)
・【安田記念】:8頭
 1着(1頭)-2着(5頭)-3着(2頭)-4着以下(0頭)
・【金鯱賞】:8頭
 1着(6頭)-2着(2頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・他重賞(芝2000m以上):5頭
 1着(3頭)-2着(0頭)-3着(2頭)-4着以下(0頭)
・他OP(芝2000m以上):1頭
 1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)

春の長距離G1【天皇賞(春)】から最多の半数近い18頭。
取捨の目安は連対馬であること。
3着以下だったのは7頭。3着以下の場合は前々走は芝1800mの重賞で連対実績があること。

春のマイルG1【安田記念】から8頭。
こちらも取捨の目安は連対馬。
3着以下だったのは95年2着タイキブリザード、90年優勝馬オサイチジョージのわずか2頭。
3着以下の場合は前々走を芝1800m以上で(1)重賞なら連対(2)OPなら勝利であること。

G1以外では【金鯱賞】が最多の6頭。
連対が必須。かつ、前々走を芝1800以上の(1)OP以上で連対(2)G1出走のいずれかであること。
3着以下では3着もない。

芝2000m以上の重賞から6頭。
勝ち馬であること。
敗退していたのは07年優勝馬アドマイヤムーン、98年2着ステイゴールドの2頭。
敗退の場合は、3着以内で、かつ前2走内にG1での連対があること。

OP戦(芝2000m以上)から1頭。
94年2着アイルトンシンボリで、前走勝利はもちろん前々走も重賞勝ちであること。他の例はない。

安田記念以外の2000m未満のレース、条件戦及びダートからは皆無。

<消去馬>
アクシオン、イコピコ、スマートギア、セイウンワンダー、トップカミング、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、ナムラクレセント、ネヴァブション、ブエナビスタ、マイネルアンサー、マキハタサイボーグ、メイショウベルーガ、ロジユニヴァース


■性齢
4〜7歳馬が中心。3歳馬は3着までで8歳以上では3着もない。
6・7歳馬の場合は(1)前2走内に芝2000m以上の重賞勝利(2)前2走ともG1出走のいずれかが必要。
また、牝馬は06年優勝馬スイープトウショウと93年2着イクノディクタスの2頭のみ。前走G1で連対が必須。
<消去馬>
ドリームジャーニー、ネヴァブション、マイネルアンサー、マキハタサイボーグ、メイショウベルーガ


■休養馬
3ヶ月以上の休養明けでの連対例は皆無。
<消去馬>
イコピコ、ロジユニヴァース

■近走成績
前2走内の連対実績は必須。
<消去馬>
イコピコ、スマートギア、ドリームジャーニー、ナムラクレセント、ネヴァブション、マキハタサイボーグ、メイショウベルーガ

■芝[2000m以上]実績
未勝利だったのは02年優勝馬ダンツフレームと95年2着タイキブリザードの2頭。
未勝利ならば、芝2000m以上の重賞で連対実績、かつ前走がG1で3着以内であること。
<消去馬>
スマートギア、セイウンワンダー

■阪神芝コース実績
2走以上の出走経験があれば優勝実績があること。
無い場合は前走を芝2000m以上の重賞で3着以内。
<消去馬>
マイネルアンサー、マキハタサイボーグ、メイショウベルーガ

■重賞成績
重賞未勝利だったのは、98年2着ステイゴールド、96年2着サンデーブランチ、95年2着タイキブリザードの3頭。
未勝利ならば、重賞での連対実績があり、かつ前走も重賞で3着以内であること。
未出走、あるいは3走以上して連対実績がない場合は3着もない。
<消去馬>
トップカミング、ナムラクレセント、マイネルアンサー


以上の条件を完全にクリアして残った馬

アーネストリー
コパノジングー
ジャガーメイル
フォゲッタブル


以上、4頭
残念ながら取消しが1頭いますので実質3頭です。(^^;

第50回宝塚記念(G1)の消去結果
第49回宝塚記念(G1)の消去結果
第48回宝塚記念(G1)の消去結果
第50回は5頭残しで上位3頭を的中。第49回は2頭残しの1点で的中!!
第48回は6頭を残して的中。人気サイドですが3連勝中!(^^

2010年06月24日

第15回マーメイドステークス(G3)結果

1着は単勝3番人気ブライティアパルス、2着には14番人気セラフィックロンプ、3着には4番人気のテイエムオーロラがそれぞれ入線。
馬連8,410円、馬単14,320円、3連複15,580円、3連単91,010円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第15回 マーメイドステークス(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 9 ブライティアパルス 1:59.5
2 13 セラフィックロンプ クビ × ×
3 3 テイエムオーロラ 1 3/4
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 4 2 0
最高配当 0 2,740 4,450 0


