カテゴリ内記事一覧

2010年12月26日

第55回 有馬記念(G1)予想

今年の競馬も早いもんでいよいよオーラス。
今年はえらくドタバタでついこのブログはおざなりになってしまいましたが、それでも皆さんにご支援いただいてなんとか継続することができました。本当にありがとうございました。

さてさて!!
本命は[1]ヴィクトワールピサ。前走かつてない低評価をくつがえして好走。地力をみせつけた格好。主役級に戻ってきたここはひたすら支援。絶好枠も味方しているぞ、がんばれ!!
対抗は[5]ルーラーシップ。前走は卒のない立ち回りで完勝。非常に好内容でした。大舞台でも引き続き上位評価。
あとは[7][10][9]。【買い目】は上位2頭からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はペルーサ。コーナーが多くタイトなレースであのスタートの悪さは致命的。33秒台の上がりもここでは不要。

【おがQ】
今年最後のグランプリレース!せめて取り負けしないようにガンバロー。
でも、取り負けと言うからには当てないといけないのだが・・・通常は、全走勝ってる馬、特に連勝馬を買うのですが、グランプリなので、世話になった馬中心で行きます。
◎ブエナ○1ウ゛ィクトワール▲14ペルーサ△12ドリジャニ×16ジャミール
多分、恐らく、きっと、絶対エイシンを買い足すんだろーなー。

【テキサス】
◎ブエナビスタ
○ペルーサ
▲ネヴァブション
△オウケンブルースリ
×ドリームジャーニー
×ルーラーシップ
今年最後の大一番なのに仕事とは(T_T)
本命はもちろんブエナビスタで、ジャパンカップは残念な降着だったものの普通にいけば、ここでも突き抜けるものと思います。対抗はペルーサで、今年1年追いかけましたので、ここでも対抗。単穴には思い切ってネヴァブションをなお見事3着に入れば、鞍上が3年連続3着となることを期待。本当は中山巧者で、内枠ですし、なぜかよく来る13番人気というのもありますので。後はドリームレースらしく好きな馬から入ります。

【たかQ】
◎10○7▲14△15×16
ブエナビスタに逆らえないのは分かりつつ本命はエイシンフラッシュ。前走は8着ながらも差はわずか。前走からの上積みも見込めます。相手はブエナビスタからペルーサ、レッドデザイア、ジャミールまで。

2010年12月19日

第62回 朝日杯フューチュリティステークス(G1)予想

先週と違って今週は波乱含み。とっても楽しみだ!
本命は[2]リベルタス。好位で卒なく立ち回れるタイプ。絶好枠でV最短。
対抗は[11]グランプリボス。前走は1400のG2を高いパフォーマンスで勝利。前々走はマイルで人気を裏切っているのでここは人気薄。コース形態からいって1F伸びるのはむしろチャンス!見返すんだぜ!
あとは[5][3][9]。あと隠し玉もありwww【買い目】は上位2頭からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はサダムパテック。圧倒的なパフォーマンスで2連勝。ただゲートは悪いしレースも不器用。小回りタイトな中山マイルではかなり疑問。

【おがQ】
どうも、素直に人気サイドで決着しそうにない気がして、悩んでます。
まあ、荒れた場合、自分の出番ではないので、他のメンバーの予想に乗っかる予定です。
◎10サダム○8リフト▲11グランプリ△5リアル×3ラクリマ

【テキサス】
◎リベルタス
○リフトザウィングス
▲リアルインパクト
△サダムパテック
×オースミイージー
×マイネルラクリマ
本命はリベルタス新種牡馬ディープインパクト初の重賞勝ちと初GT勝ちまで一気に狙って本命です。なにせPOGの指名馬ですからね(^_^) 対抗はリフトザウィングスです。後は人気所と内枠を中心に買います。

【たかQ】
◎5○10▲11△1×16
本命はリアルインパクト。前走は2着ながらも上がりは33秒5。この脚に期待。相手はサダムとボスから穴で逃げ馬2頭を指名。中山ですので前の方で立ち回れる馬を狙って。

2010年12月12日

第62回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)予想

このレースがくると今年も残すは有馬のみ、みたいな雰囲気になりますね〜。
いやいや、ここは気を取り直して最優秀2歳牝馬をあてにいきましょう。

1人気の[11]レーヴディソール・・・ほぼ死角なしですね。
ただでさえ力差がまともに出るコース。ここは神妙に2着狙い。
対抗は[12]ツルマルワンピース。前走は速い上がりに差し負けましたが、コース替わりと距離延長は間違いなくプラス。巻き返すんだぜ!
あとは[1][6][9]。【買い目】は[11]からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はダンスファンタジア。速い上がりが多かった東京で差し脚を駆使して2連勝。でもそれ以外は未知数。遠征に馬場が替わりが?なところもあるかと。

【おがQ】
二強は買うとして、マルモセーラの母父が、あの芦毛の名馬と知って、かなりイレ込んでます。
◎11レーウ゛○14ダンス▲9セーラ△1アウ゛ァン×4ホエール
四年前、あのウオッカが4番人気で、テキサスさんが無印にしていた事に驚きました。

【テキサス】
◎ダンスファンタジア
○レーヴディソール
▲リトルダーリン
△アヴェンチュラ
×ホエールキャプチャ
一騎打ち濃厚とみます。頭はダンスから。個人的にお母さんがすきでしたので。三着候補にはディープインパクト産駒からリトルダーリンを。まだ一戦一勝ですが、こういう馬が食い込むことを期待します。

【たかQ】


2010年12月05日

第11回 ジャパンカップダート(G1)予想

先週とはうってかわって海外馬ゼロ。まーなんだ、味気ないもんだね。
さて、前にいるトランセンドをどう捉えるかがレースの勘所。
本命は[8]ヴァーミリアン。がんばれ!!出てくる限り応援してるぞ。
対抗は[1]シルクメビウス。枠は絶好。最後にどれだけ詰めれるかが鍵。
あとは[3][13][4]。【買い目】は上位2頭からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキングスエンブレム。前走見る限りトランセンドより上の評価はない。

【おがQ】
割れてますねー??(゜Q。)??
人気が内枠に集中してますなー(?_?)
でも人気サイドから行きますよ。
◎メビウス○トランセンド▲エンブレム△ウ゛ァーミリアン×ノア
あれ?外国馬は?

【テキサス】
◎シルクメビウス
○キングスエンブレム
▲トランセンド
△ヴァーミリアン
×バーディバーディ
外国馬不在のJCダート。そんなに右回りが不評なら改修後の中京ですればどうかと思うが……。そんな簡単なもんでもないんでしょう。基本的には差し馬台頭と見ます。トランセンドはどうしても一本調子のイメージが強いので単穴まで。
本命はシルクメビウス。真夏のブリーダーズゴールドカップのとき荒尾の場外で夜9時近くまで馬券を買い続けて三連単的中しましたので、本命で狙います。キングスエンブレムが対抗。ヴァーミリアンの下で、本格化してきましたのでこちらを対抗。穴で動きのいいバーディバーディを。さすがにブライアンズタイム産駒の勢いが落ちてきたので、ここらでもう一発!

【たかQ】
◎1○2▲14△13×7
本命はシルクメビウス。
前走は休み明けで4着も地力を示す内容。昨年2着の舞台で見直し。対抗はキングスエンブレムから馬券的に妙味のある相手を

2010年11月28日

第30回 ジャパンカップ(G1)予想

土曜の京阪杯。
人気薄で2着に入ったケイアイアストンと3着に入ったモルトグランデでフォーメーションを組んでいながら2番人気の勝ち馬を嫌って敗北・・・悔やまれる〜。いまのとこ今年の悔しいレースベスト1。
しかしこればっかりしょうがない。流れはきてると信じたい。

今回は日本馬が豪華メンツなので敢えて海外馬重視。負けて元々、ハイリターンしか狙いません。
本命は[12]ジョシュアツリー
言うまでもないU2の最高傑作「JOSHUA TREE」と同名を冠した馬。一目(一聞き?)惚れ。心中しても悔いはなし!
対抗は[15]フィフティープルーフ。キャリアの浅い馬ですが調教Vで妙に気になった馬。先手をとって嵌れば。
あとは[1][3][10][8]。【買い目】は上位2頭からの馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はナカヤマフェスタ。近走の充実目覚しいがペースの緩いレースばかり。中日新聞杯で惨敗してるように流れの締まったレースでは用無し。

【おがQ】
国際レースで外国馬を買わず、何度も痛い目に遭ってますが、懲りずに日本馬の人気サイドで勝負します。
◎ブエナ○ペルーサ▲ローズ△ナカヤマ×エイシン
人気馬ばかり買ってるのに、当日、多分買い足しまくるんだろーなー(´〜`;)

【テキサス】
◎ブエナビスタ
○ナカヤマフェスタ
▲ペルーサ
△エイシンフラッシュ
×ローズキングダム
×ヴァワライシ
好メンバーが揃った今年のジャパンカップ。日本馬優位とみます。本命はブエナビスタ。前走は鞍上が抜け出した後、何度も後ろを振り返るほどの余裕勝ち。東京では負けなしならば、ここも連軸。対抗はナカヤマフェスタ。凱旋門賞があれだけの競馬でしたので、立て直しができているかどうかですが、調教の時計からは不安は感じませんので、対抗としました。単穴にはペルーサ。こちらを対抗にしたいぐらいの気持ちはありますが、出遅れが懸念されますので、これくらいの評価が妥当かと。外国馬ではイタリアから来たヴォワライシは狙ってみようかと思います。

【たかQ】
◎6○16▲11△10×7
8頭もの外国馬が参戦して盛り上がるジャパンC。ブエナビスタは対抗にまわして、本命はローズキングダム。菊花賞は33秒台の脚を使って2着。距離短縮はプラスに働くはず。相手はブエナビスタからナカヤマフェスタ、エイシンフラッシュ、ペルーサまで。


2010年11月20日

第27回 マイルチャンピオンシップ(G1)予想

寒くなってきましたね〜〜、気温も懐も。子どもが二人いる家庭には何かと物入りな時期。
万券の香りもしばらく嗅いでないですし、昨年万券で締めた本レースで今年もなんとかしたい!(本音)

本命は[8]ダノンヨーヨー。本物でしょう!枠もいいし疑う余地なし!
対抗は[15]ゴールスキー。条件勝ち上がったばかりですがマイルでのパフォーマンスは秀逸。嵌れば。
あとは[11][16][2]。【買い目】は[8]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキンシャサノキセキ。やはりマイルはリスキー。

【おがQ】
今年の秋競馬は、比較的堅い決着が続き、人気サイドを手広く購入している自分は好成績です。回収率を除けば・・・(−_−#)
今回も人気サイドを手広くと思ったのですが、5頭に絞ることすらできませんでした(>_<)
◎8ダノン○16サプレザ▲15ゴール△5オーロラ△9グローリー×4サクラ
スマイルジャックは敢えてキルトクールにしました。これって鉄板のサイン?

