2011年02月19日

第28回フェブラリーS(G1)データ消去法!

お久しぶりです。
昨年は4頭残しで上位3頭的中しましたので、それを活かして今年もやってみます。
以前のように詳細ではないので大変申し訳ないのですが、参考までにm(__)m


■ステップレース
過去14年の連対馬について前走着順を見ると次のようになる。
・JCダート(G1):4頭
1着(3頭)-2着(1頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・東京大賞典及び川崎記念(交流G1):11頭
1着(3頭)-2着(3頭)-3着(3頭)-4着以下(2頭)
・平安S(G3):7頭
1着(1頭)-2着(2頭)-3着(1頭)-4着以下(3頭)
・根岸S及びガーネットS(G3):3頭
1着(3頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・条件戦[ダ1800m以上]:1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・芝重賞レース:2頭
1着(2頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)

【JCダート】からは4頭。
いずれも連対馬。3着以下は実績なし。

【東京大賞典】【川崎記念】地方交流ではこれらのG1から最多の11頭。
取捨の目安は3着以内。
4着以下だったのは、08年2着ブルーコンコルド、04年2着サイレントディールの2頭。これには東京ダート1600m以上での(1)G1連対(2)重賞勝ちのいずれかが必要。

【平安S】から7頭。
取捨の目安は連対実績。
3着以下の場合、敗退は5着まで、かつ3前走内に重賞連対実績が必要。

【根岸S】【ガーネットS】の短距離重賞からはわずか3頭。
いずれも優勝馬。敗退馬は実績なし。

重賞以外では条件戦[ダ1800m以上]戦から1頭。
2009年2着カジノドライヴのみ。これには前走勝利、かつダート1800m以上の重賞勝ち実績が必要。

芝重賞から2頭。
02年優勝馬アグネスデジタルと98年優勝馬グルメフロンティア。
いずれも優勝馬。さらにこれには前々走も重賞連対、かつダートでもOP以上での勝利実績が必要。


■性齢
(1)【4・5歳馬】が圧倒的で全28頭中のべ22頭。
このうち前走を4着以下から巻き返したのは4頭。
これには(1)東京ダート1600m以上の重賞勝ち(2)前走平安Sで5着以内のいずれかが必要。
(2)【6歳以上】で6頭。7歳以上の連対はない。
取捨の目安は前走の重賞連対。
3着以下だったのは、08年2着ブルーコンコルド1頭のみ。これには東京ダートG1連対及びダートG1での勝ち鞍が必要。
(3)このうち【牝馬】は1頭。00年2着ゴールドティアラのみ。
これには前2走ともダート重賞で3着以内好走、かつ一方は勝利が必要。


■近走成績
前3走内で1度も勝ち鞍がなかったのは5頭。
10年2着テスタマッタ、08年2着ブルーコンコルド、07年優勝サンライズバッカス、06年2着シーキングザダイヤ、99年2着エムアイブラン。
これには(1)3前走すべてG1出走で4前走がG1勝ち(2)前3走内に2度以上の重賞連対実績のいずれかが必要。


■ダート[1600m以上]実績
(1)1600m以上に出走経験があれば、連対実績が必須。
(2)1600m以上が未経験の場合、1600m未満は全勝が必須。
ダート未経験の連対実績はない。


■ダート成績
ダートでの連対率は5割以上が目安。ダート未経験は必要ない。
下回っていた馬のは2頭。04年2着サイレントディールと01年優勝馬ノボトゥルー。東京ダートの重賞勝ちが必要。


■東京ダート成績
出走経験があれば勝利実績が必要。勝利がなかったのは2頭。
06年2着シーキングザダイヤ、04年優勝馬アドマイヤドン。東京ダートG1での連対実績が必要。


■重賞実績
(1)3走以上の経験馬ならば重賞勝ちは必須。
(2)3走未満で未勝利だったのは1頭。03年2着ビワシンセイキ。これには前2走内のG1連対実績が必要。
重賞未経験馬の実績はない。


以上。
条件を完全にクリアして残った馬。

シルクメビウス
ダイシンオレンジ
メイショウタメトモ


以上3頭です。恐ろしいことになった・・・しなけりゃ良かった:(;゙゚'ω゚'):

第27回フェブラリーS(G1)の消去結果◇
第26回フェブラリーS(G1)の消去結果
第25回フェブラリーS(G1)の消去結果
第24回フェブラリーS(G1)の消去結果
第24回は4頭残しで1・2・3着の大的中でしたが、第26・25回はかすりもしない全滅。。。でも昨年27回は4頭残しで1・2・3着の的中の大復活!