的中回数 3 1 0 0
最高配当 5,060 2,910 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 25戦中5的中 25戦中8的中 24戦中2的中 22戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高4,450 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年06月20日

第15回マーメイドステークス(G3)予想

【出馬表】
第15回 マーメイドステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 マイネレーツェル 牝5 54.0 和田 竜      
1 2 レジネッタ 牝5 56.0 岩田 康    
2 3 テイエムオーロラ 牝4 53.0 国分 恭
2 4 アースシンボル 牝5 50.0 高倉 稜   ×    
3 5 コロンバスサークル 牝4 53.0 田中 勝 ×      
3 6 チャームナデシコ 牝5 53.0 幸 英        
4 7 マイネトゥインクル 牝5 50.0 酒井 学        
4 8 ブラボーデイジー 牝5 56.0 北村 友  
5 9 ブライティアパルス 牝5 53.0 藤岡 康      
5 10 リトルアマポーラ 牝5 57.0 福永 祐        
6 11 チェレブリタ 牝5 54.0 村田 一        
6 12 ムードインディゴ 牝5 55.0 ウィリアムズ        
7 13 セラフィックロンプ 牝6 53.0 宮崎 北     × ×
7 14 ニシノブルームーン 牝6 55.0 北村 宏  
8 15 サンレイジャスパー 牝8 51.0 難波 剛        
8 16 ヒカルアマランサス 牝4 56.0 内田 博  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[8]ブラボーデイジー。開幕週で展開は読みにくいですが、前に行って損はないかと。前走より2F伸びてますし、持ち味を出し切れば十分勝ち負け。
対抗は[1]マイネレーツェル。最内死んだふりで一発はなかろうか。
あとは[9][3][5]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はヒカルアマランサス。前走は見事。ただ大外枠ですし、阪神内回りでは持ち味が出ないと思え。

◆おがQ◆
サッカーワールドカップで番狂わせが続きますが、高校時代から応援していたドイツまでも敗戦(T_T)黄色や赤のカードが嫌いです。しばらく三、五番枠を買えないかなー!でも、ドイツの国旗の色は二、三、五番枠だったなー(>_<)長い前置きでしたが、今回も、上がり馬中心で行きます。まさか、競馬も大番狂わせな のか(-.-;)
◆テキサス◆
本命はテイエムオーロラ。3連勝中でハンデも53kgで狙い目かと。対抗はヒカルアマランサス。ハンデ戦になってから56kg以上の馬は連対なしの不利なデータもあるので、対抗まで。しかし、ワールドカップの見過ぎで睡眠不足の日々が続いてつらい。その割には仕事で重要な試合を見落としがちなのも残念。昨日もドイツサポーターのおがQ氏からのドイツ敗戦の悲痛な叫びが入ってビックリ!イタリアもただでさえ主力が高齢化している上にブッフォンのヘルニアでの離脱はカテナチオどころじゃないな…。やはりヨーロッパ以外でのワールドカップではヨーロッパは活躍できない宿命かも…それにしてもマラドーナは監督なのに目立ち過ぎているなぁ…
◆たかQ◆
本命は連勝中のテイエムオーロラ。夏競馬は格より上がり馬を狙えの格言に従って、この馬から。ハンデも手頃。相手はニシノ、ブラボー、レジネッタと実績馬を。穴はセラフィックロンプ。

2010年06月20日

第46回CBC賞(G3)結果

1着は単勝4番人気ヘッドライナー、2着には7番人気ダッシャーゴーゴー、3着には3番人気のワンカラットがそれぞれ入線。
馬連12,640円、馬単26,640円、3連複53,850円、3連単348,740円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第46回 CBC賞(G3)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 ヘッドライナー 1:08.9 ×  
2 15 ダッシャーゴーゴー 3/4
3 8 ワンカラット クビ        
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 4 2 0
最高配当 0 2,740 4,450 0


的中回数 3 1 0 0
最高配当 5,060 2,910 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 24戦中5的中 24戦中8的中 23戦中2的中 21戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高4,450 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年06月13日