【テキサス】
◎スマイルジャック
○サプレザ
▲キンシャサノキセキ
△ジョーカプチーノ
×ダノンヨーヨー
難解な一戦。本命をどれにするかも迷いましたが、乗り替わりを吉とみてスマイルジャックを本命としました。なにせ鞍上を不安視してたもので……対抗にはサプレザを。外国馬の2年目の出走は着順を下げている傾向もあるので、この程度かなと。穴っぽい所ではジョーカプチーノを。前走以外に好走していましたので、一発があればこの馬かなと。馬券は手広くボックスで買います。

【たかQ】
◎16○6▲8△11×9
本命はサプレザ。昨年は3着で今年も同じローテーションで臨む本馬。勝ち負けを期待。相手はダノンヨーヨーなどから。


2010年11月14日

第35回 エリザベス女王杯(G1)予想

え!プロヴィナージュ出ないのぉぉ〜〜!そおぉぉなのぉぉぉ〜〜〜〜
よもやの本命視不在・・・

本命は[9]メイショウベルーガ。今年は牡馬と連戦しての実績。牝馬相手のここは有無を言わさず、だね。
対抗は[10]ヒカルアマランサス。状態に加え鞍上も強化。盲点になってないかい?え?っていうか要らない?・・・(^^;
あとは秋華賞組の扱いが難しいですが、ひとまず[16][5][2]。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はスノーフェアリー。外国馬を指名することはあまりないんですが、人気の割に来るイメージが湧かないというか。


【おがQ】
最近と言うか、ここ数年、強い牝馬頼りのG1です。勿論ここも、三冠レースで世話になった三冠馬に期待です。
◎5アパパネ○12アニメイト▲9ベルーガ△6スノー×7サンテ
誰かの娘さんにあやかって七五三馬券もあり?

【テキサス】
◎メイショウベルーガ
○アニメイトバイオ
▲スノーフェアリー
△アーヴェイ
×セラフィックロンプ
×レジネッタ
一番人気アパパネは前走がピークの上、今週の動きも今一つということで思い切って切ってみます。本命はメイショウベルーガ。前走の京都大賞典勝ちはかなり価値があるとみます。対抗はアニメイトバイオ。今秋は好調ですし、前走よりも動きがいいので、こちらを対抗とします。外国馬2頭も今までの女王杯に出走した外国馬よりも格上ですので、重い印を打ちました。けど、明日になったらアパ
パネ買ってしまうんだろうな……(^_^;)

【たかQ】
◎12○6▲5△9×2
今回こそアパパネからと言いたいところですが…本命はアニメイトバイオ。前走はアパパネの2着も上がり34.0はメンバー最速。ここも上位争い。相手は英愛オークス馬のスノーフェアリー。時計の出る速い芝にも対応可能。あとはアパパネ、メイショウベルーガなど。

2010年11月07日

第48回 アルゼンチン共和国杯(G2)予想

うひゃ、これはむずかしいやw
本命は[9]ジャミール。面子の薄いここはきめなきゃダメでしょ。
対抗は[1]スリーオリオン。距離とコースは申し分ない。あとはやるだけw
あとは[12][8][6]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はトーセンジョーダン。この鞍上で1番人気。指名のしがいがあるね!どんとこい!!!いやきたらダメwww

【おがQ】
前走、勝馬が二頭、他に馬券に絡んだ馬無く、半数以上が五着以下。どんなメンバー!?どこまで荒れても不思議なく、当たればでかいが、無理でしょうな(>_<)
◎9ジャミール○12スターリー▲1オリオン△2ジョーダン×18ハインド

【テキサス】
◎ゴールデンハインド
○トーセンジョーダン
▲ジャミール
△スリーオリオン
×エアジパング
今週だけGTのない中休みのようになってますが、この所の連勝の勢いに乗ってここも取りたい所です。本命はゴールデンハインド。前走こそ大敗してますが、その前の3連勝の勢いを買いました。鞍上も調子いいようですし。

【たかQ】
◎12○2▲1△8×13
ハンデ戦で難解ですね。2連勝中のトーセンジョーダンから行きたいとこですが、マイネルスターリーから。ここ2走は6着も0.7秒、0.6秒差。人気も落ちて馬券的に妙味ありです。相手はトーセンから人気サイドを中心に。

2010年10月31日

第142回 天皇賞(秋)(G1)予想

揃ったような揃ってないような、小粒なような大粒なような、微妙なメンバーですね。
ていうかそれは今年のG1全体にいえることかな。

さて、本命は[12]アーネストリー
充実一途。逆転の目があるならここかな!と。
対抗は[4]エイシンアポロン。
いい馬が理想的な枠をひきました。流れにのって粘りこめば一発もあり。
あとは[2][8][10][9]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はペルーサ。締まった流れはいまだに疑問符。


【おがQ】
今週も雨が気になります。先週は強気?の三連複が裏目となり、見事三着抜け(-.-;)
しかし、今回も懲りずに三連複勝負予定。人気サイドだけどね
◎2ブエナ○12アーネスト▲10シンゲン△16キャプテン×3ジャガー

【テキサス】
◎ブエナビスタ
○ペルーサ
▲シンゲン
△ジャガーメイル
×アーネストリー
堅い予想になりましたが、本命はブエナビスタ。無敗の東京で、内枠を引いた以上はずせません。対抗はペルーサで。前走のような出遅れがなければ、必ず勝ち負けする器と信じています。ダービーはダメでも天皇賞は相性のいい藤沢師の腕の見せ所です。シンゲンも高評価としました。去年は骨折もあって今一つでしたが、今年こそはの思いです。

【たかQ】
◎18○2▲4△7×14
本命はアリゼオ。毎日王冠の勝ち馬から行きましょう。
相手はブエナビスタ。やはり外せません。
あとは毎日王冠に出走した3歳馬2頭と穴でネヴァブションを

2010年10月24日

第71回 菊花賞(G1)予想

ダービー馬回避、個人的にはエイシン馬のリタは大変残念。
そのせいか混沌としてますね。
出馬表はなしですm(__)m

さて、本命は[6]ビッグウィーク
初重賞だった前走が見せ場十分の渋太さ。淀ならば逆転も十分。
対抗は[2]レーヴドリアン。あまり買わない馬ですが淀ならば話は別。面子拮抗で嵌れば一発。
あとは[1][15][10]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はクォークスター。この馬が差せる流れなら、より差せる他にもいる。

【おがQ】
ダービー馬のリタイアで、荒れる菊花賞は、相手探しの感がしますが、自分はその相手をいつも間違っています。
◎10キングダム○15メロディ▲3クォーク△6ビック×14ラピュタ

【テキサス】
◎ヒルノダムール
○トウカイメロディ
▲ローズキンクダム
△ビッグウィーク
×シルクオールディ
×ゲシュタルト
本命はヒルノダムール。札幌記念は今ひとつでしたが、相性のいい京都で最後の一冠をもぎ取ってほしい!ローズキンクダムは大舞台に弱いこの血統なので評価を下げました。

【たかQ】


2010年10月17日

秋華賞(G1)予想

随分ご無沙汰しておりましたm(__)m
秋G1に突入してますし、消去法なしですが復活いたしました。またよろしくお願い致します。

さて、秋華賞。2冠馬というか、1.5冠馬というか、1頭人気を集めていますね。

本命は[7]レインボーダリア。狙いすぎ?www
なかなか勝ちきれていないですが、北の競馬で見せてきたタフな末脚は武器になると思います。
対抗は[11]エーシンリターンズ。3冠通じて票を入れてきましたが、はやラストチャンス。頑張ってこいよ!と。
あとは[15][9][13][6]まで。ホントはもっと手広くいきますwww
【買い目】は上2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はサンテミリオン。フラワーCのような感じになるよ、きっと。

【おがQ】
夏競馬を休んで臨んだ秋最初のG1は惨敗でした。
秋二戦目、三冠がかかったレース、当然、中心で勝負します。
◎15アパパネ○10バイオ▲4フィズ△11エーシン×6ネモシン

【テキサス】
(お休み)

【たかQ】
さて、久々の予想ですね。秋華賞の予想です。◎10○15▲17△5×13です。牝馬三冠を狙うアパパネから行くのが定石でしょうが、ここはローズSを勝ったアニメイトバイオから。意外に人気してないので馬券的にも妙味ありです。
相手はアパパネからワイルドラズベリー、サンテミリオン、ディアアレトゥーサまで。

2010年08月07日

第45回関屋記念(G3)予想

ちょっと休んで帰省および引越しの準備していました。
あと2週間後に迫っていますので次週からは本格的に休もうと思っています。
引越し先でネット開通したら再開しますので、また遊びに来てください。

では関屋記念。出馬表なしでm(__)m

【まる松】
本命は[2]マイネルクラリティ。前走米子Sは不利な流れの中しっかり差し込んで見所十分の僅差3着。差し馬有利のこのレース、十分に勝ち負けできるはず。
相手は[7]マッハヴェロシティ。左回りは善戦するタイプ。展開嵌れば。
あとは[10][17][8]まで。【買い目】は[2]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はセイクリッドバレー。マイルはちょっと忙しいんじゃなかろうか。


【おがQ】
最近、というか、以前からだが、ワイドしかあたらねーなー(-.-;)
◎10スピリタス○9バレー▲13ナイスプレー△16キリシマ×17リザーブ

【テキサス】
◎セイクリッドバレー
○スピリタス
▲レッツゴーキリシマ
△キャプテンベガ
×エフティマイア
夏の小倉も真っ最中なので、是非小倉へ行きたいのですが、仕事が忙しくなかなか行く暇がないので、残念…今週は堅くタニノギムレット産駒のワン・ツーを狙います!

【たかQ】
◎10○13▲9△1×2
本命はスピリタス。3着以下が3回?と堅実派。勝ちきれない面は否めませんが、昇級即重賞勝利があってもおかしくないありません。相手も人気サイドから。

2010年07月18日

第10回アイビスサマーダッシュ(G3)予想

【出馬表】
第10回 アイビスサマーダッシュ(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 メジロシリング 牡7 56.0 的場 勇        
1 2 サープラスシンガー 牡6 56.0 田中 勝        
2 3 マルブツイースター 牡5 56.0 柴田 善        
2 4 ウエスタンビーナス 牝7 54.0 伊藤 工    
3 5 シンボリグラン 牡8 58.0 中舘 英        
3 6 ショウナンカザン 牡5 56.0 内田 博    
4 7 メリッサ 牝6 54.0 福永 祐      
4 8 ショウナンラノビア 牝7 54.0 北村 宏        
5 9 ケイティラブ 牝6 54.0 西田 雄 ×    
5 10 エーシンエフダンズ 牡6 56.0 松岡 正      
6 11 カノヤザクラ 牝6 57.0 小牧 太    
6 12 ジェイケイセラヴィ せ5 56.0 江田 照  
7 13 シャウトライン 牡5 56.0 浜中 俊      
7 14 キルシュブリューテ 牝6 54.0 吉田 豊        
7 15 アンバージャック 牡7 56.0 村田 一        
8 16 アポロドルチェ 牡5 56.0 勝浦 正     ×  
8 17 テイエムカゲムシャ 牡6 56.0 蛯名 正 ×  
8 18 アスドゥクール 牝5 54.0 石橋 脩     ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[10]エーシンエフダンズ。切れないもののテンから終いまでしっかり終える同馬。1000m戦は未知数ながら、持ち味活かせば粘り込みは十分可能。
対抗は[6]ショウナンカザン。短距離の血筋。秘めたるものはどれほどか、ちょいと期待。
あとは[17][13][9]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はカノヤザクラ。得意なレースとはいえさすがに57kgは。。。

