2010年03月28日

第40回高松宮記念(G1)データ消去法!

高松宮記念過去14年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
高松宮記念 <PDFファイル



■ステップレース
過去14年の連対馬について前走着順を分類すると次のようになる。
・阪急杯(G3):12頭
1着(3頭)-2着(4頭)-3着(2頭)-4着以下(3頭)
・シルクロードS(G3):8頭
1着(4頭)-2着(0頭)-3着(2頭)-4着以下(2頭)
・オーシャンS(G3):1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・スプリンターズS(G1):1頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(0頭)
・芝1600m以上重賞:4頭
1着(1頭)-2着(0頭)-3着(1頭)-4着以下(2頭)
・ダート戦(G1):2頭
1着(0頭)-2着(0頭)-3着(0頭)-4着以下(2頭)

【阪急杯】が12頭で最多。最重要のステップレース。
取捨の目安は3着以内。
4着以下に敗退していたのは08年2着キンシャサノキセキ、05年優勝馬アドマイヤマックス、03年優勝馬ビリーヴの3頭。
いずれも前々走も大敗であるものの、芝G1で3着以内の実績がある。

ついで【シルクロードS】の8頭。
取捨の目安は3着以内。
4着以下に敗退していたのは99年優勝馬マサラッキと98年2着ワシントンカラーの2頭。
いずれも前々走も大敗なものの、芝1200mで重賞勝ち実績がある。

【オーシャンS】からは1頭。
実績は勝ち馬のみ。OP時代の02年優勝馬ショウナンカンプで、G3に格上げ以降はまだない。

前年秋のG1【スプリンターズS】からは1頭。
実績は勝ち馬のみ。09年2着スリープレスナイト。休養明けぶっつけは厳しい。

芝[1600m以上]重賞から4頭。
着順不問。芝1600以下のG1で3着以内の好走歴があること。

ダート路線からは2頭。
着順不問。ただ、いずれも前走はG1で初ダート、かつ、前々走は芝の短距離G1で3着以内に好走していること。
近2走ともダートを使用している馬は少なくないがいずれも不振。ダート馬では通用しない。

<消去馬>
アイルラヴァゲイン、エイシンタイガー、エーシンエフダンズ、カノヤザクラ、グランプリエンゼル、ショウナンカザン、スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、ファイングレイン、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■休養馬
休養は3ヶ月以内であること。
3ヶ月を超えていたのは4頭で、09年2着スリープレスナイト、06年2着ラインクラフト、04年2着デュランダル、99年2着シーキングザパール。3着まで見ても00年アグネスワールド1頭が加わるのみ。
全馬そうそうたるG1勝ち馬であり、かつ休養前の前2走内でG1で3着以内の好走実績がある。
休養明けは生半可では通用しない。
<消去馬>
カノヤザクラ

■近走成績
(1)前2走内に3着以内の好走があること。
前2走とも4着以下だった場合、G1で3着以内の好走実績あるいは3前走が重賞勝ちであること。
(2)前2走内でOP戦及び条件戦の使用があったのは6頭。
そこでの成績はOP戦なら連対、条件戦なら優勝が必須。3着以下の敗退は許されない。
<消去馬>
スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■芝[1200m以下]実績
(1)出走経験があれば連対実績があること。
連対実績がなかったのは、05年優勝馬アドマイヤマックスと00年優勝馬キングヘイローの2頭。
芝重賞の優勝かつスプリントG1で3着以内の実績があること。
(2)芝1200m以下が未経験だったのは06・07年の連対馬の4頭。
芝1600以下の重賞で連対実績があること。
<消去馬>
エーシンフォワード、スズカコーズウェイ