第46回CBC賞(G3)予想

【出馬表】
第46回 CBC賞(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ウエスタンダンサー 牝6 53.0 高倉 稜        
1 2 サンダルフォン 牡7 56.0 酒井 学
2 3 ランチボックス 牡5 54.0 田中 健 ×      
2 4 グッドキララ 牡6 53.0 太宰 啓        
3 5 エーブダッチマン 牡4 54.0 武 幸  
3 6 ヘッドライナー せ6 56.0 幸 英 ×  
4 7 ベストロケーション 牝5 53.0 木幡 初      
4 8 ワンカラット 牝4 54.0 藤岡 佑        
5 9 シンボリグラン 牡8 56.0 岩田 康  
5 10 スズカコーズウェイ 牡6 57.0 浜中 俊        
6 11 タマモホットプレイ 牡9 55.0 渡辺 薫        
6 12 アポロフェニックス 牡5 56.0 秋山 真 ×
7 13 エーシンビーセルズ 牡4 54.0 藤岡 康     ×  
7 14 ケイアイアストン 牡5 55.0 的場 勇      
7 15 ダッシャーゴーゴー 牡3 52.0 古川 吉        
8 16 メリッサ 牝6 52.0 池添 謙        
8 17 セブンシークィーン 牝4 52.0 騎手        
8 18 カノヤザクラ 牝6 56.0 小牧 太      
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
大混戦。人気の割れ方もすさまじい。バクシンオー産駒を狙い撃ちをたくらんでいたのですが軒並み人気が高い状態。作戦変更。
本命は[5]エーブダッチマン。粘り強さが活きれば。
対抗は[14]ケイアイアストン。どんなペースでも自分の持ち味はしっかり出すタイプ。嵌れば上位も。
あとは[6][12][3]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はサンダルフォン。前走の強烈な末脚は再現できるのか。半信半疑。

ついでにエプソムカップ(G3)も予想。
[2]セイウンワンダー。調子よさそうですし、安田を見送って照準を合わせた点も好感が持てる。必勝。
対抗は[14]ストロングリターン。関東圏は安定。1F延長もプラスと考え。
あとは[8][12][4]。
キルトクール】はゴールデンダリア。追い込み一辺倒。通用するかは半信半疑。

◆おがQ◆
春の連続G1も終わり、ちょっと一息、でも結果も一息だったし(-.-;)、何とか 失地回復をしたいものです。上がり馬を軸に、いってみますかな。 先週、骨折のためとはいえ、見事的中?したキルトクールは、休み明けというだ けで、18カノヤとします。
◆テキサス◆
春はとうに過ぎ、梅雨入りというのにいっこうに馬券には光は見えず…今週・来週のうちにしっかりと資金を稼がねば!
◆たかQ◆
本命はサンダルフォン。前走は上がり33.0の見事な末脚。ここでも中心視。相手はシンボリグランからエーブダッチマンなどを。



2010年06月12日

第60回安田記念(G1)結果

1着は単勝8番人気ショウワモダン、2着には6番人気スーパーホーネット、3着には5番人気のスマイルジャックがそれぞれ入線。
馬連12,640円、馬単26,640円、3連複53,850円、3連単348,740円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第60回 安田記念(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 17 ショウワモダン 1:31.7 ×
2 9 スーパーホーネット 1/2
3 2 スマイルジャック アタマ
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 4 2 0
最高配当 0 2,740 4,450 0


的中回数 3 1 0 0
最高配当 5,060 2,910 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 23戦中5的中 23戦中8的中 22戦中2的中 20戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高4,450 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。



2010年06月06日

第60回安田記念(G1)予想

【出馬表】
第60回 安田記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 リーチザクラウン 牡4 58.0 安藤 勝    
1 2 スマイルジャック 牡5 58.0 三浦 皇  
2 3 アブソリュート 牡6 58.0 田中 勝        
2 4 [外]フェローシップ せ8 58.0 パートン     ×
3 5 [外]サイトウィナー せ7 58.0 ウィリアムズ ×      
3 6 ファリダット 牡5 58.0 蛯名 正        
4 7 グロリアスノア 牡4 58.0 小林 慎        
4 8 キャプテントゥーレ 牡5 58.0 横山 典      
5 9 スーパーホーネット 牡7 58.0 藤岡 佑        
5 10 [外]ビューティーフラッシュ せ5 58.0 コーツィー
6 11 マルカシェンク 牡7 58.0 柴山 雄     ×  
6 12 ライブコンサート せ6 58.0 和田 竜        
7 13 マイネルファルケ 牡5 58.0 松岡 正      
7 14 マルカフェニックス 牡6 58.0 福永 祐      
7 15 トライアンフマーチ 牡4 58.0 内田 博  
8 16 サンカルロ 牡4 58.0 吉田 豊      
8 17 ショウワモダン 牡6 58.0 後藤 浩   ×
8 18 エーシンフォワード 牡5 58.0 岩田 康        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
主要な前哨戦からまとめて出てきたのがマイラーズC組。掲示板をしめたのがほとんど出てきました。対して京王杯SCは荒れたのもあって影が薄い感じ。
読みにくい要素が多いですね。さあどうなることでしょう。