◆おがQ◆
夏競馬は、連勝中で勢いのある馬中心で買いたいが、連勝どころか、前走勝ち馬が二頭しかいないなんて。
◆テキサス◆
本命はジェイケイセラヴィで、前走は5着でしたが、たたいて上向きと見ました。対抗は2連覇中のカノヤザクラです。斤量が気になって対抗までとしてますが、相性のいいこのレースあっさりのシーンも。以下はご覧の通り。夏の小倉も開幕するので、久しぶりに小倉へ出陣です!
◆たかQ◆
本命はウエスタンビーナス。前走はバーデンBCを2番手追走から勝利。人気がないなら買わない手はない。相手はケイティラブからカノヤザクラ、外枠の馬を中心に。

2010年07月11日

第15回プロキオンステークス(G3)予想

【出馬表】
第15回 プロキオンステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ナムラタイタン 牡4 56.0 熊沢 重
1 2 メイショウシャフト 牡7 56.0 難波 剛      
2 3 タマモホットプレイ 牡9 57.0 渡辺 薫        
2 4 タートルベイ 牡5 56.0 藤岡 康        
3 5 セレスハント 牡5 56.0 福永 祐        
3 6 ダイショウジェット 牡7 56.0 柴山 雄     ×  
4 7 マカニビスティー 牡3 53.0 藤岡 佑        
4 8 サマーウインド 牡5 56.0 藤岡 佑
5 9 コスモセンサー 牡3 54.0 藤岡 佑        
5 10 プロセッション 牡7 56.0 二本柳 壮        
6 11 マイプリティワン 牡6 56.0 小牧 太        
6 12 グロリアスノア 牡4 57.0 小林 慎 ×      
7 13 ティアップワイルド 牡4 56.0 池添 謙
7 14 トーホウアタック 牡6 56.0 和田 竜        
8 15 シャイニングアワー 牡5 56.0 幸 英   ×   ×
8 16 ケイアイガーベラ 牝4 56.0 岩田 康
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
上位決着は明らか。どの馬を基本に据えるかが焦点。
本命は[8]サマーウインド。6連勝中のヤツが1頭いますが、キャリアはこちらが上。最後の1Fをどう凌ぐかに全てがかかっている。
対抗は[13]ティアップワイルド。好位からの粘り強さが武器。持ち味が生きる流れになれば一発も。
あとは[1][16][7]。【買い目】は[8]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はメイショウシャフト。上位はどれも捨てがたいのでセーフティー指名。

◆おがQ◆
ワールドカップの準決勝、ドイツ完敗にショックを受け、悪夢にうなされる日々です。相変わらず、人気サイド中心で勝負してますが、自信がありません。ドイツで話題の、タコのパウル君に教えを受けたいです。
◆テキサス◆
連勝中のナムラタイタンは今回対抗まで。本命はケイアイガーベラとしました。小倉の開催が待ち遠しい!
◆たかQ◆
本命はナムラタイタン。連勝中の本馬、1番人気が強い本レース。狙わない手はありません。相手はサマーウィンドから。穴馬は夏競馬は格より上がり馬を狙えの格言を踏まえつつ。

2010年07月04日

第59回 ラジオNIKKEI賞(G3)予想

ただいまW杯ドイツ・アルゼンチン戦観戦中で目が離せないので出馬表なしでm(__)m

【まる松】
本命は[15]レト。福島巧者ですし、期待度高し。
相手は[3]ジャングルハヤテ。タフさが魅力。
[2][14][9]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はクォークスター。いまいち良い所が分からない。

【おがQ】
福島の天気、馬場より、ワールドカップが気になってます
◎1カトラス○9グローリー▲8クォーク△14アロマ×12ナイス

【テキサス】
予想しようとパソコンを開いたらオグリキャップの訃報が…現役で走ってたころは競馬を始める前でしたが、ビデオでは何度も見ました。残念です。予想は堅くなりました。
◎トゥザグローリー
○クォークスター
▲ガルボ
△レト
×アロマカフェ

【たかQ】
◎14○8▲11△12×3です。
本命はアロマカフェ。前走青葉賞は一旦後退しながら最後脚を伸ばして4着。ここは狙い目。相手はクォークスターからアースガルド、ナイスミーチューなど。穴はジャングルハヤテを指名。

2010年06月27日

第51回宝塚記念(G1)予想

【出馬表】
第51回 宝塚記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 イコピコ 牡4 58.0 岩田 康        
1 2 アーネストリー 牡5 58.0 佐藤 哲    
2 3 ネヴァブション 牡7 58.0 後藤 浩        
2 4 スマートギア 牡5 58.0 和田 竜        
3 5 ナムラクレセント 牡6 58.0 小牧 太        
3 6 セイウンワンダー 牡4 58.0 福永 祐   ×    
4 7 マイネルアンサー 牡6 58.0 川田 将        
4 8 ブエナビスタ 牝4 56.0 横山 典 ×
5 9 ロジユニヴァース 牡4 58.0 安藤 勝    
5 10 ジャガーメイル 牡6 58.0 ウィリアムズ
6 11 トップカミング 牡4 58.0 浜中 俊        
6 12 メイショウベルーガ 牝5 56.0 幸 英       ×
7 13 フォゲッタブル 牡4 58.0 蛯名 正    
7 14 マキハタサイボーグ せ8 58.0 太宰 啓        
7 15 コパノジングー 取消 牡4 56.0 藤岡 佑        
8 16 アクシオン 牡7 58.0 藤田 伸        
8 17 ナカヤマフェスタ 牡4 58.0 柴田 善      
8 18 ドリームジャーニー 牡6 58.0 池添 謙 ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[2]アーネストリー。休み明けだった金鯱賞を難なく勝利。好調度はもちろん、内回りと馬場と枠と3拍子が後押し。嵌れば十分勝ち負け。
対抗は[9]ロジユニヴァース。長期休養明けだった前走を0.3差の6着。差し向きだった展開を考慮すると評価に値する好走。ジョッキー替りも面白い要素。
あとは[10][13][8]。【買い目】は上位2頭の馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はドリームジャーニー。ここまで年内2戦。取りこぼしばかりで昨年のような勢いも感じられず。

◆おがQ◆
ワールドカップの決勝トーナメントの組み合わせが決まり、まだまだ寝不足の日々が続きますが、今年のG1も、前半戦ラスト!気合い入れて行きましょう。天気や休み明け等、不確定要素がグランプリの基本である、自分が世話になった馬中心で勝負します。
◆テキサス◆
本命はブエナビスタ。前走は何とか届いた感じでしたが、間隔を空けた今回は前走以上のパフォーマンスが期待できます。対抗、単穴は明日の馬場を考慮したものとなりました。たぶん明日も大幅に馬場が回復することはないでしょうから……しかし、こういうのがすべて裏目になっているのが、今年のGTなので、自分に自信がもてません。とにかく当てたいので、手広く買います!しかし、まさかワールドカップで日本代表よりイタリア代表が先に負けるなんてショック(T_T)
◆たかQ◆
人気はブエナビスタでしょうが…本命はジャガーメイル。前走の勢いに乗ってここでも勝ち負け。相手はブエナからフォゲッタブル、アクシオン。穴はメイショウベルーガ。ドリームジャーニーは当日の天気、ここまでの過程等から今回は見送ります。

2010年06月20日

第15回マーメイドステークス(G3)予想

【出馬表】
第15回 マーメイドステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 マイネレーツェル 牝5 54.0 和田 竜      
1 2 レジネッタ 牝5 56.0 岩田 康    
2 3 テイエムオーロラ 牝4 53.0 国分 恭
2 4 アースシンボル 牝5 50.0 高倉 稜   ×    
3 5 コロンバスサークル 牝4 53.0 田中 勝 ×      
3 6 チャームナデシコ 牝5 53.0 幸 英        
4 7 マイネトゥインクル 牝5 50.0 酒井 学        
4 8 ブラボーデイジー 牝5 56.0 北村 友  
5 9 ブライティアパルス 牝5 53.0 藤岡 康      
5 10 リトルアマポーラ 牝5 57.0 福永 祐        
6 11 チェレブリタ 牝5 54.0 村田 一        
6 12 ムードインディゴ 牝5 55.0 ウィリアムズ        
7 13 セラフィックロンプ 牝6 53.0 宮崎 北     × ×
7 14 ニシノブルームーン 牝6 55.0 北村 宏  
8 15 サンレイジャスパー 牝8 51.0 難波 剛        
8 16 ヒカルアマランサス 牝4 56.0 内田 博  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[8]ブラボーデイジー。開幕週で展開は読みにくいですが、前に行って損はないかと。前走より2F伸びてますし、持ち味を出し切れば十分勝ち負け。
対抗は[1]マイネレーツェル。最内死んだふりで一発はなかろうか。
あとは[9][3][5]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はヒカルアマランサス。前走は見事。ただ大外枠ですし、阪神内回りでは持ち味が出ないと思え。

◆おがQ◆
サッカーワールドカップで番狂わせが続きますが、高校時代から応援していたドイツまでも敗戦(T_T)黄色や赤のカードが嫌いです。しばらく三、五番枠を買えないかなー!でも、ドイツの国旗の色は二、三、五番枠だったなー(>_<)長い前置きでしたが、今回も、上がり馬中心で行きます。まさか、競馬も大番狂わせな のか(-.-;)
◆テキサス◆
本命はテイエムオーロラ。3連勝中でハンデも53kgで狙い目かと。対抗はヒカルアマランサス。ハンデ戦になってから56kg以上の馬は連対なしの不利なデータもあるので、対抗まで。しかし、ワールドカップの見過ぎで睡眠不足の日々が続いてつらい。その割には仕事で重要な試合を見落としがちなのも残念。昨日もドイツサポーターのおがQ氏からのドイツ敗戦の悲痛な叫びが入ってビックリ!イタリアもただでさえ主力が高齢化している上にブッフォンのヘルニアでの離脱はカテナチオどころじゃないな…。やはりヨーロッパ以外でのワールドカップではヨーロッパは活躍できない宿命かも…それにしてもマラドーナは監督なのに目立ち過ぎているなぁ…
◆たかQ◆
本命は連勝中のテイエムオーロラ。夏競馬は格より上がり馬を狙えの格言に従って、この馬から。ハンデも手頃。相手はニシノ、ブラボー、レジネッタと実績馬を。穴はセラフィックロンプ。

2010年06月13日

第46回CBC賞(G3)予想

【出馬表】
第46回 CBC賞(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ウエスタンダンサー 牝6 53.0 高倉 稜        
1 2 サンダルフォン 牡7 56.0 酒井 学
2 3 ランチボックス 牡5 54.0 田中 健 ×      
2 4 グッドキララ 牡6 53.0 太宰 啓        
3 5 エーブダッチマン 牡4 54.0 武 幸  
3 6 ヘッドライナー せ6 56.0 幸 英 ×  
4 7 ベストロケーション 牝5 53.0 木幡 初      
4 8 ワンカラット 牝4 54.0 藤岡 佑        
5 9 シンボリグラン 牡8 56.0 岩田 康  
5 10 スズカコーズウェイ 牡6 57.0 浜中 俊        
6 11 タマモホットプレイ 牡9 55.0 渡辺 薫        
6 12 アポロフェニックス 牡5 56.0 秋山 真 ×
7 13 エーシンビーセルズ 牡4 54.0 藤岡 康     ×  
7 14 ケイアイアストン 牡5 55.0 的場 勇      
7 15 ダッシャーゴーゴー 牡3 52.0 古川 吉        
8 16 メリッサ 牝6 52.0 池添 謙        
8 17 セブンシークィーン 牝4 52.0 騎手        
8 18 カノヤザクラ 牝6 56.0 小牧 太      
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
大混戦。人気の割れ方もすさまじい。バクシンオー産駒を狙い撃ちをたくらんでいたのですが軒並み人気が高い状態。作戦変更。
本命は[5]エーブダッチマン。粘り強さが活きれば。
対抗は[14]ケイアイアストン。どんなペースでも自分の持ち味はしっかり出すタイプ。嵌れば上位も。
あとは[6][12][3]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はサンダルフォン。前走の強烈な末脚は再現できるのか。半信半疑。