■全成績
連対率4割が目安。
これを下回っていたのは、08年2着キンシャサノキセキ、07年2着ペールギュント、05年優勝馬アドマイヤマックス、同2着キーンランドスワン、02年2着アドマイヤコジーンの5頭。
芝G1で3着以内の好走実績があること。
また、芝レースに関して、未経験・未勝利・1勝馬については連対実績は皆無である。
<消去馬>
サンカルロ、スズカコーズウェイ、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、プレミアムボックス、ヘッドライナー

■中京芝成績
ローカルG1だけにコース実績はあまり重要なファクターとはなっていない。
明らかに巧者だったと言えるのは03年2着、04年優勝馬サニングデールぐらい。
良績があるに越したことはないが、積極的に判断する材料とまでは言えない。

■重賞実績
重賞勝ちが目安。
重賞ウィナーでなければ(1)芝G1で3着以内の実績があること(2)前走芝重賞で3着以内あるいは前走OP戦で勝利している、のいずれか。
<消去馬>
エイシンタイガー、ショウナンカザン、セブンシークィーン、トウショウカレッジ、ピサノパテック、ヘッドライナー


以上、条件を完全にクリアして残った馬は
アルティマトゥーレ
キンシャサノキセキ
ビービーガルダン

わずかに3頭。頭数は少ないですが結構な面子です(^^

第39回高松宮記念(G1)の消去結果
第38回高松宮記念(G1)の消去結果
第37回高松宮記念(G1)の消去結果
第36回高松宮記念(G1)の消去結果
いまだ的中なし。。。5年目の今年はなんとかしたい!!

2009年03月29日

第39回高松宮記念(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

データ分析!2009年版


年齢
・4〜5歳馬は前走3着以内。
4着以下の場合には、(1)芝重賞勝ち(2)芝G1で3着以内のいずれかの実績、かつ(3)近4走内に芝G1を3着以内・芝重賞連対・芝OP勝ちのいずれか。
消去馬・・・スプリングソング、ファリダット
・6歳馬は前走芝の重賞3着以内。
4着以下の場合には(1)芝1600m以下の重賞勝ち実績、かつ(2)近3走内に芝1200重賞勝ちあるいは芝重賞で2回以上の5着内があること。
消去馬・・・ファイングレイン、ヘイローフジ
・7歳以上
7歳馬は前2走とも重賞連対。8歳以上は連対例なし。
消去馬・・・アイルラヴァゲイン、ジョイフルハート、ソルジャーズソング、トウショウカレッジ
・牝馬
6歳以上の連対は皆無。7歳以上は3着もない。
消去馬・・・ヘイローフジ

ステップレース
(1)【阪急杯】で3着以内。4着以下なら芝G1で3着以内の実績。
(2)【シルクロードS】で3着以内。4着以下なら芝1200m重賞勝ちの実績。
(3)【オーシャンS】勝ち馬。
(4)芝1600m以上の重賞出走馬は、芝1600以下のG1で3着以内の実績。
(5)ダートG1出走馬は、前々走は芝1600以下のG1で3着以内。
それ以外は連対例なし。
消去馬・・・アイルラヴァゲイン、アポロドルチェ、キンシャサノキセキ、コスモベル、ジョイフルハート、スプリングソング、スリープレスナイト、ソルジャーズソング、トウショウカレッジ、ファリダット、ヘイローフジ

休養馬
・休養が3ヶ月以上ならば、G1勝ち馬でかつ前2走内でG1を3着以内していること。
消去馬・・・なし

近走成績
・前2走とも4着以下ならば、芝1600以下のG1で3着実績あるいは3前走が重賞勝ちのいずれか。
消去馬・・・ヘイローフジ
・前2走内にOP戦の使用があれば連対、条件戦の使用があれば優勝が必須。
消去馬・・・アポロドルチェ、ジョイフルハート

■芝[1200m以下]実績
・経験馬で連対歴ナシは、芝重賞勝ちかつスプリンターズSで3着の実績があること。
・未経験ならば(1)芝1600以下の重賞勝ち(2)芝1600以下の重賞連対実績かつ全成績の連対率も5割以上のいずれか。
消去馬・・・なし