本命は[1]リーチザクラウン。この馬とは皐月賞で裏本命を打って以来、相性はデコボコ。買うとこないしキルと来るwここいらで和解したい感じ。それはさておき一番の要素は状態の良さ。スムーズに運べれば。
対抗は[16]サンカルロ。前走は末不発で凡走しましたが、1F伸びたのはプラス。開催も進んでますし見直しても良い。
あとは[14][10][8]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はスマイルジャック。不動の指名w

ついでにユニコーンS予想。
本命は[13]バーディバーディ。仕様がないでしょう。見渡しても1頭抜けています。
対抗は[9]アースサウンド。先行力。これにかけたいところ。あとは[12][15][8]まで。
キルトクール】はバトードール。卒はないが特長もない。様子見。

◆おがQ◆
1番人気を切ってよかった事はないが、今回はリーチをキルトクールに指名します。
◆テキサス◆
もうここまで来ると春のGTは勝てない気もしてきました。あえてひとひねりして狙います。本命はトライアンフマーチ。東京のマイルは好成績なので、対抗はショウワモダン。こちらも連勝中なので。単穴はスマイルジャック。消そうかと思いましたが、デキのよさが目立つので。何が来てもいいようにボックスで買います。しかし、先週の結果を受けて事業仕分けを行い、大幅に予算は縮減です。トホホ……(>_<)
◆たかQ◆
本命はフェローシップ。ご存知の通り、本競走は香港馬が馬券に絡むことの多いレース。今回も香港馬から。ということで相手もビューティーフラッシュから、トライアンフマーチ、スマイルジャック、エーシンフォワードまで。

2010年06月06日

第60回安田記念(G1)データ消去法!

安田記念過去20年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
安田記 <PDFファイル



■ステップレース
過去20年の連対馬40頭について、前走とその着順をまとめてみました。
・京王杯SC(G2):16頭
 1着(6頭)-2着(3頭)-3着(3頭)-4着以下(4頭)
・国外・地方交流戦:7頭
 1着(2頭)-2着(2頭)-3着(1頭)-4着以下(2頭)
・JRA重賞(芝1600m以下):5頭
 1着(4頭)-2着(1頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・JRA重賞(芝1800m以上):9頭
 1着(0頭)-2着(3頭)-3着(2頭)-4着以下(4頭)
・OP戦(1600m):3頭
 1着(0頭)-2着(1頭)-3着(0頭)-4着以下(2頭)


【京王杯SC】から最多の16頭。3着以内であること。
4着以下の敗退だったのは02年2着ダンツフレーム、00年2着ディクタット、95年優勝馬ハートレイク、91年2着ダイタクヘリオスの4頭。
負けても6着までで、かつ前々走は1600m以下の距離で5着以内。

国外戦あるいは地方交流戦からは7頭。
G1勝ち馬である事が必須で、かつ、前走3着以内であること。
前走で4着以下に敗退していたのは06年2着アサクサデンエン、03年優勝馬アグネスデジタルの2頭。前走が休養明けで年内初戦であること。
外国馬の場合、前走が日本以外ならば3着以内であること。

「芝1600m以下」のJRA重賞からは、意外にもわずか5頭。
実績的にはG1か【マイラーズC】に限られており、G1では連対、G2では勝ち馬であることが必須。

「芝1800m以上」のJRA重賞からは9頭に及ぶ。3着以内であること。
4着以下に敗退だったのは、04年優勝馬ツルマルボーイ、97年2着ジェニュイン、93年2着イクノディクタス、90年優勝馬オグリキャップの4頭。
前2走内に【有馬記念】【天皇賞(春)】の長距離G1に出走経験があること。

[1600m]のOP戦からは4頭。ちなみに全て二桁人気での激走。
前走着順は不問で、前々走が芝1600m以上で(1)勝利(2)重賞5着以内のいずれかであること。

<消去馬>
アブソリュート、キャプテントゥーレ、グロリアスノア、サイトウィナー、サンカルロ、ショウワモダン、スーパーホーネット、スマイルジャック、トライアンフマーチ、ファリダット、マイネルファルケ、マルカシェンク、ライブコンサート

■性齢
・4〜7歳馬は前走連対。
前走3着以下だった場合は(1)前2走内にG1出走(2)前々走で勝利のいずれか。4〜5歳馬に限って(1)(2)を満たさない場合は(3)重賞勝ち馬でかつG1連対実績があること。
・3歳馬は3着まで。8歳以上では3着もない。
・牝馬は前2走内に(1)勝ち鞍(2)G1出走歴がある重賞勝ち馬、のいずれか。
<消去馬>
アブソリュート、ファリダット、マルカシェンク、ライブコンサート