2010年02月21日

第27回フェブラリーS(G1)データ消去法!

フェブラリーステークスの過去13年間の1〜3着馬の傾向を分析し、該当する出走馬を消去します!

2010febs.jpg 【データシート】(PDF)

ステップレース
過去13年の連対馬について前走着順を見ると次のようになる。
JCダート(G1):3頭
1着(2頭)-2着(1頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
東京大賞典及び川崎記念(交流G1):10頭
1着(3頭)-2着(3頭)-3着(2頭)-4着以下(2頭)
平安S(G3):7頭
1着(1頭)-2着(2頭)-3着(1頭)-4着以下(3頭)
根岸S及びガーネットS(G3):3頭
1着(3頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・条件戦[ダ1800m以上]:1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・芝重賞レース:2頭
1着(2頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)

【JCダート】からは3頭。
いずれも連対馬。3着以下は実績なし。

【東京大賞典】【川崎記念】地方交流ではG1から最多の10頭。
取捨の目安は3着以内。
4着以下だったのは、08年2着ブルーコンコルド、04年2着サイレントディールの2頭。これには東京ダート1600m以上での(1)G1連対(2)重賞勝ちのいずれかが必要。

【平安S】から7頭。
取捨の目安は連対実績。
3着以下の場合、敗退は5着まで、かつ3前走内に重賞連対実績が必要。

【根岸S】【ガーネットS】の短距離重賞からはわずか3頭。
いずれも優勝馬。敗退馬は実績なし。

条件[ダ1800m以上]戦から1頭。
2009年2着カジノドライヴのみ。これには前走勝利、かつダート1800m以上の重賞勝ち実績が必要。

芝重賞から2頭。
02年優勝馬アグネスデジタルと98年優勝馬グルメフロンティア。
いずれも優勝馬。さらにこれには前々走も重賞連対、かつダートでもOP以上での勝利実績が必要。

<消去馬>
ケイアイテンジン、ザレマ、スーニ、スーパーホーネット、トーセンブライト、ミリオンディスク、リーチザクラウン、レッドスパーダ、ローレルゲレイロ、ワイルドワンダー


性齢
【4・5歳馬】が圧倒的で全26頭中のべ20頭。
このうち前走を4着以下から巻き返したのは4頭。
これには(1)東京ダート1600m以上の重賞勝ち(2)前走平安Sで5着以内のいずれかが必要。

【6歳以上】で6頭。
取捨の目安は前走の重賞連対。
3着以下だったのは、08年2着ブルーコンコルド1頭のみ。
これには東京ダートG1連対及びダートG1での勝ち鞍が必要。

【牝馬】は1頭。00年2着ゴールドティアラのみ。
これには前2走ともダート重賞で3着以内好走、かつ一方は勝利が必要。

<消去馬>
ケイアイテンジン、ザレマ、スーニ、スーパーホーネット、ダイショウジェット、ミリオンディスク、リーチザクラウン、ローレルゲレイロ、ワイルドワンダー

近走成績
また前3走内で1度も勝ち鞍がなかったのは4頭。
08年2着ブルーコンコルド、07年優勝サンライズバッカス、06年2着シーキングザダイヤ、99年2着エムアイブラン。
これには(1)3前走すべてG1出走で4前走がG1勝ち(2)前3走内に2度以上の重賞連対実績のいずれかが必要。
<消去馬>
ザレマ、ダイショウジェット、テスタマッタ、リーチザクラウン、ワイルドワンダー

■ダート[1600m以上]実績
(1)1600m以上に出走経験があれば、連対実績が必須。
(2)1600m以上が未経験の場合、1600m未満は全勝が必須。
ダート未経験の連対実績はない。
<消去馬>
ケイアイテンジン、ザレマ、スーパーホーネット、ミリオンディスク、リーチザクラウン、レッドスパーダ、ローレルゲレイロ