ついでにエプソムカップ(G3)も予想。
[2]セイウンワンダー。調子よさそうですし、安田を見送って照準を合わせた点も好感が持てる。必勝。
対抗は[14]ストロングリターン。関東圏は安定。1F延長もプラスと考え。
あとは[8][12][4]。
キルトクール】はゴールデンダリア。追い込み一辺倒。通用するかは半信半疑。

◆おがQ◆
春の連続G1も終わり、ちょっと一息、でも結果も一息だったし(-.-;)、何とか 失地回復をしたいものです。上がり馬を軸に、いってみますかな。 先週、骨折のためとはいえ、見事的中?したキルトクールは、休み明けというだ けで、18カノヤとします。
◆テキサス◆
春はとうに過ぎ、梅雨入りというのにいっこうに馬券には光は見えず…今週・来週のうちにしっかりと資金を稼がねば!
◆たかQ◆
本命はサンダルフォン。前走は上がり33.0の見事な末脚。ここでも中心視。相手はシンボリグランからエーブダッチマンなどを。



2010年06月06日

第60回安田記念(G1)予想

【出馬表】
第60回 安田記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 リーチザクラウン 牡4 58.0 安藤 勝    
1 2 スマイルジャック 牡5 58.0 三浦 皇  
2 3 アブソリュート 牡6 58.0 田中 勝        
2 4 [外]フェローシップ せ8 58.0 パートン     ×
3 5 [外]サイトウィナー せ7 58.0 ウィリアムズ ×      
3 6 ファリダット 牡5 58.0 蛯名 正        
4 7 グロリアスノア 牡4 58.0 小林 慎        
4 8 キャプテントゥーレ 牡5 58.0 横山 典      
5 9 スーパーホーネット 牡7 58.0 藤岡 佑        
5 10 [外]ビューティーフラッシュ せ5 58.0 コーツィー
6 11 マルカシェンク 牡7 58.0 柴山 雄     ×  
6 12 ライブコンサート せ6 58.0 和田 竜        
7 13 マイネルファルケ 牡5 58.0 松岡 正      
7 14 マルカフェニックス 牡6 58.0 福永 祐      
7 15 トライアンフマーチ 牡4 58.0 内田 博  
8 16 サンカルロ 牡4 58.0 吉田 豊      
8 17 ショウワモダン 牡6 58.0 後藤 浩   ×
8 18 エーシンフォワード 牡5 58.0 岩田 康        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
主要な前哨戦からまとめて出てきたのがマイラーズC組。掲示板をしめたのがほとんど出てきました。対して京王杯SCは荒れたのもあって影が薄い感じ。
読みにくい要素が多いですね。さあどうなることでしょう。

本命は[1]リーチザクラウン。この馬とは皐月賞で裏本命を打って以来、相性はデコボコ。買うとこないしキルと来るwここいらで和解したい感じ。それはさておき一番の要素は状態の良さ。スムーズに運べれば。
対抗は[16]サンカルロ。前走は末不発で凡走しましたが、1F伸びたのはプラス。開催も進んでますし見直しても良い。
あとは[14][10][8]。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はスマイルジャック。不動の指名w

ついでにユニコーンS予想。
本命は[13]バーディバーディ。仕様がないでしょう。見渡しても1頭抜けています。
対抗は[9]アースサウンド。先行力。これにかけたいところ。あとは[12][15][8]まで。
キルトクール】はバトードール。卒はないが特長もない。様子見。

◆おがQ◆
1番人気を切ってよかった事はないが、今回はリーチをキルトクールに指名します。
◆テキサス◆
もうここまで来ると春のGTは勝てない気もしてきました。あえてひとひねりして狙います。本命はトライアンフマーチ。東京のマイルは好成績なので、対抗はショウワモダン。こちらも連勝中なので。単穴はスマイルジャック。消そうかと思いましたが、デキのよさが目立つので。何が来てもいいようにボックスで買います。しかし、先週の結果を受けて事業仕分けを行い、大幅に予算は縮減です。トホホ……(>_<)
◆たかQ◆
本命はフェローシップ。ご存知の通り、本競走は香港馬が馬券に絡むことの多いレース。今回も香港馬から。ということで相手もビューティーフラッシュから、トライアンフマーチ、スマイルジャック、エーシンフォワードまで。

2010年05月30日

第77回東京優駿(G1)予想

【出馬表】
第77回 東京優駿(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 エイシンフラッシュ 牡3 57.0 内田 博 × ×
1 2 レーヴドリアン 牡3 57.0 藤岡 佑        
2 3 ルーラーシップ 牡3 57.0 四位 洋    
2 4 サンディエゴシチー 牡3 57.0 浜中 俊        
3 5 コスモファントム 牡3 57.0 松岡 正        
3 6 アリゼオ 牡3 57.0 ウィリアムズ      
4 7 ヴィクトワールピサ 牡3 57.0 岩田 康
4 8 ローズキングダム 牡3 57.0 後藤 浩        
5 9 ペルーサ 牡3 57.0 横山 典
5 10 トーセンアレス 牡3 57.0 江田 照      
6 11 ハンソデバンド 牡3 57.0 蛯名 正       ×
6 12 ヒルノダムール 牡3 57.0 藤田 伸 ×
7 13 ゲシュタルト 牡3 57.0 池添 謙        
7 14 リルダヴァル 牡3 57.0 福永 祐        
7 15 メイショウウズシオ 牡3 57.0 飯田 祐        
8 16 シャイン 牡3 57.0 和田 竜        
8 17 トゥザグローリー 牡3 57.0 戸崎 圭        
8 18 ダノンシャンティ 取消 牡3 57.0 安藤 勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
上位拮抗、どれからでも買える感じ。必然的に直接対決をしていない2頭が人気を分け合ってますね。でも勝ち馬は1頭。
そう、1頭!!のはずです。先週みたいなことがないように願いたいですね。1センチ差やら2センチ差やら言われて無理やり苦杯を飲まされてきた馬がどれだけいることか!(怒

・・・それはさておき、本題。
本命は[7]ヴィクトワールピサ。親父同士の対決で結果は既に出ています。ダービー馬はダービー馬から、ですね。
相手は[1]エイシンフラッシュ。前走はスタート後行き脚が付かずやや後方からでしたが0.2差の3着。人気度は随分差がありますが力差はわずか。展開次第。

あとは[9][3][12]。【買い目】は[7]から3連単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はトーセンアレス
今回は標的が取り消したので戦意喪失。セーフティー指名m(__)m

ついでに目黒記念も予想しときます。
本命[2]アルナスライン。長期休養明けですが面子も薄く負けたらダメ。
対抗は[4]フェニコーン。なかなか勝ち切れていませんが条件は好転。
あとは[3][11][12]。馬連ボックス。
キルトクール】はトップカミング。相手なりに走っていますが、それなりのこと。

◆おがQ◆
ダノンの取り消しで、2強対決となるかなー。三連単を買う度胸がないチキンな自分には、今回、人気薄まで手を出す余裕はないでしょう(>_<)
◆テキサス◆
ダノンシャンティの取消しは残念ですが、これも競馬。最も運のいい馬が勝つといわれたこのレース。それを改めて思い知らされました。本命はペルーサ、馬名の由来はあのディエゴ=マラドーナの愛称から来ているとか。この大一番で神の手ならぬ神の脚を繰り出して、勝ってくれることを祈っております。一戦ごとの成長が感じられ、前走では圧勝で最後は追うのをやめたのに4馬身差。相手は強力ですが、決め手で勝るこちらを上と取りました。対抗はヴィクトワールピサ。皐月賞馬ですから当然こちらが本命でもおかしくないですが、上がり33秒台を1度も使ったことがないので、東京での決め手比べで一歩劣るとみて対抗です。単穴にはヒルノダムールを。前走2着で、この馬の能力を再認識させられました。ひょっとしたらの逆転もあるかも以下はご覧の通り。アリゼオやエイシンフラッシュのような馬が3着に突っ込むと三連単はおいしいかも。とにかく好勝負を期待します。
◆たかQ◆
今年のダービーは役者揃いですねー。ダノンシャンティの取消は残念ですが。本命はヒルノダムール。前走、前々走は不利があってのもの。皐月賞の差は逆転可能かと。相手はエイシンフラッシュとピサの皐月賞組から。

2010年05月23日

第71回優駿牝馬(G1)予想

【出馬表】
第71回 優駿牝馬(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 コスモネモシン 牝3 55.0 石橋 脩        
1 2 アグネスワルツ 牝3 55.0 柴田 善      
2 3 アプリコットフィズ 牝3 55.0 四位 洋  
2 4 ショウリュウムーン 牝3 55.0 内田 博  
3 5 ギンザボナンザ 牝3 55.0 池添 謙        
3 6 オウケンサクラ 牝3 55.0 安藤 勝
4 7 ニーマルオトメ 牝3 55.0 北村 宏        
4 8 プリンセスメモリー 牝3 55.0 勝浦 正        
5 9 モーニングフェイス 牝3 55.0 藤岡 佑        
5 10 タガノエリザベート 牝3 55.0 川田 将        
6 11 ブルーミングアレー 牝3 55.0 松岡 正        
6 12 トレノエンジェル 牝3 55.0 戸崎 圭        
7 13 アニメイトバイオ 牝3 55.0 後藤 浩       ×
7 14 シンメイフジ 牝3 55.0 岩田 康     ×  
7 15 エーシンリターンズ 牝3 55.0 福永 祐 ×    
8 16 ステラリード 牝3 55.0 三浦 皇        
8 17 アパパネ 牝3 55.0 蛯名 正 ×
8 18 サンテミリオン 牝3 55.0 横山 典   ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
難しいですね〜、展開が読めない。。。どの馬にもチャンスありそうですし、現に考えてたら本命馬とキルトクール馬が入れ替わってしまいました。終わった後は頭抱えてそうで怖いッスね。
本命は[4]ショウリュウムーン。前走は直線半ばで致命的な不利を受けつつも立て直して差をつめ4着。差し脚は上位。前々走の勝ちっぷりを見ても、湿った馬場がキレを奪うこともなさそうですし、むしろ歓迎かと。昨日のキルトクール予定から大躍進。
対抗は[15]エーシンリターンズ。桜花賞に引き続き支援。状態のよさはピカイチ、あとはタイトル奪取。
あとは[6][3][17]。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はサンテミリオン
そつのない競馬をしてますが、パンチ不足ではある。本命から転落。

◆おがQ◆
バラックの怪我、タマモサポートの引退と、個人的にショックを受けている今週、せめて、G1ぐらい勝たないと、やってられませんしかし、再三言ってるが、自分の距離適性判断はいつも裏目るからなー。
◆テキサス◆
難解な一戦。本命はオウケンサクラ。桜花賞2着で、血統的にも不安なし。過去のオークス馬と同様な傾向で巻き返し濃厚。対抗にアグネスワルツ。こちらは距離や展開に不安がありますが、骨折明けから叩き2戦目の上積みと内枠有利な馬場を味方につけて逃げのこりを期待。以下の印はこのようになってますが、印をつけていない馬でもまだチャンスありと見ます。馬券も手広くいかないと。しかし、勝てんなぁ〜(T_T)
◆たかQ◆
本命はオウケンサクラ。前走は逃げてアパパネの2着。ここはすんなり逃げられるか微妙ですが、好位から抜け出すレースも出来るだけに、馬券的な妙味を考えて本命に。相手は人気馬からアニメイトバイオまで。