全成績
・連対率4割以上。4割未満ならば、芝の重賞勝ちかつ芝G1で3着以内の実績があること。
消去馬・・・アポロドルチェ

重賞経験
・芝での重賞勝ちがなければ(1)芝G1で3着以内実績(2)前走芝の重賞3着以内(3)前走OP戦勝利のいずれか。
消去馬・・・ジョイフルハート、スプリングソング、ソルジャーズソング、トウショウカレッジ、ファリダット、ヘイローフジ

以上、条件を完全にクリアして残った馬は
アーバニティ
アーバンストリート
ウエスタンダンサー
ドラゴンファング
ビービーガルダン
ローレルゲレイロ

6頭残りました。なかなかの面子になっています。今年こそ!!(^^

第38回高松宮記念(G1)の消去結果
第37回高松宮記念(G1)の消去結果
第36回高松宮記念(G1)の消去結果
毎年条件をクリアできる馬は1〜2頭。。。いまだ的中していません(^^;

2009年03月29日

高松宮記念(G1)データ分析!2009年版

高松宮記念過去13年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。


【データシート】
2009miya.jpgPDFファイル




2008年03月27日

第38回高松宮記念(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

データ分析!2008年版(1)
データ分析!2008年版(2)


■年齢
・4〜5歳馬は前走3着以内。4着以下の場合には(1)芝の重賞勝ち実績、かつ(2)近4走内に芝G1を3着以内・芝重賞連対・芝OP勝ちのいずれか。
消去馬・・・ブラックバースピン、マルカフェニックス

・6歳馬も前走芝の重賞3着以内。4着以下の場合には(1)芝1600m以下の重賞勝ち実績、かつ(2)近3走内に芝1200重賞での勝ち鞍あるいは2回以上の掲示板(5着内)があること。
消去馬・・・ペールギュント

・7歳以上
7歳馬は前2走とも重賞連対。8歳以上では連対例なし。
消去馬・・・エムオーウイナー、キョウワロアリング、タマモホットプレイ、トーセンザオー、プリサイスマシーン、リミットレスビッド

・牝馬
6歳以上の連対は皆無。7歳以上は3着もない。
消去馬・・・なし

■ステップレース
(1)阪急杯で3着以内。4着以下なら芝1600m以下での重賞勝ち、かつ芝1200のG1で3着以内の実績。
(2)シルクロードSで3着以内。4着以下なら芝1200m重賞勝ちの実績。
(3)オーシャンS勝ち馬。
(4)芝1600m以上の重賞出走馬は、芝1600以下のG1で3着以内の実績。
(5)ダートG1出走馬は、前々走は芝1600以下のG1で3着以内。
それ以外は連対例なし。
消去馬・・・エムオーウイナー、キョウワロアリング、キンシャサノキセキ、タマモホットプレイ、トーセンザオー、ナカヤマパラダイス、フサイチリシャール、ブラックバースピン、マイネルシーガル、マルカフェニックス、リミットレスビッド

■休養馬
・休養が3ヶ月以上ならば、G1勝ち馬でかつ前2走内でG1を3着以内していること。
消去馬・・・スーパーホーネット、マイネルシーガル

■近走成績
・前2走とも4着以下ならば(1)芝1600m以下での重賞勝ち、かつ(2)芝1600以下のG1で3着の実績か3前走が重賞勝ちのいずれか。
消去馬・・・キンシャサノキセキ、タマモホットプレイ、トーセンザオー、ブラックバースピン、リミットレスビッド