ダート成績
ダートでの連対率は5割以上が目安。ダート未経験は必要ない。
下回っていた馬のは2頭。04年2着サイレントディールと01年優勝馬ノボトゥルー。これには東京ダートの重賞勝ちが必要。
<消去馬>
ダイショウジェット、ザレマ、スーパーホーネット、トーセンブライト、リーチザクラウン、レッドスパーダ、ローレルゲレイロ

東京ダート成績
出走経験があれば勝利実績が目安。勝利がなかったのは2頭。06年2着シーキングザダイヤ、04年優勝馬アドマイヤドン。これには東京ダートG1での連対実績が必要。
<消去馬>
ミリオンディスク

重賞実績
(1)3走以上の経験馬ならば重賞勝ちは必須。
(2)3走未満で未勝利だったのは1頭。03年2着ビワシンセイキ。これには前2走内のG1連対実績が必要。
重賞未経験馬の実績はない。
<消去馬>
ケイアイテンジン、ダイショウジェット


以上。
条件を完全にクリアして残った馬。

エスポワールシチー
サクセスブロッケン
グロリアスノア

テスタマッタ

3頭(修正)4頭。やばいぐらいに絞れています(^^;

第26回フェブラリーS(G1)の消去結果
第25回フェブラリーS(G1)の消去結果
第24回フェブラリーS(G1)の消去結果

第26・25回はかすりもしない全滅。。。第24回は4頭残しで1・2・3着の大的中でしたが、もはや過去の栄光∴ ・(ノД`)・ ∴

2009年02月21日

第26回フェブラリーS(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


データ分析!2008年版(1)
データ分析!2008年版(2)


■前走成績
・JCダートで連対。
・交流G1で3着以内。4着以下なら東京ダート実績で(1)重賞勝ち(2)G1連対のいずれか。
・平安Sで5着以内。3着以下なら3前走で重賞連対も必要。
・根岸SかガーネットSで優勝。
・芝なら前走重賞勝ちかつ前々走でも重賞連対。
消去馬・・・アドマイヤスバル、オフィサー、カジノドライヴ、カフェオリンポス、キクノサリーレ、サンライズバッカス、トーセンブライト、ナンヨーヒルトップ、バンブーエール、ビクトリーテツニー、ヒシカツリーダー

■性齢
・4〜5歳馬は前走3着以内。4着以下の場合には(1)東京ダートでの重賞勝ち実績(2)前走が平安Sで5着以内、のいずれか。
消去馬・・・ナンヨーヒルトップ、ビクトリーテツニー

・6歳以上は前走重賞連対。3着以下の場合、東京ダートかつダートG1での勝ち鞍が必要。
消去馬・・・アドマイヤスバル、オフィサー、トーセンブライト

・牝馬は前走重賞3着以内かつ重賞勝ち実績。
消去馬・・・なし

■[地]馬
前走G1で3着以内かつ前4走内で地方競争はG1勝ちを含む全勝。
消去馬・・・なし

■近走成績
・前3走内に1度も勝ち鞍がない場合、(1)前3走がすべて重賞で2度以上の連対実績(2)前3走すべてG1出走で4前走がG1勝ち、のいずれか。
消去馬・・・アドマイヤスバル、カフェオリンポス、サクセスブロッケン、サンライズバッカス、トーセンブライト

・前走が6着以下の場合、前走がG1出走で、かつ3前走内に東京ダート重賞勝ちが必要。
消去馬・・・オフィサー、キクノサリーレ、サンライズバッカス、トーセンブライト、ナンヨーヒルトップ、ビクトリーテツニー

■ダート[1600m以上]実績
出走経験があれば連対実績が必須。未経験の場合でも前2走がともにダート重賞勝ちであること。
消去馬・・・オフィサー

■ダート成績
・未経験馬は連対例なし。
・経験馬は連対率5割以上。5割未満なら東京ダート重賞勝ち。
消去馬・・・アドマイヤスバル、オフィサー、カフェオリンポス、トーセンブライト、ビクトリーテツニー