2010年05月16日

第5回ヴィクトリアマイル(G1)予想

【出馬表】
第5回 ヴィクトリアマイル(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ベストロケーション 牡5 55.0 木幡 初        
1 2 ヒカルアマランサス 牡4 55.0 内田 博        
2 3 ラドラーダ 牡4 55.0 安藤 勝   × ×
2 4 ウェディングフジコ 牡6 55.0 吉田 隼      
3 5 アルコセニョーラ 牡6 55.0 武士沢 友        
3 6 シセイカグヤ 牡4 55.0 丸田 恭        
4 7 ミクロコスモス 牡4 55.0 福永 祐      
4 8 ヤマニンエマイユ 牡7 55.0 吉田 豊        
5 9 ブロードストリート 牡4 55.0 藤田 伸  
5 10 ニシノブルームーン 牡6 55.0 北村 宏 ×      
6 11 ブエナビスタ 牡4 55.0 横山 典
6 12 ブラボーデイジー 牡5 55.0 北村 友  
7 13 ワンカラット 牡4 55.0 藤岡 佑       ×
7 14 コロンバスサークル 牡4 55.0 蛯名 正        
7 15 アイアムカミノマゴ 牡4 55.0 秋山 真        
8 16 ムードインディゴ 牡4 55.0 上村 洋        
8 17 レッドディザイア 牡4 55.0 四位 洋
8 18 プロヴィナージュ 牡4 55.0 佐藤 哲        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
完全に2強ムード。
ただ、認めるならば予想なんてする必要なく、馬券は1点だけ買えばいいだけの話。認めないところに予想する意義が。後押しするのは例年にない「超」高速馬場。ここを読みきれれば、あるいは。

本命は[11]ブエナビスタ。ローカルから海外まで、相手はもちろんのこと、距離もペースもさまざまなレースを経験してのこの実績。無理なく好位について押し切る横綱相撲が濃厚。
対抗は[4]ウェディングフジコ。この馬の脚質を活かすのに絶好の枠と絶好の馬場に恵まれました。この条件を最大限に活かし切れれば一角崩しもありはしまいか。
あとは[9][12][10]【買い目】は[11]からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はレッドディザイア。前走は度外視するとしても帰国後の調整を見る限り上昇度は今ひとつ。完調一歩手前と判断。後はこの一歩の差に他馬がどれだけ付け入れるかということですね。

◆おがQ◆
昨年、牝馬三冠で世話になった馬で。つまり、ド本命サイドで・・・まあ、いつも通りですな。
◆テキサス◆
今週こそは連敗脱出をかけて2強で勝負!2頭のマッチレースを期待。馬券は馬連1点と3連単で勝負!とにかくジリ貧から脱出したい……ギリシャの経済破綻が救われるなら、こちらの経済破綻はブエナ・レッド銀行が助けてくれるものと思いたい……
◆たかQ◆
本命はブエナビスタ。ドバイでも2着。力は一枚上手でしょう。相手はやは りレッドデザイア。この他にラドラーダから残りは穴っぽいところを。

2010年05月09日

第15回NHKマイルカップ(G1)予想

【出馬表】
第15回 NHKマイルカップ(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ダイワバーバリアン 牡3 57.0 蛯名 正  
1 2 コスモセンサー 牡3 57.0 石橋 脩      
2 3 リルダヴァル 牡3 57.0 福永 祐   ×
2 4 サンライズプリンス 牡3 57.0 横山 典
3 5 サウンドバリアー 牝3 55.0 内田 博 ×      
3 6 ニシノメイゲツ 牡3 57.0 北村 宏        
4 7 トシギャングスター 牡3 57.0 浜中 俊        
4 8 パドトロワ 牡3 57.0 柴田 善        
5 9 モンテフジサン 牡3 57.0 武士沢 友        
5 10 キョウエイアシュラ 牡3 57.0 吉田 豊        
6 11 エイシンアポロン 牡3 57.0 岩田 康    
6 12 キングレオポルド 牡3 57.0 伊藤 工     ×  
7 13 ダノンシャンティ 牡3 57.0 安藤 勝
7 14 シゲルモトナリ 牡3 57.0 松岡 正   ×    
7 15 ガルボ 牡3 57.0 後藤 浩        
8 16 レト 牡3 57.0 幸 英      
8 17 エーシンダックマン 牡3 57.0 四位 洋        
8 18 エーシンホワイティ 牡3 57.0 北村 友        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
荒れるG1と言われていますが、上位決着しそうな感じがします。
[4]サンライズプリンスから。前走のNZT。大外枠から出遅れる致命的なスタートに加え、向正面で早々と2番手まで押し上げる強引な競馬。にも関わらず、1.32秒台の破格の時計で押し切る凄い内容。頭一つ抜けているように思います。ただ今回も出遅れるでしょうが・・・
相手は[2]コスモセンサー。他にハナを主張するのがいますので番手で追走か。ペースは速いしょうから持ち味が出れば。
あとは[13][1][5]まで。【買い目】は[4]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はリルダヴァル。前走時不可解な馬体減。続けての関東遠征は疑問符。

◆おがQ◆
バカ荒れすることが多いレースですし、ワイドでも当たる気がしません。連休疲れが増す結果になるのかなー
◆テキサス◆
GWも天皇賞の惨敗で早々と終了し、馬券的にはただいま氷河期のまっただ中。今週こそ春が来たらと思う今日この頃……本命はサンライズプリンス。前走が圧巻!ここも確勝。対抗は今週の調教の動きがよかったリルダヴァルで。皐月賞は鬼門の1枠1番に入っていま一つでしたが、叩き3走目で、東京コースに代わり条件は好転するはずです。以下はご覧の通り。大穴でキングレオポルドを狙ってみます。東京ではレコード勝ちがありますので。
◆たかQ◆
本命はエイシンアポロン。皐月賞は11着と惨敗しましたが、距離が短くなるのは好材料では。惨敗のおかげで人気はないので、ここは狙い目かと。相手はやはり人気を落としているダイワバーバリアン。この馬もマイル前後が適距離かと。残りは人気している馬を。

2010年05月02日

第141回天皇賞(春)(G1)予想

本日はG1ですが出先につき出馬表無しでm(__)m

【まる松】
[3]フォゲッタブルから。近走内容見るべきものは多いですしこのメンバー構成ならば勝者の資格あり。
相手は[15]エアシェイディ。遠征競馬は苦手な同馬ですが、9歳ですしそろそろ慣れてもw
あとは[13][11][18]まで。【買い目】は[3]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はジャガーメイル。鞍上も含めて力を計りかねます。

【おがQ】
ドリジャニが回避した時点で、本命に指名しようとしたフォゲッタブルも、回復具合が判らず・・まあ切る度胸もないけど。
一頭軸流しで行こうと思ってたが、ボックスだろーなー。
◎16キッツ○3フォゲッタブル▲13ジャミール△6トリック×10アンコール

【テキサス】
◎ジャミール
○マイネルキッツ
▲メイショウベルーガ
△トーセンクラウン
×ナムラクレセント
×ミッキーペトラ
本命はジャミール。重賞勝ちはありませんが、長距離向きの血統でイチ押しです。以下はご覧の通り。馬券は手広くボックスで。



2010年04月25日

第15回アンタレスステークス(G3)予想

【出馬表】
第15回 アンタレスステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 マルブツリード 牡7 56.0 浜中 俊        
2 2 ウォータクティクス 牡5 57.0 岡部 誠      
2 3 ナニハトモアレ 牡4 56.0 藤岡 佑     ×  
3 4 ドリームサンデー 牡5 56.0 池添 謙        
3 5 シルクメビウス 牡4 57.0 田中 博  
4 6 ロラパルーザ 牡4 56.0 吉田 豊        
4 7 クリールパッション 牡5 56.0 佐藤 哲 ×      
5 8 ピイラニハイウェイ 牡5 56.0 熊沢 重        
5 9 ラッシュストリート せ5 57.0 秋山 真        
6 10 タマモクリエイト 牡5 56.0 幸 英   ×    
6 11 ダイシンオレンジ 牡5 56.0 川田 将    
7 12 トランセンド 牡4 56.0 安藤 勝  
7 13 フサイチセブン 牡4 58.0 内田 博  
8 14 ダイショウジェット 牡7 56.0 岩田 康        
8 15 フサイチピージェイ 牡5 56.0 小牧 太        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
上位拮抗。どれを選ぶかだけだね。
[5]シルクメビウス。休み明けがどうかという面はあるけどそこを食うのが味噌。この人気なら旨み十分。
[11]ダイシンオレンジ。関西圏では安定して走れる同馬。1800のタイムも1:50台で安定してるのはご愛嬌。あと0.5詰めれたら面白いんだが。
あとは[13][12][7]。【買い目】は[5]より馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はウォータクティクス
長らくスランプにあるので今回はハナを取ってくるでしょうがそれでもどこまで。

◆おがQ◆
三強?かな。ここ五年は、両極端な結果だが、どちらにしても、固く決まらなければ当たらないしなー
◆テキサス◆
ワンダーアキュートは回避しましたが、それでも好メンバーが揃いました。その代わり堅そうです。もちろん堅い所から三連単まで狙います
◆たかQ◆


2010年04月18日

第70回皐月賞(G1)予想

【出馬表】
第70回 皐月賞(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 リルダヴァル 牡3 57.0 福永 祐      
1 2 ハンソデバンド 牡3 57.0 蛯名 正 × ×  
2 3 トーセンアレス 牡3 57.0 田中 勝        
2 4 ネオヴァンドーム 牡3 57.0 安藤 勝      
3 5 ローズキングダム 牡3 57.0 小牧 太  
3 6 ゲシュタルト 牡3 57.0 勝浦 正     ×  
4 7 レッドスパークル 牡3 57.0 秋山 真        
4 8 バーディバーディ 牡3 57.0 松岡 正        
5 9 サンディエゴシチー 牡3 57.0 浜中 俊        
5 10 シャイン 牡3 57.0 和田 竜        
6 11 エイシンフラッシュ 牡3 57.0 内田 博        
6 12 エイシンアポロン 牡3 57.0 池添 謙  
7 13 ヴィクトワールピサ 牡3 57.0 岩田 康 ×
7 14 レーヴドリアン 牡3 57.0 藤岡 佑      
7 15 ダイワファルコン 牡3 57.0 北村 宏       ×
8 16 ヒルノダムール 牡3 57.0 藤田 伸        
8 17 ガルボ 牡3 57.0 後藤 浩        
8 18 アリゼオ 牡3 57.0 横山 典
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
主力級は既に何度も手を合わせ互いに勝ち負け。差の無いメンバー構成で展開が最重要の鍵。
内目の好位でコーナーの立ち回りからスッと抜け出すのが基本。豪快な差しきりは稀。

[5]ローズキングダムから。前走はよもやの3着敗退。本番を見据えての道中の位置取りはまずくはなかったが、自慢の伸びを欠いたのは休養明けに加え減っていた馬体重の影響があったかとも。
デビュー以来使い減りしてきており、クラシックでVを掴むにはここしかない状態。なんとか頑張れ。