・前2走内にOP戦の使用があれば連対、条件戦の使用があれば優勝していること。
消去馬・・・ ナカヤマパラダイス

■芝[1200m以下]実績
・経験馬で連対歴ナシは、芝の重賞勝ちかつスプリンターズSで3着の実績があること。
・連対経験馬は連対率4割以上。4割未満ならば、芝の重賞勝ち実績かつ前走でも重賞勝ち。
・未経験ならば(1)芝1600以下の重賞勝ち(2)芝1600以下の重賞連対があって全成績の連対率も5割以上のいずれか。
消去馬・・・キョウワロアリング、タマモホットプレイ、フサイチリシャール、ブラックバースピン、プリサイスマシーン、リミットレスビッド

■全成績
・連対率4割以上。4割未満ならば、芝の重賞勝ちかつ芝G1で3着以内の実績があること。
消去馬・・・エムオーウイナー、キョウワロアリング、タマモホットプレイ、トーセンザオー、プレミアムボックス

■重賞経験
・芝での重賞勝ち実績必要。重賞勝ちがなければ(1)前走を芝の重賞3着以内(2)重賞初挑戦で芝全勝かつ前走は芝OP戦を勝利のいずれか。
消去馬・・・キンシャサノキセキ、トーセンザオー、ナカヤマパラダイス、マルカフェニックス、リミットレスビッド

以上、条件を完全にクリアして残った馬は
スズカフェニックス
ファイングレイン
ローレルゲレイロ

なんと!!今年もわずか3頭です。。。今年こそ的中なるかな?(^^;


第37回高松宮記念(G1)の消去結果
第36回高松宮記念(G1)の消去結果
毎年条件をクリアできる馬は1〜2頭。。。いまだ的中していません(^^;

2008年03月25日

高松宮記念(G1)データ分析!2008年版(2)

高松宮記念過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
高松宮記念PDFファイル




2008年03月24日

高松宮記念(G1)データ分析!2008年版(1)

高松宮記念過去12年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
高松宮記念PDFファイル




2007年03月23日

第37回高松宮記念(G1)データ消去法!

昨日までのデータ分析より導き出した過去の連対馬の傾向から、出走馬を消去します!

■年齢■
・4〜5歳
(1)前走3着以内。4着以下の場合には(2)芝の重賞勝ちがあること。
消去馬・・・モンローブロンド
・6歳
(1)前走芝の重賞3着以内。4着以下の場合には(2)着差が僅少(実績上は0.6秒以内)かつ芝での重賞勝ちがあること。
消去馬・・・スピニングノアール
・7歳以上
7歳馬は前2走ともに連対していること。但し8歳以上は3着もない
消去馬・・・オレハマッテルゼ、キーンランドスワン、ディバインシルバー、プリサイスマシーン、リキアイタイカン
・牝馬
6歳以上の連対は皆無。7歳以上は3着もない
消去馬・・・シーイズトウショウ、ビーナスライン

■ステップレース■
(1)阪急杯シルクロードS3着以内。4着以下なら芝の重賞勝ちがあること。
(2)オーシャンS勝ち馬
(3)芝1600m重賞で5着以内、かつ2前走内に芝1600m以下のG1で3着以内
(4)ダートなら前走着順は不問だが、前々走は芝の短距離G1で3着以内

消去馬・・・アンバージャック、オレハマッテルゼ、キーンランドスワン、コスモフォーチュン、サチノスイーティー、シーイズトウショウ、スピニングノアール、スリーアベニュー、タマモホットプレイ、ディバインシルバー、ビーナスライン、ペールギュント、マイネルスケルツィ、モンローブロンド、リキアイタイカン

※(2)は現状ではサンプル不足で未知数。ただ今年はオーシャンS組に多数登録があるため要注目。

■休養馬■
3ヶ月以上ならばG1勝ち馬でかつ前2走内でG1を3着以内していること。
消去馬・・・シーイズトウショウ

■近走成績■
・前2走とも4着以下ならば、前2走のどちらかは(1)G1戦(2)ダート戦(3)海外遠征戦であること。
消去馬・・・アンバージャック、コスモフォーチュン、スピニングノアール、ペールギュント、リキアイタイカン
・前2走内に(1)OP戦使用があれば連対(2)条件戦使用があれば優勝
消去馬・・・キーンランドスワン、モンローブロンド

