2010年05月08日

第15回NHKマイルカップ(G1)データ消去法!

NHKマイルカップ過去14年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
NHKマイルカップPDFファイル



■ステップレース
NHKマイルカップの過去14年の連対馬について、前走着順に即して分類すると次のようになる。
・ニュージーランドトロフィー(G2):11頭
 1着馬(4頭)-2着馬(2頭)-3着(2頭)-4着以下(3頭)
・芝[1600m超]重賞:12頭
 1着馬(4頭)-2着馬(3頭)-3着(1頭)-4着以下(4頭)
・芝[1600m]戦:5頭
 1着馬(3頭)-2着馬(0頭)-3着(1頭)-4着以下(1頭)

トライアルである【ニュージーランドトロフィー】からは11頭。
取捨の目安は連対。
3着以下に敗退していた場合は(1)前3走内に重賞か芝1600m以上のOPで連対実績があること。
これを満たさないのは01年2着グラスエイコウオー1頭のみ。(2)東京コースでの勝ち鞍があること。

他は、芝1600mを超える重賞から12頭。全て【皐月賞】およびそのステップレースである。
取捨の目安は3着以内。
4着以下に敗退していたのは、08年2着ブラックシェル、06年2着ローレルゲレイロ、04年2着コスモサンビーム、03年優勝馬ウインクリューガーの4頭。
前3走内に芝1600m以上の重賞で連対実績があること。

ついで芝1600m戦から5頭。
(1)前走【桜花賞】出走、かつ前々走で重賞連対あるいは芝1600のOP勝利(2)前2走とも芝1600m以上を使って優勝のいずれかであること。

旧NZトロフィー以外の1600m未満からの連対例はない。
また、ダート戦あるいは新馬・未勝利クラスからでは3着もない。

<消去馬>
エーシンダックマン、キョウエイアシュラ、キングレオポルド、シゲルモトナリ、トシギャングスター、ニシノメイゲツ、パドトロワ、モンテフジサン、リルダヴァル、レト


■休養馬
最もレース間隔が空いていたのは98年2着シンコウエドワードで5ヶ月(23週)。
6ヶ月以上の休養では3着もない。
<消去馬>
なし

■前走時馬体重
前走時10kg以上の増減があったのは、09年2着レッドスパーダ、99年2着ザカリヤの2頭。
前走重賞連対が必須。
<消去馬>
ガルボ、リルダヴァル


■近走成績
前2走内に連対実績があること。
・前2走とも続けて3着以下だったのは、04年2着コスモサンビーム、01年2着グラスエイコウオー、00年2着トーヨーデヘアの3頭。(1)前2走内で重賞3着(2)3前走を勝利のいずれかであること。
・前2走とも5着以下では連対は無い。
<消去馬>
キョウエイアシュラ、キングレオポルド、ニシノメイゲツ

■近走距離
・前2走とも1600m超える距離を使っていた場合、連対実績があること。
満たしていなかったのは、04年2着コスモサンビーム1頭のみ。3前走を1600m以上で勝利していること。
・前2走とも1600m未満の距離を使っていた場合は連対は無い。
<消去馬>
エーシンダックマン、パドトロワ

■芝[1600m以上]実績
連対実績があること。
未経験も含めて連対実績がなかったのは、09年優勝馬ジョーカプチーノ、01年2着グラスエイコウオー、98年優勝馬エルコンドルパサーの3頭。
前3走内に重賞で3着以内の好走、かつダートの1600m以上での勝ち鞍があること。
<消去馬>
エーシンダックマン、エーシンホワイティ、キョウエイアシュラ、シゲルモトナリ、トシギャングスター、パドトロワ、レト

■芝[1600m未満]実績
2走以上の経験があれば連対実績は必須。
2走以上で未勝利だったのは、05年2着デアリングハート1頭のみ。前2走内に重賞連対があること。
<消去馬>
なし


■全成績
1勝馬は、06年2着ローレルゲレイロ、05年2着デアリングハートの2頭。2前走内の重賞連対実績が必須。
<消去馬>
なし

■東京芝実績
経験馬なら勝利実績があること。
未勝利だったのは09年優勝馬ジョーカプチーノ、97年2着ブレーブテンダーの2頭。経験は1走で、かつ前2走内に重賞勝利があること。
<消去馬>
シゲルモトナリ、トシギャングスター、ニシノメイゲツ、レト