相手の中心は[4]ネオヴァンドーム。戦歴は地味だが、前走では他馬の脚色が鈍ったところを馬群を割って抜け出し重賞V。スッパリとは切れないものの粘り強くバテない末脚は目を引くものが。上手く立ち回れば一発も。
あとは[12][2][13]。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアリゼオ
ここまでのメンバーが揃った中でそこまで積極的に買う材料がない。

◆おがQ◆
人気馬ばかり選びました。でも、このレースって、ここ数年荒れてるからなー
◆テキサス◆
牡馬クラシック第1弾このレースを1番人気で勝つ馬は、出走すればダービーも勝てるという心強いデータがありますが、今年の1番人気ヴィクトワールピサはその器もあるかと見ます。対抗はスプリングSで勝ったアリゼオで。前走は逃げ切りですが、流れが速くなるGTなら逃げなくても折り合いはつくはず。ここも一発を期待。ローズキングダムは前走の敗北もさることながら、この血統ならではの甘さが出ると見て3番手までとします。穴っぽいとこるでスプリングS2着のゲシュタルトを狙ってみます。
◆たかQ◆
本命はヴィクトワールピサ。目下4連勝中。しかも全て2000mでの勝利。ここでも勝ち負けすると思います。相手はスプリングSを勝ったアリゼオ。以下は例のごとく穴っぽいところを中心に。

2010年04月11日

第70回桜花賞(G1)予想

【出馬表】
第70回 桜花賞(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ショウリュウムーン 牝3 55.0 佐藤 哲    
1 2 ギンザボナンザ 牝3 55.0 北村 宏 ×      
2 3 アプリコットフィズ 牝3 55.0 横山 典  
2 4 コスモネモシン 牝3 55.0 石橋 脩    
3 5 モトヒメ 牝3 55.0 大野 拓        
3 6 ワイルドラズベリー 牝3 55.0 浜中 俊        
4 7 タガノエリザベート 牝3 55.0 川田 将        
4 8 オウケンサクラ 牝3 55.0 安藤 勝   × ×  
5 9 アパパネ 牝3 55.0 蛯名 正  
5 10 レディアルバローザ 牝3 55.0 和田 竜        
6 11 エーシンリターンズ 牝3 55.0 福永 祐      
6 12 ステラリード 牝3 55.0 藤田 伸        
7 13 アニメイトバイオ 牝3 55.0 内田 博  
7 14 ジュエルオブナイル 牝3 55.0 幸 英        
7 15 サウンドバリアー 牝3 55.0 渡辺 薫       ×
8 16 ラナンキュラス 牝3 55.0 四位 洋   ×  
8 17 シンメイフジ 牝3 55.0 岩田 康    
8 18 プリンセスメモリー 牝3 55.0 勝浦 正        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
展開一つで結果が真逆になるぐらい紙一重の大混戦。さて、どうしましょう?
本命は[9]アパパネ。前走はゴール直前で脚があがってしまい2着でしたが、それは休養明けと道悪の影響。長期栗東滞在で鍛え上げた今回は別格の仕上がり。仕掛けどころさえ間違わなければきっちり抜け出せるはず。
対抗は[11]エーシンリターンズ。いい意味で人気を裏切るのは母親譲り。期待した前走でもあわやの3着好走。ここも引き続き支援。
あとは[4][16][2]。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアプリコットフィズ
底を見せてはいないものの有力他馬と走った経験もなく、未知の魅力というにはハイリスクローリターン。

◆おがQ◆
昨年同様の人気サイド決着を期待。十日に出来た新政党名から『あ』を抜くと大変な事になるらしいので、頭に『ア』の付く人気馬を中心に。
◆テキサス◆
人気のアパパネですが、鞍上には去年のナカヤマフェスタでかなり痛い目に遭いましたので、消します。本命はアプリコットフィズで。まだ3走しか走っていないのにかなり才能の片鱗をみせつつある前走、このような馬が桜花賞馬にふさわしいかということで本命。対抗にはシンメイフジ。もっと人気がないかと思いましたが、意外と人気になってました。調教での併走馬にちぎり方は圧巻の一言。展開次第では逆転もあるとみて対抗。以下ご覧の通り。難解な一戦なので、とてつもない伏兵の台頭もあるとみて手広く流します。
◆たかQ◆
素直にアパパネからと思ったのですが、そこは穴党。ちょっと逆らってみたいのです。本命はアニメイトバイオ。阪神JF2着馬。連対率100%。ここも勝ち負けしてくれるでしょう。程よく人気も落ちてるみたいだし(笑)相手はアパパネから穴っぽいところを。

2010年04月04日

第54回産経大阪杯(G2)予想

【出馬表】
第54回 産経大阪杯(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 フィールドベアー 牡7 57.0 秋山 真       ×
22 サンライズベガ 牡6 57.0 和田 竜 ×  
3 3 ヤマニンキングリー 牡5 58.0 藤田 伸        
4 4 ホッコーパドゥシャ 牡8 57.0 鮫島 良      
5 5 タスカータソルテ 牡6 57.0 松田 大        
5 6 ゴールデンダリア 牡6 57.0 川田 将      
6 7 シェーンヴァルト 牡4 57.0 北村 友 ×
6 8 ドリームジャーニー 牡6 59.0 池添 謙
7 9 サクラオリオン 牡8 57.0 福永 祐      
7 10 ショウナンライジン 牡6 57.0 藤岡 佑        
8 11 テイエムアンコール 牡6 57.0 浜中 俊 ×  
8 12 エアシャトゥーシュ 牡5 57.0 中舘 英    
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[8]ドリームジャーニー。負けは許されないメンバー構成。
相手探しが最も肝心。筆頭は[6]ゴールデンダリア。重賞では凡走しか見せていませんが、1頭除けば差が無いだけに展開嵌ればこういうタイプが面白い。
あとは[11][12][2]。【買い目】は[8]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はシェーンヴァルト
前走確勝級のOP戦を取りこぼし。更に斤量増でお買い得感ゼロ。

◆おがQ◆
先週は、軸馬の出遅れで完敗。ある意味例年の俺らしくなってきたなー。人気のドリジャニ、父ステイゴールド譲りの小柄な馬体に59キロは厳しい気もしますが、この面子なら何とかして欲しいです。
◆テキサス◆
ここは格の違いでドリームジャーニーの押し切り濃厚。相手探しとみます。相手もこれといって特筆すべきものはいないので、堅い所から。
◆たかQ◆
本命はドリームジャーニー。断然の一番人気でも、このメンバーなら仕方ないでしょう。素直に軸に。一方、ヒモは中途半端な人気馬より人気下位の馬を厚めに。

2010年03月28日

第40回高松宮記念(G1)予想

【出馬表】
第40回 高松宮記念(G1)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 セブンシークィーン 牝4 55.0 北村 友        
1 2 アイルラヴァゲイン 牡8 57.0 秋山 真        
2 3 アルティマトゥーレ 牝6 55.0 横山 典
2 4 ショウナンカザン 牡6 57.0 柴田 善        
3 5 トウショウカレッジ 牡8 57.0 川田 将     ×  
3 6 キンシャサノキセキ 牡7 57.0 四位 洋
4 7 カノヤザクラ 牝6 55.0 小牧 太        
4 8 エーシンエフダンズ 牡6 57.0 佐藤 哲       ×
5 9 ファイングレイン 牡7 57.0 勝浦 正      
5 10 ヘッドライナー せ6 57.0 酒井 学   ×    
6 11 エイシンタイガー 牡4 57.0 池添 謙      
6 12 グランプリエンゼル 牝4 55.0 熊沢 重      
7 13 サンカルロ 牡4 57.0 吉田 豊 ×    
7 14 スズカコーズウェイ 牡6 57.0 古川 吉        
7 15 プレミアムボックス 牡7 57.0 幸 英    
8 16 エーシンフォワード 牡5 57.0 岩田 康    
8 17 ビービーガルダン 牡6 57.0 安藤 勝   ×  
8 18 ピサノパテック 牡8 57.0 田中 勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
昨日の2重賞は、指名馬が上位3頭をキレイに締めたにも関わらず、ボタンの掛け違いで小額配当。。。今日こそ絞って大きく狙いたい。
本命は[3]アルティマトゥーレ。この一族は狙うと来ない、指名するとドンガバチョする鬼門の血筋。しかし脚質と絶好枠とを考慮するとV最短は同馬かと。
相手は[12]グランプリエンゼル。NHKマイル好走馬は1200向き。
そして[16]エーシンフォワード。本命馬との差は枠順の違い。でもスムーズに運べる外枠は帰ってプラスとも。あとは[17][13]まで。
【買い目】は上位3頭から馬単フォーメーション。。。って全然絞ってないしw
キルトクール株式会社
キルトクール】はキンシャサノキセキ
前走勝利はこの馬にしては珍しい好発と渋った馬場の助け。あっけない凡走があってもおかしくはないタイプ。

◆おがQ◆
当たるとデカイ大混戦!と思ってたのだが、上位三頭がそこそこ人気してますな。結局人気サイドを切れない、いつもの自分がいます。
◆テキサス◆
本命はキンシャサノキセキ。重賞3連勝の勢いを駆ってGTのここも確勝とみます。対抗はアルティマトゥーレ。馬場の荒れた内枠が引っかかりますが、実力はGT級、もちろん逆転あるかも。外枠からの差し馬でプレミアムボックスは▲。復調気配のファイングレインを△。前走度外視のビービーガルダンは×で。そして、もう1頭穴候補にできのいいトウショウカレッジを狙っていきます。花粉症からやっと復調してきたので、ここで一発競馬も勝利といきたいものです、
◆たかQ◆
本命はプレミアムボックス。前に行く馬が多いメンバー構成。成績に関係なく毎レース最速の上がりをマークしている本馬の末脚に期待します。相手は重賞3連勝中のキセキから穴は人気してないエイシン、エーシン丼で。

2010年03月21日

第58回阪神大賞典(G2)予想

【出馬表】
第58回 阪神大賞典(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 イコピコ 牡6 57.0 川田 将
2 2 ウィルビーキング せ6 57.0 四位 洋        
3 3 シグナリオ 牡6 57.0 三浦 皇 ×      
3 4 テンシノゴールド 牡7 57.0 吉田 稔      
4 5 ニホンピロレガーロ 牡7 57.0 酒井 学       ×
4 6 ジャミール 牡4 56.0 安藤 勝 ×  
5 7 ベルウッドローツェ 牡4 56.0 的場 勇        
5 8 コパノジングー 牡5 57.0 藤岡 佑        
6 9 ドリームフライト 牡6 57.0 国分 恭        
6 10 ホクトスルタン 牡6 57.0 武 豊    
7 11 メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添 謙  
7 12 ゴールデンメイン せ10 57.0 太宰 啓      
8 13 トウカイトリック 牡8 57.0 藤田 伸 ×  
8 14 アサクサキングス 牡6 58.0 岩田 康  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[10]ホクトスルタンから。前走は驚きの粘り。キルトクール指名だったので思わず冷汗でしたが、京都外廻りを粘り込んだのは見事。叩き2走目で引き続き。
相手は[13]トウカイトリック。阪神がどうかというところはありますが、この面子ならばチャンスは十分。あとは[6][4][3]まで。
【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はイコピコ
積極的に買える条件が良く分からないのが本音。ただ阪神内廻りで考えると、有馬を見る限り坂のある小回りは不得手かと。