■芝[1200m以下]実績■
・連対実績があれば(1)連対率4割以上。4割未満なら(2)芝重賞勝ち馬でかつ前走でも重賞勝ち
・経験馬で連対歴ナシは(3)芝の重賞勝ち馬でかつ芝G1で3着以内歴があること。
・未経験馬は(4)芝G1勝ちかつ芝1400m重賞勝ち
(4)でなければ(5)芝1400m重賞で連対歴かつ全成績の連対率も5割以上
消去馬・・・キーンランドスワン、コスモフォーチュン、スズカフェニックス、スピニングノアール、スリーアベニュー、タマモホットプレイ、ディバインシルバー、ビーナスライン、プリサイスマシーン、ペールギュント、マイネルスケルツィ、リキアイタイカン

■全成績■
(1)連対率4割以上。(1)でなければ(2)芝重賞勝ち馬でかつ前走は芝重賞5着以内。(3)芝コースで2勝以上の実績があること。
消去馬・・・キーンランドスワン、コスモフォーチュン、スピニングノアール、スリーアベニュー、タマモホットプレイ、ディバインシルバー、ビーナスライン、ペールギュント、モンローブロンド

■重賞経験■
・(1)芝の重賞勝ちがあること。(1)でなければ(2)前走を芝の重賞3着以内
・芝重賞が初挑戦の場合は(3)芝コース全勝かつ前走は芝OP戦で完勝(実績上は0.4秒差)。
消去馬・・・スピニングノアール、スリーアベニュー、ディバインシルバー、モンローブロンド


以上、条件を完全にクリアして残った馬は

エムオーウイナー

なんと!!たったの1頭
ちょっとこれはスゴイことになりましたね。。。( ゚д゚)ポカーン

1頭では馬券にならねぇYO!ヽ( ´Д`)ノ
という方に次点としてお薦めしたいのは。。。

サチノスイーティー、スズカフェニックスの2頭でしょうね。
まず前者は、ステップのオーシャンS(G3)2着だったために「オーシャンS勝ち馬」に外れたわけですが、オーシャンS自体がそもそも未知数。OP時代の実績を反映させただけの条件ですので、十分救済できる存在。
一方後者は、芝1200m以下の出走経験がなく前走の阪急杯(芝1400m、G3)でも3着だったため「芝1400m重賞で連対歴かつ全成績の連対率も5割を超える」に外れたわけですが、当該の条件は昨年優勝のオレハマッテルゼにあわせて創出したもので、今後改変の余地が十分にあるもの。
阪急杯にしても1着(同着)にハナ差の3着。実質タイム差なしなので、個人的にも着順を大目に見て救済したい存在www

2007年03月22日

高松宮記念(G1)データ分析!2007年版(2)

高松宮記念過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
2007Takamatsu.jpgPDFファイル




2007年03月21日

高松宮記念(G1)データ分析!2007年版(1)

高松宮記念過去11年間の1〜3着馬の分析から連対馬の傾向を探ってみます。

【データシート】
2007Takamatsu.jpgPDFファイル




2006年03月24日

第36回高松宮記念(G1)データ消去法!

第36回の出走各馬について、先日のデータ分析に基づきながら該当馬を消去してみました。

2006miya2.jpg <PDFファイル>


2006年03月22日

高松宮記念(G1)データ分析!2006年版

高松宮記念をデータ分析しました。
1996年より短距離G1に昇格して以後、過去10年間の1〜3着馬と1番人気馬の競争成績をまとめて傾向を探ってみました。
特に断りを入れない限り、あくまで連対馬を対象にすすめますのでご了解下さい。また同レースは、2000年以降施行時期が2ヶ月繰り上がって3月開催となる点にも留意しておいて下さい。

2006miya.jpg <PDFファイル>