■重賞経験
芝ダート問わず経験が3走以上なら重賞勝ちは必須。2走以内なら連対。
消去馬・・・アドマイヤスバル、オフィサー、ナンヨーヒルトップ


以上の条件を完全にクリアして残った馬


ヴァーミリアン
エスポワールシチー
カネヒキリ
フェラーリピサ


以上の4頭です。
上位人気ばかり残りましたが、それなりには絞れましたね(^^

第25回フェブラリーS(G1)の消去結果
第24回フェブラリーS(G1)の消去結果
昨年は5頭残しで全滅。。。一昨年の第24回は残った4頭で1・2・3着の大的中!(^^

2009年02月20日

フェブラリーS(G1)データ分析!2009年版(2)

フェブラリーステークス過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
フェブラリーステークスPDFファイル




2009年02月19日

フェブラリーS(G1)データ分析!2009年版(1)

フェブラリーステークス過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
フェブラリーステークスPDFファイル




2008年02月21日

第25回フェブラリーS(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

データ分析!2008年版(1)
データ分析!2008年版(2)

■性齢
・4〜5歳馬は前走3着以内。4着以下の場合には(1)平安Sで5着以内か(2)前走がG1敗退で東京ダートでの重賞勝ち実績があること。
消去馬・・・アンパサンド、ヴィクトリー、ドラゴンファイヤー

・6〜7歳は前走重賞連対が必須。8歳以上は3着もない。
消去馬・・・クワイエットデイ、ノボトゥルー、ビッググラス、フジノウェーブ、ブルーコンコルド、メイショウバトラー、リミットレスビッド

・牝馬は(サンプル不足ながら)前走重賞3着以内かつ重賞勝ち実績。
消去馬・・・メイショウバトラー

■地方馬
前走G1で3着以内、かつ前4走内の地方競争はG1勝ちを含む全勝。
消去馬・・・アンパサンド、ビッググラス、フジノウェーブ

■前走成績
(1)JCダートで連対。
(2)交流G1で3着以内。4着以下なら東京ダート重賞勝ち。
(3)平安Sで5着以内。
(4)根岸SかガーネットSで優勝。
(5)芝なら前走重賞勝ちかつ前々走でも重賞連対。
消去馬・・・ヴィクトリー、デアリングハート、ドラゴンファイヤー、ノボトゥルー、ビッググラス、フジノウェーブ、ブルーコンコルド、メイショウバトラー、リミットレスビッド

■近走成績
・前走連対。前走3着以下ならば前々走を連対。でなければ前3走内にダート重賞勝ち。
消去馬・・・アンパサンド、ヴィクトリー、ノボトゥルー、ビッググラス、ブルーコンコルド、メイショウバトラー

・前3走内に、勝ち鞍あるいはダート重賞を2連対。
消去馬・・・アンパサンド、ヴィクトリー、デアリングハート、ノボトゥルー、ビッググラス、フジノウェーブ、ブルーコンコルド、メイショウバトラー

・前走をG1以外で6着以下に大敗し、かつ前々走がダート重賞勝ちでない馬は3着もない。
消去馬・・・アンパサンド、ヴィクトリー、ドラゴンファイヤー、ノボトゥルー、ビッググラス、メイショウバトラー、リミットレスビッド

■ダート成績
未経験馬は連対例なし。経験馬は連対率5割以上。5割未満なら東京ダート重賞勝ち。
消去馬・・・ヴィクトリー

■ダート[1600m以上]実績
競争経験があれば連対率5割以上。5割未満なら(1)3走以内の出走経験で重賞勝ち実績か(2)前走ダート重賞勝ち。
消去馬・・・ノボトゥルー、ビッググラス、リミットレスビッド

■重賞経験
芝ダート問わず重賞勝ちは必須。経験が3走以内なら重賞連対(降着でも可)実績。
消去馬・・・アンパサンド

以上の条件を完全にクリアして残った馬

ヴァーミリアン
フィールドルージュ
メイショウトウコン
ロングプライド
ワイルドワンダー

以上の5頭です。
上位人気が予想されるところばかりですが、それだけの馬が揃っているということでしょう。

第24回フェブラリーS(G1)の消去結果
残った4頭から1・2・3着まで大的中でした!(^^

2008年02月20日

フェブラリーS(G1)データ分析!2008年版(2)

フェブラリーステークス過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
フェブラリーステークスPDFファイル