■重賞実績
・経験馬は連対実績があること。
連対がなかったのは、07年優勝ピンクカメオ、01年2着グラスエイコウオー、00年2着トーヨーデヘアの3頭。出走経験は3走以内で、かつ前2走内に(1)重賞4着以内(2)芝1600m以上のOP戦勝ちのいずれかがあること。
・未経験だったのは、99年優勝馬シンボリインディと98年2着シンコウエドワードの2頭。全成績で3着以下がなく、かつ前走も勝利であること。
<消去馬>
エーシンダックマン、キングレオポルド、ニシノメイゲツ、パドトロワ、モンテフジサン


以上の条件を完全にクリアして残った馬

エイシンアポロン
コスモセンサー
サウンドバリアー
サンライズプリンス
ダイワバーバリアン
ダノンシャンティ


以上の6頭。やや固めですがかなりいい線いってるのではと、自画自賛。

第14回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第13回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第12回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回はわずか1頭が2着(現行のやり方なら5頭で的中)。第12回は5頭を残して不的中。
第13回は4頭で的中。第14回は4頭でハズレ。勝率は五分五分(^^;


2009年05月09日

第14回NHKマイルカップ(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

データ分析!2009年版


■ステップレース
・【ニュージーランドT】で連対。3着以下ならば(1)前3走内に芝1600m以上のOPか重賞で連対(2)東京コースでの勝利実績がある、のいずれか。
・芝の1600mを超える重賞で3着以内。4着以下なら前3走内に芝1600m以上の重賞で連対実績があること。
・芝1600m戦で(1)G1なら前々走で重賞連対あるいは芝1600mのOP戦勝利(2)G1以外ならば前2走とも芝1600m以上で勝利していること。
・ダート戦あるいは新馬・未勝利クラスからは3着もない。
消去馬・・・グランプリエンゼル、ゲットフルマークス、ジョーカプチーノ、タイガーストーン、ツクバホクトオー、ミッキーパンプキン、ラインブラッド

■休養馬
6ヶ月以上の休養は3着もない。
消去馬・・・なし

■前走時馬体重
前走時10kg以上の増減があった馬は前走重賞勝ちが必須。
消去馬・・・スガノメダリスト、レッドスパーダ

■近走成績
・前2走とも続けて3着以下ならば、(1)前2走内に重賞3着以内(2)3前走を勝利のいずれか。
・前2走とも5着以下の連対はない。
消去馬・・・アドバンスヘイロー、ゲットフルマークス、ダイワプリベール、ツクバホクトオー、マイネルエルフ

■近走距離
・前2走とも1600m超える距離を使って続けて3着以下敗退ならば、3前走は1600m以上で勝利。
・前2走とも1600m未満の距離を使っている馬の連対はない。
消去馬・・・グランプリエンゼル、タイガーストーン、フィフスペトル、ラインブラッド

■芝[1600m以上]実績
未経験あるいは連対実績がない場合、東京ダートの1600m以上での勝ち鞍が必要。
消去馬・・・グランプリエンゼル、ゲットフルマークス、ジョーカプチーノ、タイガーストーン、ラインブラッド、ワンカラット

■芝[1600m未満]実績
2走以上の経験があって連対実績がない場合、前2走内に重賞連対があること。
消去馬・・・なし

■全成績
1勝馬は前2走内に重賞連対実績があること。
消去馬・・・ツクバホクトオー、マイネルエルフ

■東京芝実績
経験馬で未勝利の場合は、前走を重賞で連対。
消去馬・・・グランプリエンゼル、ジョーカプチーノ、スガノメダリスト、タイガーストーン、ダイワプリベール、ツクバホクトオー、フィフスペトル、マイネルエルフ、ラインブラッド

■重賞実績
・経験馬は連対実績が必要。なければ経験が3走以内でかつ前2走内で(1)重賞4着以内(2)芝1600m以上のOP勝ち、のいずれか。
・未経験ならば、全成績で3着以下がなくかつ前走も勝利。
消去馬・・・アドバンスヘイロー、グランプリエンゼル、スガノメダリスト、タイガーストーン、ダイワプリベール、ミッキーパンプキン、ラインブラッド