◆おがQ◆
このレースが、春天の前哨戦なのでしょうか?本命不在の大混戦かと!でも、バカ荒れはしないと信じて、人気サイドでイキマスカ。
◆テキサス◆
ほんのちょっと前まではこのレースの結果が即天皇賞(春)の結果につながっていたのに、それも今や昔のこと……なんだか世の無常を感じざるを得ない近年の長距離GTへの道程ですが、ここはトライアルと割り切って本命はイコピコで。本番ではいかにも危険な気もしますが、阪神コースなら神戸新聞杯の再現もあるかと。対抗は迷いましたが、昨年の勝ち馬アサクサキングスで。少し間隔を開けたのが吉とでるとみます。
◆たかQ◆
本命はトウカイトリック。ベテランですが、今だに長距離競走では侮れない存在。ここも大崩れしないでしょう。相手はメイショウベルーガ、イコピコの有力馬から穴っぽいところ。

2010年03月14日

第44回フィリーズレビュー(G2)予想

【出馬表】
第44回 フィリーズレビュー(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 アマファソン 牝3 54.0 石橋 守        
1 2 ロジフェローズ 牝3 54.0 横山 典    
2 3 レディアルバローザ 牝3 54.0 和田 竜      
2 4 モトヒメ 牝3 54.0 大野 拓        
3 5 サウンドバリアー 牝3 54.0 渡辺 薫   ×    
3 6 テイラーバートン 牝3 54.0 藤岡 佑  
4 7 カレンチャン 牝3 54.0 鮫島 良 ×  
4 8 ステラリード 牝3 54.0 川田 将     ×  
5 9 ソムニア 牝3 54.0 川原 正        
5 10 ケイアイデイジー 牝3 54.0 幸 英        
6 11 ニシノモレッタ 牝3 54.0 浜中 俊     ×
6 12 エリモエポナ 牝3 54.0 池添 謙        
7 13 ハニーメロンチャン 牝3 54.0 武 豊      
7 14 [地]ラブミーチャン 牝3 54.0 浜口 楠    
8 15 ラナンキュラス 牝3 54.0 四位 洋
8 16 パリスドール 牝3 54.0 熊沢 重        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[15]ラナンキュラスから。どうしても後手に回ってしまいますが決め手は数段上。中間もビッシビシに乗り込まれており、単なる権利取りならぬ勝負気配。必勝態勢。
[3]レディアルバローザが対抗。前走は条件勝ちながら牡馬相手で良い内容。引き続き面白い。
あとは[6][11][7]。【買い目】は馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はラブミーチャン。血統からいけばやはりダート色が強いと思うし、ライデンリーダーほどのインパクトもないし、1番人気では手をだしづらい。。。応援はしてますけどね(^^

◆おがQ◆
ダート連勝中の二頭を買うつもりですが、軸にするのはなー。
◆テキサス◆
ラブミーチャンが人気ですが、ここが試金石と見て外します。本命はロジフェローズでいきます。まだ500万条件を勝ったばかりの身ですが、あえて狙ってみます。以下はご覧の通りです。割と人気所からいきます。
◆たかQ◆
本命はテイラーバートン。前走、前々走と重賞で3着。桜花賞に向けてここは負けられないところ。勝ち負けするでしょう。相手は久々のラナンキュラスから、笠松の星ラブミーチャンなど。

2010年03月06日

第47回弥生賞(G3)予想

急遽外泊になりノートPCも使えないので、今回は携帯から随時追記します。
出馬表はありませんm(__)m

【まる松】。
[3]エイシンアポロンから。強いのがいる上に朝日FSから一気の距離延長ですが、クラシックで脇役に甘んじないためにもここは勝ってほしいところ。
相手は[4]ミッションモード。個人的には大物感がある?と思っています。ここが試金石。
あとは[1][10][2]まで。【買い目】は[16]から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアドマイヤテンクウ。この馬主はクラシックから締め出したい。

【テキサス】
◎ヴィクトワールピサ○アドマイヤテンクウ▲ダイワバーバリアン△コスモヘレノス×ミッションモード
花粉症がひどくて、予想に今一つ集中が入らない…しかし、こんなんに負けてはいけない!本命はヴィクトワールピサで。ここは堅くいきますが、決めてローズキングダムとの本番での再戦に向けての布石としてほしいです。人気所ではエイシンアポロンを消しとしました。距離が長いとの懸念があります。それにしてもウオッカが負けてしまってショック(T_T)

(以下、コメント欄より転載)
【おがQ】
基本的に人気サイドで決まるレースかな?人気四頭で行くつもりですが、天気が気になります。
◎1ピサ○4ミッション▲3アポロン×13テンクウ

【たかQ】
◎3○1▲13△11×4です。
ヴィクトワールピサが断然人気しているようですね。2000m全勝の実績からも当然のことと思います。が、しかし。ピサから行っては穴党の名が廃ります。て、ことでアポロンから。距離延長が微妙ですが…相手はピサから人気どころを。


2010年02月28日

第84回中山記念(G2)予想

【出馬表】
第84回 中山記念(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 キングストリート 牡4 56.0 武 豊
1 2 モエレビクトリー 牡4 56.0 的場 勇    
2 3 トーセンクラウン 牡6 57.0 江田 照        
2 4 セイクリッドバレー 牡4 56.0 三浦 皇     ×  
3 5 テイエムアンコール 牡6 57.0 浜中 俊        
3 6 サニーサンデー 牡4 56.0 佐藤 哲    
4 7 ライブコンサート せ6 57.0 内田 博 ×      
4 8 ダンスインザモア 牡8 57.0 松岡 正        
5 9 ドリームサンデー 牡6 57.0 戸崎 圭      
5 10 ショウワモダン 牡6 57.0 後藤 浩      
6 11 アブソリュート 牡6 57.0 田中 勝    
6 12 マイネルシュピール 牡7 57.0 蛯名 正   ×   ×
7 13 マイネルグラシュー 牡6 57.0 石橋 脩        
7 14 シャドウゲイト 牡8 58.0 横山 典    
8 15 キングストレイル 牡8 57.0 北村 宏        
8 16 トウショウウェイヴ 牡5 57.0 中舘 英  
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[1]キングストリート。先行の面子が厚く速いペースが予想されるので、内をロスなくスルスル、勝負どころでスッと抜け出て理想通りに運べそうで。
相手は[9]ドリームサンデー。前走は速いペースを番手で追走し自滅。今回もライバルは多いが残るのはこの馬。
あとは[10][11][7]。開幕週とはいえ差し馬重視で。【買い目】は馬連ボックス。
キルトクール株式会社
キルトクール】はシャドウゲイト
前走は久々に持ち味出せたものの、今回一気の2F短縮は大幅にマイナス。

◆おがQ◆
連勝の勢いか、オープン戦での実績か?ちなみに、自分が推した馬は、オープンの壁にぶちあたるパターンが多いです。
◆テキサス◆
本命はアブソリュート。今年こそ本格化に期待がかかります。去年の勝ち馬はそういえばカンパニーだったと思えば、ここで勝てるならば本格化か…。後は近走勢いのあるものから2頭。穴にはちょっと渋いところを入れて見ました。
◆たかQ◆
本命はサニーサンデー。前走中山金杯では6着ながら0.1秒差。斤量は増えるものの、ここは一発狙ってみましょう。相手はキングスストリートからシャドウゲイトなどを。

2010年02月21日

第27回フェブラリーステークス予想

【出馬表】
第27回 フェブラリーステークス
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ダイショウジェット 牡7 57.0 柴山 雄        
1 2 ケイアイテンジン 牡4 57.0 四位 洋        
2 3 テスタマッタ 牡4 57.0 岩田 康    
2 4 エスポワールシチー 牡5 57.0 佐藤 哲
3 5 スーパーホーネット 牡7 57.0 藤岡 佑        
3 6 サクセスブロッケン 牡5 57.0 内田 博
4 7 トーセンブライト 牡9 57.0 北村 宏        
4 8 レッドスパーダ 牡4 57.0 横山 典   ×    
5 9 ザレマ 牝6 55.0 デムーロ        
5 10 オーロマイスター 取消 牡5 57.0 吉田 豊        
6 11 スーニ 牡4 57.0 川田 将      
6 12 グロリアスノア 牡4 57.0 小林 慎
7 13 ローレルゲレイロ 牡6 57.0 藤田 伸        
7 14 リーチザクラウン 牡4 57.0 武 豊    
8 15 ミリオンディスク 牡6 57.0 ルメール ×      
8 16 ワイルドワンダー 牡8 57.0 蛯名 正     × ×
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
なにやら初ダート勢がわらわらと集まってきて場を濁してますが、全て必要なし!!(ま、正直1頭気になるのはいますが。。。)昨年のJRAダートG1を制したどちらかに軍配が上がるものと考えます。
問題はどっちをとるか。

本命は[6]サクセスブロッケン。昨年勝ちはやや重となった馬場の恩恵も少なからずあると思われ、つまりは締まったペースで時計が速くなれば持ち味が活きるタイプ。逆に時計がかかるとだらしないこともあるわけで。
今回はハナをとりたい面子から見て緩くなるとは考えにくく持ち味が出るとふみました。何より状態面が最高。強いのが1頭いますが、連覇を期待します。
対抗は[12]グロリアスノア。まだまだこれからの馬、どこまで通用するか。
[4]エスポワールシチーはハナ争いの面子を考えて印を落としました。控えても問題なしですが、JCD時ほど楽な競馬はできないだろうということで。あとは[3]テスタマッタ[15]ミリオンディスクまで。
【買い目】は[6]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はリーチザクラウン
初ダートでこの距離短縮、そしてこの人気。。。どれをとってもあり得ない

◆おがQ◆
G1なのに、ダート初挑戦が四頭もいるなんて。鞍上と、なんとなくダートがこなせそうなタイキシャトル産駒を押さえますか。願わくば、まる松さんがリーチをキルトクールに指名しませんように
◆テキサス◆
本命はエスポワールシチー。前走のジャパンカップダートでの圧勝に脱帽です。ここも人気に答えるでしょう。対抗はサクセスブロッケンで。ただし、今回は鞍上が骨折明けなのであまり馬券はあまり厚くは買わず、手広く狙いたいです。リーチザクラウンは切ろうかと考えましたが、調教での動きがいいので、押さえておきます。
◆たかQ◆
本命は根岸Sを勝ったグロリアスノア。有利な外枠で近走ダート実績のある馬という単純な理由で。相手は内に入った有力馬から外枠の穴っぽいところを。



2010年02月14日

第60回ダイヤモンドステークス(G3)予想

【出馬表】
第60回 ダイヤモンドステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ベルウッドローツェ 牡4 52.0 松岡 正      
1 2 ドリームフライト 牡6 50.0 酒井 学 ×      
2 3 ヒカルカザブエ 牡5 56.0 横山 典 ×  
2 4 ジャガーメイル 取消 牡6 57.0 ルメール        
3 5 ドットコム 牡5 53.0 吉田 隼        
3 6 コパノジングー 牡5 52.0 勝浦 正      
4 7 モンテクリスエス 牡5 56.0 北村 宏  
4 8 メインストリーム 牡5 54.0 幸 英      
5 9 メイショウドンタク 牡4 54.0 吉田 豊   ×  
5 10 トウカイトリック 牡8 57.5 大庭 和        
6 11 ダイワワイルドボア 牡5 54.0 後藤 浩        
6 12 ポップロック 牡9 57.0 田中 勝        
7 13 フォゲッタブル 牡4 57.0 武 豊  
7 14 ビエンナーレ 牝7 51.0 伊藤 工        
8 15 ハーマジェスティ 牝5 48.0 小林 慎        
8 16 エーシンダードマン 牡6 53.0 浜中 俊      
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
一本かぶっていますが極めて難解。どうしましょ?
ひとまず本命は[3]ヒカルカザブエ。鞍上は今年猛烈なスタートダッシュを決めているノリにノッている方。それは置いといて、前走中距離で大きく人気を裏切りましたが距離が大きく伸びるここは期待値が高い。
対抗は[8]メインストリーム。本命馬と似たようなタイプ。セットがお得。
あとは[13][6][2]まで。【買い目】は上位2頭から馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はモンテクリスエス。昨年勝ち馬ですが今年はやや分が悪そうで。