2008年02月19日

フェブラリーS(G1)データ分析!2008年版(1)

フェブラリーステークス過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
フェブラリーステークスPDFファイル




2007年02月16日

第24回フェブラリーS(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

■年齢■
・4〜5歳
(1)前走3着以内。4着以下の場合には(2)平安Sで5着以内か、あるいは(3)前走がG1での敗退で過去に東京ダートでの重賞勝ちがあること。
消去馬・・・タガノサイクロン、トーセンシャナオー、フィールドルージュ
・6歳以上
(1)前走重賞連対。(2)8歳以上は3着もない
消去馬・・・オレハマッテルゼ、カフェオリンポス、サカラート、シーキングザダイヤ、ダイワバンディット、メイショウバトラー、リミットレスビッド


■ステップレース■
(1)JCダートで連対
(2)交流G1で3着以内であること。4着以下なら東京ダートでの重賞勝ちがあること。
(3)平安Sで5着以内
(4)根岸SかガーネットSで優勝
(5)芝なら前走重賞勝ち、且つ前々走でも重賞連対
消去馬・・・オレハマッテルゼ、カフェオリンポス、サカラート、シーキングザベスト、ダイワバンディット、タガノサイクロン、トーセンシャナオー、フィールドルージュ、メイショウバトラー、リミットレスビッド

■[地]馬■
前走が東京大賞典3着以内、且つ前々走〜4前走にかけてG1勝ちを含む連勝
消去馬・・・アジュディミツオー(※)
同馬は前走が交流G1で2着し、東京大賞典敗退を挟んで以前はG1勝ちを含む連勝がある。
いかんせん2例だけなのでサンプル不足は否めないものの、似て非なるものと解釈する。ちなみに[地]馬の連対は2例あるものの3着はない


■近走成績■
・(1)前走連対。(1)でなければ(2)前々走を連対。(1)(2)でもなければ3前走がダート重賞勝ちであること。
消去馬・・・オレハマッテルゼ、カフェオリンポス、サカラート、トーセンシャナオー、フィールドルージュ、メイショウバトラー
・前3走内に勝ち鞍。もしくはダート重賞で2走以上連対
消去馬・・・オレハマッテルゼ、サカラート、トーセンシャナオー、フィールドルージュ、メイショウバトラー
・前走G1以外で掲示板を外す大敗で、前々走をダート重賞勝ちでない馬は、3着もない
該当馬・・・オレハマッテルゼ、カフェオリンポス、ダイワバンディット、タガノサイクロン、トーセンシャナオー、フィールドルージュ

■ダート成績■
(1)未経験馬は連対例なし。
(2)連対率5割以上。5割未満なら東京ダートでの重賞勝ちがあること。
消去馬・・・オレハマッテルゼ、カフェオリンポス、サカラート、トーセンシャナオー


■ダート[1600m以上]実績■
競争経験があれば(1)連対率5割以上。5割未満なら(2)経験が3走以内で重賞勝ちがあること、あるいは(3)前走でダート重賞勝ち
消去馬・・・カフェオリンポス、サカラート、ダイワバンディット、トーセンシャナオー、リミットレスビッド

■重賞経験■
芝ダート問わず重賞勝ちは必須。経験が3走以内なら重賞連対でも良い(降着も可www)
消去馬・・・フィールドルージュ


以上の条件を完全にクリアして残った馬
サンライズバッカス
ビッググラス
ブルーコンコルド
メイショウトウコン

なんと!!4頭になりました!
ちょっとはお役に立ちそうですねヽ(゚∀゚)ノ

2007年02月15日

フェブラリーS(G1)データ分析!2007年版(2)

フェブラリーステークス直近10年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。
【データシート】
フェブラリーステークス成績表PDFファイル


2007年02月14日

フェブラリーS(G1)データ分析!2007年版(1)

フェブラリーステークス直近10年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。
【データシート】
フェブラリーステークス成績表PDFファイル


2006年02月17日

フェブラリーS(G1)データ分析!2006年版

いよいよ今年最初のG1を迎えます。
当ブログもたまには皆さんの馬券検討に資するものをご提供しようと思い、データ分析まがいのことを試みてみようと思います。

2006febs.jpg <PDFファイルはココ>