以上の条件を完全にクリアして残った馬

アイアンルック
サンカルロ
ティアップゴールド
ブレイクランアウト

以上の4頭。バッチバチの固めです(^^;
ただ中途半端なところは全部とばされてる感じです。さてさてどうなりますか(^^

第13回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第12回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回はわずか1頭で2着(現行のやり方なら5頭で的中)。第12回は5頭を残して不的中。
第13回は4頭で的中。基本的に相性ヨシ!(^^



2009年05月09日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2009年版

NHKマイルカップ過去13年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
NHKマイルカップPDFファイル




2008年05月09日

第13回NHKマイルカップ(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


データ分析!2008年版(1)
データ分析!2008年版(2)

■ステップレース
・【ニュージーランドT】で4着以内。5着以下なら東京コースでの勝利実績があること。
・芝の1600m超える重賞で3着以内。4着以下なら前3走内に芝1600m以上の重賞で連対実績があること。
・芝の1600m戦で(1)前走がG1なら、前々走を重賞連対あるいは芝1600m戦勝利のいずれか。(2)前走がG1以外のクラスならば、前2走とも芝1600m以上で勝利していること。
・ダート戦あるいは新馬・未勝利クラスからは3着もない。
消去馬・・・アポロドルチェ、アポロフェニックス、アンダーカウンター、エイムアットビップ、スプリングソング、セッカチセージ、ダノンゴーゴー、ダンツキッスイ、ファリダット、リーガルスキーム、レッツゴーキリシマ

■休養馬
2ヶ月を超える休養ならば前走勝ちは必須。
消去馬・・・なし

■前走時馬体重
前走時10kg以上の増減があった馬は前走重賞勝ち(3着以内好走なら3着はある)。
消去馬・・・アポロフェニックス、ゴスホークケン

■近走成績
・前2走とも続けて3着以下ならば、(1)前2走内に重賞3着以内(2)3前走を勝利のいずれか。
・但し、前2走とも5着以下ならば連対例はない(3前走が勝利ならば3着はある)。
消去馬・・・アポロドルチェ、エイムアットビップ、サダムイダテン、ドリームシグナル、レッツゴーキリシマ

■近走距離
・前2走とも1600m超える距離を使って続けて3着以下敗退ならば、3前走は1600m以上で勝利。
・前2走とも1600m未満の距離を使っている馬の連対はない(前2走で優勝かつ重賞3着内があって3着まで)。
消去馬・・・アンダーカウンター、サダムイダテン、レッツゴーキリシマ

■芝[1600m以上]実績
未経験あるいは連対実績がない場合、東京ダートの1600m以上での勝ち鞍が必要。
消去馬・・・アポロドルチェ、アポロフェニックス、アンダーカウンター、エイムアットビップ、セッカチセージ、ダノンゴーゴー、リーガルスキーム

■芝[1600m未満]実績
2走以上の経験があって連対実績がない場合、前2走内に重賞連対があること。
消去馬・・・アンダーカウンター

■全成績
・連対率4割以上。4割未満ならば前2走内に重賞3着実績があること。
・1勝馬は前2走内に重賞連対実績があること。
・キャリアは10戦以上であれば、前走OP以上で勝ちであること。
消去馬・・・アポロドルチェ、アポロフェニックス、サダムイダテン、ドリームシグナル

■東京芝実績
経験馬で未勝利の場合は、前走を重賞で連対。
消去馬・・・アポロフェニックス、サダムイダテン、ダンツキッスイ、ドリームシグナル、レッツゴーキリシマ

■重賞実績
・経験馬は連対実績が必要。なければ経験が3走以内で、かつ前2走内で(1)重賞3着以内(2)芝1600m以上の重賞なら4着以内(3)芝1600m以上のOPクラスを勝利のいずれか。
・未経験ならば、全成績で3着以下がなく、かつ前走も勝利。
消去馬・・・アポロフェニックス、アンダーカウンター、セッカチセージ、ファリダット

以上の条件を完全にクリアして残った馬

エーシンフォワード
サトノプログレス
ディープスカイ
ブラックシェル

以上の4頭。かなりいい感じじゃないでしょうか(^^
前走が休養明けで大幅プラス体重だったゴスホークケン、2200mのすみれSで5着に敗退した重賞未経験のファリダットなどが、原因が見えていながらもデータ的には消えています。
どちらも上位人気しそうなだけに判断のしどころが肝要になりますね。

第12回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回NHKマイルカップ(G1)の消去結果
第11回はわずか1頭のみ(現行のやり方なら5頭で的中)。第12回は5頭を残して不的中。今年こそはスッキリと!(^^;

2008年05月08日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2008年版(2)

NHKマイルカップ過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
NHKマイルカップデータシートPDFファイル




2008年05月07日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2008年版(1)

NHKマイルカップ過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
NHKマイルカップデータシートPDFファイル




2007年05月04日

第12回NHKマイルカップ(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!