◆おがQ◆
横典の五週連続重賞勝ちはやり過ぎのような気がしますが、無印にする度胸はありません
◆テキサス◆
本命はモンテクリスエス。昨年の勝ち馬ですので、ここも連覇を期待。対抗はフォゲッタブル。天皇賞に向けて好発進を期待。天皇賞につながるレースを期待したいです。
◆たかQ◆
(お休み)

2010年02月07日

第15回シルクロードステークス(G3)予想

疲労困憊につき本日は出馬表なしで。すみませんm(__)m

【まる松】
本命は[16]エイシンタイガー
前走淀短距離Sを好時計勝ち。前走並みの走りが出来れば連軸は堅いところ。但し、本競争は例年時計も速くなく差し馬決着が多いレースだけに、単純な比較が成り立たないのが競馬の深さ。ともかくも淀短距離S組を重視する方向で。
相手は[11]ドラゴンウェルズ。淀短距離S組の中で時計がかかれば面白そうなのがこっち。
あとは[13][5][6][14]まで。【買い目】は上位2頭から馬連流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はアルティマトゥーレ。前走凡走一息いれたが出来はどうかな?ただこの血統は嫌ったら手痛いしっぺ返しが待っているわけで(^^;

【おがQ】
安定感を信じて本命を13にします。人気サイドからなので、四頭に絞りました。
◎13ルージュ○16タイガー▲3カザン×12アルティマ

【テキサス】
◎プレミアムボックス
○アルティマトゥーレ
▲グランプリエンゼル
△キルシュブリーテ
×シンボリグラン
ハンデ戦で休養明けの馬も多いレース。今週も難解だ〜。少し穴っぽい所も入れて見ます。

【たかQ】
◎16○5▲3△13×10です。
本命はエイシンタイガー。成績にムラがありますが、ここは前走を信用して。相手はプレミアムボックスから人気になりそうなところから。


2010年01月31日

第24回根岸ステークス(G3)予想

【出馬表】
第24回 根岸ステークス(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 ショウワモダン 牡6 56.0 江田 照        
1 2 ワンダーポデリオ 牡6 56.0 柴山 雄      
2 3 ダイワディライト 牡6 56.0 後藤 浩 ×  
2 4 セレスハント 牡5 56.0 吉田 隼        
3 5 セイクリムズン 牡4 55.0 幸 英 ×      
3 6 ゼンノグッドウッド 牡7 56.0 三浦 皇        
4 7 ワイルドワンダー 牡8 56.0 蛯名 正     ×
4 8 グロリアスノア 牡4 55.0 小林 慎      
5 9 サマーウインド 牡5 56.0 武 豊
5 10 ヒシカツリーダー 牡6 56.0 北村 宏        
6 11 ケイアイテンジン 牡4 55.0 藤田 伸  
6 12 グリフィンゲート 牡4 55.0 田中 勝      
7 13 オーロマイスター 牡5 56.0 吉田 豊       ×
7 14 ビクトリーテツニー 牡6 56.0 横山 典        
8 15 ミリオンディスク 牡6 57.0 村田 一      
8 16 スーニ 牡4 58.0 川田 将
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[9]サマーウインド。とにかくスピードが違う。あとは東京の1400がどうか。
対抗は[2]ワンダーポデリオ。逆にこちらは東京1400がベストの条件。狙え!重賞制覇。
あとは[11][3][8][5]まで。【買い目】は上位2頭からの馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はスーニ。JRAでの最高実績はOP2着、それはおろか実質500万勝ちなのだが。。。

◆おがQ◆
連勝中の勢いにあやかってみます。
◆テキサス◆
JRAへ転入後3連勝中で、前走5馬身差圧勝のサマーウインドが人気ですが、1400mではまだ未知数のため対抗まで、本命はその1400mでの強さが光るケイアイテンジンでいきます。しかし、人気馬中心になったが難解だなぁ〜。
◆たかQ◆
本命はダイワディライト。前走は57.5の斤量、今回は軽くなるので、ここは改めて。人気も手頃なので。相手はスーニから人気サイドを。

2010年01月24日

第51回アメリカジョッキークラブカップ(G2)予想

【出馬表】
第51回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 デルフォイ 牡4 56.0 藤岡 佑  
2 2 トウショウシロッコ 牡7 57.0 吉田 豊
3 3 ビエンナーレ 牝7 55.0 勝浦 正        
4 4 キャプテントゥーレ 牡5 58.0 ルメール
4 5 ドットコム 牡5 57.0 吉田 隼        
5 6 ベルモントルパン 牡6 57.0 木幡 初 × × × ×
5 7 マイネルキッツ 牡7 59.0 松岡 正    
6 8 ゴールデンダリア 牡6 57.0 柴田 善      
6 9 ネヴァブション 牡7 58.0 横山 典      
7 10 ダイワワイルドボア 牡5 57.0 北村 宏        
7 11 アルコセニョーラ 牝6 55.0 武士沢 友        
8 12 アドマイヤコマンド 牡5 57.0 後藤 浩    
8 13 シャドウゲイト 牡8 58.0 田中 勝        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
[4]キャプテントゥーレから。距離が?みたいに言われていますが、メンバー薄いここは勝たなきゃダメ。
相手は[1]デルフォイ。久々の前走がタイム差なしの4着。1F伸びる今回は終いまでしっかりいけそう。あとは[2][8][6]。
【買い目】は3連複BOX。
キルトクール株式会社
キルトクール】はネヴァブション
昨年勝ち馬で中山巧者。でもゴッホの後釜には物足りない。

◆おがQ◆
昇級馬を除けば、前走連対したのは一頭だけ。その昇級馬も、連勝ではないしなー。
◆テキサス◆
命はアドマイヤコマンド。長期休養明けでどこまで能力を発揮できるか未知数ですが、この馬の能力はかなりのものと見ています。GT馬2頭にも匹敵するかと思います。対抗にマイネルキッツで、単穴にはキャプテントゥーレとしました。GT馬の格でここは好走を期待したいです。
◆たかQ◆
また寒くなって来ましたね早く初的中して馬券的正月を迎えたいものです。本命はトウショウシロッコ。中山金杯ではタイム差無しの2着。近走も堅実な走りでコースとの相性も良し。今ひとつ勝ちきれない印象ですが、ここでも馬券に絡んでくるでしょう。相手はキャプテントゥーレから人気サイドを中心に。

2010年01月17日

第57回日経新春杯(G2)予想

【出馬表】
第57回 日経新春杯(G2)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 インティライミ 牡8 57.5 佐藤 哲        
2 2 マンハッタンスカイ 牡6 56.0 岩田 康      
3 3 テイエムプリキュア 牝7 54.0 熊沢 重   ×    
4 4 サンライズマックス 牡6 57.5 武 豊  
5 5 ドリームフライト 牡6 50.0 酒井 学        
5 6 キングトップガン 牡7 53.0 川田 将      
6 7 ベストメンバー 牡4 56.0 四位 洋      
6 8 トップカミング 牡4 55.0 蛯名 正
7 9 レッドアゲート 牝5 52.0 浜中 俊        
7 10 ゴールデンメイン せ10 56.0 小牧 太  
8 11 セラフィックロンプ 牝6 52.0 宮崎 北 ×   × ×
8 12 メイショウベルーガ 牝5 54.0 池添 謙
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[4]サンライズマックス。トップハンデですが前走の凡走を逆手にとって。
相手は[2]マンハッタンスカイ。追っかけ馬。好走する材料は見当たらないですがそんな時こそ敢えて買って旨味があるタイプ。 あとは[7][12][11]まで。
【買い目】は[4]から3連複流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はトップカミング。6枠4歳馬は択一ということでwww

◆おがQ◆
ハンデ戦なのに、人気サイドを中心に。もう少し軽ハンデなら、プリキュアを本命にしたかったけどなー
◆テキサス◆
本命はメイショウベルーガ。芝の中距離で安定した成績を残しているこの馬。メンバー構成からここがチャンスと見ます。対抗はトップカミングで、こちらが本命でもいいんですが、鞍上には個人的に大分痛い目に遭いましたので、本命にはできません(T_T)以下はハンデ戦らしく穴っぽいところ狙ってみます。早く今年の初的中が欲しい!
◆たかQ◆
本命はゴールデンメイン。近走の実績からすると斤量54キロはお手頃。ここは狙い目かと。あとは人気サイドから。

2010年01月10日

第44回シンザン記念(G3)予想

【出馬表】
第44回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)
馬名 性齢 斤量 騎手
Uma☆Blog
1 1 セレスロンディー 牡3 56.0 浜中 俊      
1 2 ピサノユリシーズ 牡3 56.0 四位 洋  
2 3 クレバーサンデー 牡3 56.0 国分 恭        
2 4 ガルボ 牡3 56.0 池添 謙    
3 5 ブイコナン 牡3 56.0 小牧 太      
3 6 メイショウカンパク 牡3 56.0 武 豊        
4 7 シャイン 牡3 56.0 和田 竜        
4 8 レト 牡3 56.0 木幡 初     ×
5 9 キョウエイアシュラ 牡3 56.0 三浦 皇  
5 10 エスカーダ 牡3 56.0 秋山 真   ×    
6 11 シゲルモトナリ 牡3 56.0 北村 友        
6 12 マイネアロマ 牝3 54.0 岩田 康 ×      
7 13 カネトシディオス 牡3 56.0 藤田 伸    
7 14 タガノパルムドール 牝3 54.0 藤岡 康        
8 15 エーシンホワイティ 牡3 56.0 安藤 勝      
8 16 ケイエスケイト 牡3 56.0 佐藤 哲        
※出走馬情報などは必ず主催者発表のものをご確認下さい。

◆まる松◆
本命は[2]ピサノユリシーズ。終いのキレはピカイチだがスタートの悪さもピカイチ。ただ京都外廻りで終い勝負をするには最高の枠に入ったね。
対抗は[5]ブイコナン。未勝利クラス時に京都1600を2戦して、いずれも敗退したものの1:34秒台で走破。スムーズに先手を取って流れに乗ればあわやもあり。あとは[13][4][12]まで。
【買い目】は上位2頭からそれぞれ馬単流し。
キルトクール株式会社
キルトクール】はキョウエイアシュラ。この鞍上は買いませんって!

◆おがQ◆
千二しか経験ない馬を敢えて本命にしてみます。しかし、俺の距離適性判断は、裏目に出る事が多いからなー
◆テキサス◆
(お休み)
◆たかQ◆
本命はエーシンホワイティ。前走朝日杯は9着ながらも、上がりはメンバー最速。サクラバクシンオー産駒でも1600は対応可能かと。相手は人気どころからちょこちょこと。