■休養馬
最長だったのは、03年2着アドマイヤマックスの約7ヶ月。ついで前走が有馬記念だったのが2頭。
5ヶ月以上の長期休養明けは(1)前走が芝1600m以上の重賞で3着以内かつ東京芝1600m以上での重賞勝ち実績があること(2)前2走内にG1連対実績のあるG1勝ち馬、のいずれか。
<消去馬>
なし

■近走成績
前2走続けて3着以下だった場合、重賞勝ち馬で(1)前2走内にG1出走歴(2)3前走が芝1600m以上の重賞で連対のいずれかであること。
<消去馬>
アブソリュート、キャプテントゥーレ、ファリダット、マルカシェンク、ライブコンサート


■芝[1600m以上]実績
・出走経験があれば連対実績は必須。
・2走以上して未勝利だったのは、91年2着ブレイクタイム1頭のみ。この距離のOP以上で連対実績があること。
<消去馬>
グロリアスノア、マルカフェニックス

■芝[1600m未満]実績
出走経験があって未勝利だった場合(1)前走で重賞3着以内(2)芝1600m未満の重賞で3着の好走実績のいずれかであること。
<消去馬>
ショウワモダン、スマイルジャック、トライアンフマーチ、マイネルファルケ

■全成績
芝レース未勝利だったのは92年優勝馬ヤマニンゼファー1頭のみ。前走が芝の重賞で3着以内であること。
<消去馬>
グロリアスノア

■東京芝コース実績
2走以上の出走経験があれば連対実績は必須。
3走以上で未勝利だったのは、96年2着タイキブリザード、93年2着イクノディクタスの2頭。東京芝1600m以上の重賞で連対実績があること。
<消去馬>
エーシンフォワード

■重賞成績
出走経験が3戦以上なら3着実績は必須。4戦以上であれば優勝実績が必須。
<消去馬>
トライアンフマーチ、ファリダット、マイネルファルケ

以上の条件を完全にクリアして残った馬

ビューティーフラッシュ
フェローシップ
リーチザクラウン


以上、3頭。例年6〜7頭残るのですが、今年は少頭数。しかも香港馬が・・・!!?

第59回安田記念(G1)の消去結果
第58回安田記念(G1)の消去結果
第57回安田記念(G1)の消去結果
第56回安田記念(G1)の消去結果
第56回は外しましたが、第57回から昨年まで連続的中!!今年もよろしく!

2010年06月05日

第77回東京優駿(G1)結果

1着は単勝7番人気エイシンフラッシュ、2着には5番人気ローズキングダム、3着には1番人気のヴィクトワールピサがそれぞれ入線。
馬連16,720円、馬単46,210円、3連複10,630円、3連単152,910円の決着。

メンバー予想は全員ハズレ。

第77回 東京優駿(G1)結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 エイシンフラッシュ 2:26.9 × ×
1 8 ローズキングダム クビ
3 7 ヴィクトワールピサ 1 3/4
※レース成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものをご確認下さい。

【成績表】
まる松 おがQ テキサス たかQ

的中回数 2 2 0 1
最高配当 5,960 4,880 0 400

的中回数 0 4 2 0
最高配当 0 2,740 4,450 0


的中回数 3 1 0 0
最高配当 5,060 2,910 0 0


的中回数 0 1 0 0
最高配当 0 4,190 0 0


2010 22戦中5的中 22戦中8的中 21戦中2的中 19戦中1的中
最高5,960 最高4,880 最高4,450 最高400
2009 44戦中9的中 45戦中10的中 44戦中14的中 42戦中5的中
最高56,680 最高8,670 最高67,570 最高10,630
2008 50戦中9的中 50戦中9的中 50戦中17的中 40戦中8的中
最高37,690 最高34,870 最高23,350 最高71,110
2007 51戦中11的中 51戦中7的中 47戦中6的中 39戦中2的中
最高7,270 最高32,480 最高4,340 最高13,650
2006 49戦中12的中 47戦中10的中 46戦中7的中 44戦中9的中
最高21,870 最高3,320 最高17,160 最高273,310
コレ以前の成績(2002〜2005)については「馬ヲタ」でご覧になれます。

『的中のルール』
◆各レースにつき本命◎を打った組み合せの中で、最も払い戻し金額が大きかったもの1つを的中馬券としてカウントします。
◆単勝、複勝、ワイドは対象としません。
◆単式について。馬単は1着◎から2着○▲△×の各印、3連単については1着に◎・2〜3着に○を必ず含んだ▲△×の各印、で的中したものをカウントします。