■ステップレース■
(1)ニュージーランドトロフィーで4着以内。5着以下なら東京コースで勝利経験。
(2)芝の1600m超える重賞で3着以内。4着以下なら前3走内に芝1600mの重賞勝ち鞍。
(3)芝の1600m戦で、G1なら3着以内かつ前々走も重賞連対。それ以外は前2走とも芝1600mで勝利。
(4)ダートあるいは新馬、未勝利戦からは3着もない。
消去馬・・・アサクサキングス、キングスデライト、ゴールドアグリ、シャドウストライプ、ダノンムロー、ハイソサエティー、ピンクカメオ、マイネルシーガル、ムラマサノヨートー、ローレルゲレイロ

■前走時馬体重■
前走時10kg以上の増減があった馬は前走重賞勝ち。3着以内で3着まで。
消去馬・・・キングスデライト

■近走成績■
(1)前2走とも続けて3着以下ならば、前2走内に重賞3着あるいは3前走を勝利。
(2)前2走とも続けて5着以下は皆無。3前走が勝利で3着まで。
消去馬・・・シベリアンバード

■近走距離■
(1)前2走とも1600m超える距離で続けて3着以下は、3前走は1600mで勝利。
(2)前2走とも1600m未満の距離は皆無。前走勝利かつ前々走重賞3着以内で3着まで。
消去馬・・・ダノンムロー

■芝[1600m未満]実績■
2走以上の経験があれば優勝実績。なければ前2走内に重賞連対。
消去馬・・・なし

■芝[1600m以上]実績■
連対実績が必要。未経験あるいは連対歴がなければ東京ダート1600mでの勝ち鞍。
消去馬・・・シャドウストライプ、ダノンムロー、マイネルレーニア、ワールドハンター

■全成績■
(1)連対率4割以上。4割未満ならば前2走内に重賞3着実績。
(2)1勝馬は、2前走内に重賞連対実績。
(3)キャリアは10戦以上であれば、前走OP勝ち。
消去馬・・・キングスデライト、シベリアンバード、ムラマサノヨートー

■東京芝実績■
経験馬は優勝実績。未勝利ならば、経験1走かつ前走重賞連対。
消去馬・・・シベリアンバード

■重賞実績■
(1)経験馬は連対実績。なければ経験3走以内、かつ前2走内で重賞3着あるいは前2走とも重賞4着以内。
(2)未経験ならば、全成績で3着以下がなく、かつ前走も勝利。
消去馬・・・キングスデライト、シベリアンバード、シャドウストライプ、ダノンムロー、ハイソサエティー、ピンクカメオ、ムラマサノヨートー

以上の条件を完全にクリアして残った馬

イクスキューズ
オースミダイドウ
ダイレクトキャッチ
トーホウレーサー
マイネルフォーグ

5頭ですね、いい感じです。^^
ただ、現在帰省中でデータの検証にはいささか(というかいつも以上に)不安がありますので、できればご自身で一度確認いただければ、と思います。
その上で誤りがあれば、ご指摘いただければ幸いですm(__)m

2007年05月03日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2007年版(2)

NHKマイルカップ過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
NHKマイルカップPDFファイル


===前回の分析のつづきです===



2007年05月02日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2007年版(1)

NHKマイルカップ過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
NHKマイルカップPDFファイル




2006年05月05日

第11回NHKマイルカップ(G1)データ消去法!

第11回NHKマイルカップの出走各馬について、先日の過去10年のデータ分析に基づき該当馬を消去しました。
以下、消去の条件とその該当馬を挙げてみましょう。


2006年05月04日

NHKマイルカップ(G1)データ分析!2006年版

NHKマイルカップの直近10年間1〜3着馬1番人気馬の競争成績をデータ化して、連対馬(20頭)の傾向を探ってみました。

【データシート】※PDFの方でご覧になることを推奨します。
2006nhkmc.jpg <PDFファイル>